オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:PRICELESS〜あるわけねぇだろんなもん〜

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」最終話はミラクルが全員辞めて金田一の元に集まった。それを見た金田一はさすがに動揺し、これからどうすべきか考える。そんな中統一郎は自らの行動を悔いていた。そして統一郎は金田一の元へ向かい、これまでの真実を明かして金田一が自分の腹違いの弟だという事を告げると、金田一はそれを知ったらとても耐えられなかったと告げる。そして行方を暗ました統一郎に代わり、ミラクルの再建に全力を尽くす金田一だったが社員は集まらない。そんな金田一は会社名じゃなく、人とやる事の大切さをそれぞれの社員に説き始めたら社員が集まり出して次第にミラクルは危機的状況から立て直し、金田一は統一郎に社員名簿を渡して、会社総会で金田一は自ら社長には統一郎にし、統一郎は貧乏を経験して初めて人の大切さを知り、統一郎は金田一が自分の弟と話すと周りは次第に納得し始めて纏まり、金田一らはミラクルの再建に目途が立つとミラクルを去り次の仕事を探しに旅立ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第9話はハピネス魔法瓶は順調に業績を伸ばして新オフィスへ移ったものの、そこでミラクルが特許権侵害を盾にして訴えてきた。当然販売差し止めを受けてハピネスは窮地に追い込まれる。打開策を探すも広瀬の和解案すら統一郎は飲もうとせずもはや勝ち目がない状態だった。このまま関連会社全員を路頭に迷わす訳に行かないと感じた金田一は自ら統一郎の元へ出向き関連会社全員を救済する代わりにハピネス魔法瓶を解散する苦渋の決断を伝えたのだった。一度はそれに了承した統一郎だったが、統一郎は取り込んだハピネス魔法瓶の関連会社の人たちを左遷しリストラを進める約束破りを断行した。これにミラクルの社員全員の不満が大爆発し全員辞表を出して金田一の元へ向かったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第8話はハピネス魔法瓶を立ち上げオフィスも準備した金田一だったが、そこに彩矢がいなかった。彩矢は自らの失敗を責めて金田一の元を去り、再びミラクルで働く事にした。そんな中で金田一は魔法瓶の生産が古い機械のために生産がストップしてしまい困った。そこで金田一は広瀬に頼んでハピネス魔法瓶を売り込もうとレセプションパーティーへの参加を提案され、参加するが最初から金田一のレセプションは周りから見ると失敗続きに見えたが、金田一は次第にレセプションの相手の心を掴み、金田一はレセプションを勝ち抜いたものの、統一郎に阻止され契約できなかったがレセプション相手は良い2日間だったと絶賛した。そしてそれを知った彩矢は今度は自ら辞めて再び金田一の元で働く決意を固めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第7話はハピネス魔法瓶を立ち上げて作った究極の魔法瓶は返品の山で途方に暮れていた。一度はリサイクルショップへ売り払う事を決めた金田一たちだったがその日に注文が殺到し究極の魔法瓶は次々と注文が殺到したのだった。その要因が経済誌に掲載された事だった。それから金田一の元には注文が殺到し裁ききれないほどになった。そこで金田一は模合らとこれまで付き合いのあった町工場の会社に協力を要請し増産を始める事にした。それを知った統一郎は全く動じない。そんな中究極の魔法瓶は次々と売れていく。そんな中工程を組んだ彩矢は無理な工程で町工場の社長たちから不満が出始めた。それを模合が調整するも町工場の社長たちの仲を取り持っていた。そんな中納品遅れが生じて金田一は謝罪に向かう。その責任を彩矢は重く抱え込んでしまった。それを金田一は工程が無理だった事を修正しようと提案し、再び生産は動き出して納期の遅れを取り戻した。しかしそんな中彩矢はこの状況に責任を感じ自ら去る決意を固めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第5話は金田一はラーメン屋の屋台でホットドック屋を始めようと提案する。ホットドック屋を始めるに当たり以前からお世話になっていたキングスコートの藤沢にホットドックの作り方を教えてもらった。そして早速ホットドック屋を開店するとその場所はミラクル魔法瓶の前だった。最初は社員は抵抗があったものの1人が名乗り出るとみんなが行列を作り好評の内の終わる。しかしその頃ミラクル魔法瓶は主力商品だったミラクル魔法瓶の撤退を決めていた。それを知った金田一はそのミラクル魔法瓶で何かをやろうと考えていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第4話は金田一は公園で前会社の同僚だった榎本やってきて以前やっていた企画が実現しそうだという報告を受けた。そんなところに何時もいるはずの命の恩人ゲンさんが見当たらず探すと体調を崩していた。そこで金田一は榎本に薬を買わせて水と食料を差し入れた。 そんな中榎本の紹介で金田一は下請けの仕事を短期で受けてみる事にした。しかしそんな中大屋敷社長がコストカットで下請けを切るように模合に通告するが、模合は何とかしようと無茶な注文を発注した。それを知った金田一は無茶なノルマを達成するために各地から人手を集める。材料費も工面して発注分を見事に達成した。それを達成した会社は見逃してほしいと模合は出たが大屋敷社長は金田一が絡んでいる事を理由に却下し、これに激怒した模合は社長を辞めるべきはあなただと会社を辞めた。そして模合は金田一のいる幸福荘へ転がり込んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第3話は金田一と彩矢は同じ部屋で暮らす事となりこれから何で稼ぐか思案していた。そんな中たまたま寄ったラーメン屋でフィギュアを見せた事でラーメン屋で働けることになった金田一はその店でバイトをするが、閑古鳥の鳴くお店に愕然とする。その店主は昔は味の上手いお店だったらしいが体を壊してから味もサッパリらしい。そんな中金田一はこの店の最後の日にお客を呼ぼうと彩矢と貫太、両太で奮闘するもお客が全く来ない中、最後の客は自分たちにする事を決めてラーメンなどを食べて店主のお店の話を聞いたが、そこに模合が現れ昇進祝いの一杯を飲むもビール一杯で帰ってしまった。そして金田一は店主から屋台のラーメン屋を受継ぐシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第2話はクビにされた金田一は寛太、両太兄弟と幸福荘で暮らし始めた。しかし毎日500円を稼ぐ事の難しさを知るが、その中でも寛太、両太兄弟からお金の稼ぎ方をいろいろと教えてもらう。そんな中彩矢は金田一がカラ出張をしたのではないだろうか?と疑っていたが、領収書を調べたらそれが嘘でない事を確認し模合に証明してもらうように説得するが、模合が見つからず社長に見つかり、社長が再調査すると話したが、逆にこれに嗅ぎまわった彩矢が左遷される。そんな中寛太がコンビニに捕まり金は払ったというが、それを彩矢が証明しようと経理の実力を発揮して会計での金額を証明してみせたが、左遷に納得がいかない彩矢はさらに金田一の事を調べるが模合に接触する事ができず、情報漏えいを理由に彩矢も解雇された。そして行き場を失った彩矢は金田一のいる幸福荘へ転がり込んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」はある企業の企画開発営業部の課長が突然身に覚えのない情報漏えいで懲戒解雇となり、さらに家まで何ものかに爆破された事で一文無しとなるが、一文無しになった事でお金を稼ぐ苦労を知り、お金のありがたみ、さらに人との繋がりの大切さを知っていくストーリーである。初回からいきなり解雇から始まり、さらに初回から衝撃的な事実を知る回となったがここからどうやって主人公が這い上がっていくのか注目したいところだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ