オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:ST赤と白の捜査ファイル

5
「映画 ST赤と白の捜査ファイル」は2014年7月に放送されたST赤と白の捜査ファイルの最終回以降に起きた事件の続編でSTのキャップ百合根友久がSTを離れるまでの3日間に起きた事件を追ったストーリーである。STとして最後の事件を追う事になった百合根は果たしてSTたちとどんな事件解決へと導くのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ST 赤と白の捜査ファイル」最終話は赤城が三枝に呼び出され桃太郎の鬼退治と称した事件に三枝が関わっている事を知らされる。この事件は警察が裁けなかった事件を代わりに裁く歪んだ正義がもたらしたものだった。その中で次に狙われるのは赤城か百合根と言われ、赤城は苦悩する。一方赤城は青山にプロファイリングしてほしいと依頼し犯人のプロファイルを続けされる。そんな中百合根が三枝に呼び出され、この事件について話をするが百合根はピンと来ない。そんな中百合根は犯人グループに誘拐され、赤城は百合根を追うが、三枝に百合根を助けたければ赤城1人で来いと告げられ、赤城は1人犯人グループの前に現れる。そして赤城はこの事件は自殺願望を持つ1人に犯人が歪んだ正義の下で他の誘ったメンバーに殺しの経験をさせる事で状況を共有し、次々と犯行に及んだ事件だと謎が解け、そこで駆けつけた青山、黒崎らが犯人らを確保し、百合根は再び撃たれたものの命に別状なく事件は解決したが翌日赤城は警察に逮捕されるショッキングな事態に陥ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ST 赤と白の捜査ファイル」第9話は百合根がいきなり警察庁刑事局特殊犯罪対策室の室長に抜擢され異動となる。一週間後に異動となるがSTたちは厄介払いという感じでいる。そんな中事件が発生し、背中にあるメッセージが刻まれていた。どこかで見た被害者だが、誰も思い出せない。そんな中で今度は乱射立て籠もり事件が発生し、そこで赤城が指名されるも、赤城は連続殺人事件を追っており、代わりに青山を中心にした4人が向かった。そこで赤城の代わりに人質となったのが池田だった。池田は青山の指示の下で巧みな交渉術で乱射犯を説得して行くが、人質を狙撃して事態は急変し、さらに池田が赤城でない事がわかると犯人はさらに混乱し、SATが突入したが犯人は池田が身を持って守った。そして犯人は行方不明になった息子を赤城に探してほしいという事で事件を起こしたのだった。そして連続殺人事件は意外な形で急展開を見せて三枝が絡んでいる事が判明したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ST 赤と白の捜査ファイル」第7話はバイオリニストの演奏会場で殺人事件が発生し、その殺人事件は密室殺人であり、何者かに殺された形跡が残されていた。閉所恐怖症の結城は密室というだけで敬遠する始末で捜査は重要参考人の4人のアリバイから調べ始めた。そうすると4人とも犯行の動機があり、その動機が焦点になる。そして更に捜査を進めるとこの事件にはストラディバリウスのヴァイオリンを巡る事件だと結城が気づき、ストラディバリウスのヴァイオリンの音が本物ではない事に気付いた。それによりこの事件の犯人を赤城がわかってしまい、赤城はこの事件はストラディバリウスのヴァイオリンを盗もうとして見つかった衝動的な犯行であり、密室殺人として作り上げた事件を見事に解明したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ST 赤と白の捜査ファイル」第5話は心霊番組のプロデューサーが首を折って亡くなっていたが、現場には心霊スポットと呼ばれる場所でありこの事件そのものが不可解とSTが出動した。検証した結果そばにあった脚立では仰向けになる事は不可能と検証した赤城らはこの場所で殺された訳じゃないと断定する。そしてプロファイルの青山は事情聴取したみんなが何かを嘘ついていると断定し、さらに調査をすると下の住人が事件当日は何も音がしなかったが、事件翌日の検証では音がしたと証言した事により他の場所で殺された事が確実になりさらに捜査を進めると、この心霊番組で数多くの検証をした結果それぞれの音が異なる事がわかり、その音から犯人は番組リポーターとADによる犯行だとわかった。そしてその経緯がプロデューサーのしつこい嫌がらせによる不慮の事故からの事件だったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ST 赤と白の捜査ファイル」第3話は黒崎の親友がインターネットの詐欺に引っ掛かり相談を受ける。その頃に原因不明の火災による死亡事故が多発し、その事件の謎を解明するためにSTが動員された。火の気のない場所で火災が発生した事で当初は放火が疑われたがその証拠がなかなか見つからない。そんな中黒崎の親友が騙されたのは暴力団である事が判明し。黒崎は協力しようとするが、親友は警察を嫌っており悩む。そんな中放火事件がその詐欺を働いた暴力団である事を突き止めた黒崎は親友を助けようと赤城、百合根に助けを求める。そして赤城と百合根は放火殺人事件解決へ向けて動き出し、放火の手段が違法な電磁波による発火である事を突き止めた赤城と百合根は黒崎が向かった暴力団を一斉逮捕し、そこでこの事件の犯行を立証して見せたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ST 赤と白の捜査ファイル」第2話はスデナグリという犯行が多発し、動画でアップされる事件が起きた。その中でついに殺人事件も起きてしまい、赤城と百合根はその事件を追う。そこにプロファイルの青山のファイリングの結果犯人は単独犯と判断したが、実際は複数犯とわかり刑事が負傷する事態になった。この失態を取り戻すべく赤城と百合根は再び事件を検証し直すと、殺された被害者はもう一人のゴーストライターとして小説を書いていたのだった。最初はその作家を怪しんだが、スデナグリ事件と共にこの殺害事件も赤城が謎を解き、殺害事件の犯人は作家の父親だったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ST 赤と白の捜査ファイル」は2013年にスペシャルドラマで放送されたSTの続編で、特殊能力を持つ特殊捜査班が赤城を中心に難事件を解決して行くストーリーである。人が持てない特殊能力を持つ反面、それ以外に大きな弱点を抱えるST捜査員たちをどう活用して行くのかが最大の課題になっていくだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ