7日東京ドームで巨人対阪神戦が行われ、4対5で阪神が金本選手の危険球への不安を一掃するホームランと阪神ファンの守備で勝利した。試合を巨人先発木佐貫投手、阪神先発下柳投手の投げあいで始まり、初回に巨人が4番ラミレスの2ランで2点を先制する。しかし阪神は2回に6番鳥谷選手の2ラン、7番矢野捕手のホームランで逆転に成功する。3回に阪神は4番金本選手が木佐貫投手の投球を頭部に受けて木佐貫投手は危険球退場となるが、金本選手は見事に1塁ベースへ向かった。そして6回に阪神は4番金本選手の頭部死球の後遺症を一掃するホームランで2点差とするが、7回に巨人は1アウト1,2塁で4番ラミレスの打球がレストスタンドの阪神ファンにホームランボールを妨害され、これが野球規則により2塁打となり逆転のチャンスを潰してしまう。その後1死満塁から6番ゴンザレスのライトゴロの間に同点に追いつくが、8回に阪神が5番葛城選手のタイムリーで勝ち越し最後は抑えの藤川投手が抑え逃げ切った。巨人は木佐貫投手の退場、ラミレスの打球が10人目の野手に阻まれる踏んだり蹴ったりの敗戦となった。 ... もっと読む