オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:高良健吾

3
28日大河ドラマ「青天を衝け」第3話を視聴した。 今回は栄一は父市郎右衛門と共に江戸に行く事になった。そこで見たのは江戸は商いで成り立っているという現実だった。そんな江戸に魅せられた栄一は江戸で色々な物を見てきた。 そんな中で幕府では12代将軍徳川家慶が死去し ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
21日大河ドラマ「青天を衝け」第2話を視聴した。 今回は栄一は順調に成長しており、父・市郎右衛門から色々な事を学んでいた。そんな中で村の人手が足りない中でも祭りを行うと聞かずに自ら獅子舞を披露して村の者たちに元気を与えた。 一方幕府では12代将軍家慶の跡継ぎが ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
2月14日スタートの大河ドラマ「青天を衝け」を視聴した。 この大河ドラマは2024年に1万円札の顔となる日本資本主義の父と称された渋沢栄一の生涯を描いた作品である。 日本資本主義の父と言われた渋沢栄一の功績を追っていく事で今の日本社会の仕組みを知る事になるだろう ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
10月9日公開の映画「星の子」を観賞した。 この作品は病弱だった少女がある宗教を信じた事で回復した事により両親が宗教を信じ続ける事に疑問を持ちながらも周りの目を知りながらも両親を信じ続けていくストーリーである。 人は自分と違うものを見てしまうと全く色眼鏡で見 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
9月13日公開の映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」(R15+指定)を観賞した。 この映画は天才ベストセラー作家である太宰治と女性の関係を描いた作品である。傑作を生み出すには様々な経験をしないと書けないものではあるがこれも戦前戦後の時代だからこそできた事だとも感 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
6月8日公開の映画「万引き家族」を観賞した。 この映画は第71回カンヌ国際映画祭において、最高賞であるパルム・ドールを獲得した話題作で、都会に住む万引きを生計にした家族の姿が描かれていく作品である。 万引きするしか生きられないという事をどう考えていくかでこの ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
11月12日公開の映画「月と雷」を観賞した。この映画は幼い頃に両親を亡くした女性がある日小さい時に一時を暮らした男と再会してあの時の歯車が再び動き出していくストーリーである。同じような境遇を経験して再会した2人の行く末とは? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
7月15日公開の映画「彼女の人生は間違いじゃない」を観賞した。 この映画は東日本大震災による福島第一原発事故で住む場所を失った家族の5年を経過した中で戻る場所のない人たちがこれからどう歩んでいくべきなのかを苦悩する姿が描かれたストーリーである。 東日本大 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第36話は美和が養育係となり世継ぎの興丸に野菜を食べてもらおうと自ら畑を耕す事で食べてもらおうとする。一方その頃晋作は病の淵にあった。もう長くないと悟った晋作は美和に玄瑞の子供が京にいる事を告げて、その子を引き取るように助言するが美和は困惑する。しかし晋作が亡くなるとその意味を理解し美和は単身戦場の京へ向かったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第35話は薩長同盟が成立した直後に幕府が長州討伐の為に大軍を送り込んできた。幕府軍が10万と言われる中で長州軍はわずか6千と数の上でか圧倒的不利な状況だった。しかしここで長州は戦う事を選んだ。この戦いには幕府軍には大義が無いからだ。士気の上でも長州軍の方が圧倒的に高かった事もあり、戦いが始まると幕府軍が当初の予想に反して敗退を繰り返し、晋作の思い切った読みも冴えて長州軍が幕府軍を破る歴史的勝利で終わった。しかしこの戦いで晋作の体を蝕み、美和もまた新たな時代に向けて奥の役割を担っていく事になるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第34話は政権交代により再び幕府と戦う事になった長州藩はまず下関開港に向けて奔走していた。しかしそこで坂本龍馬が現れて薩摩と同盟を組んで幕府討伐を提示してそれを知った美和は困惑する。しかしその直後椋梨が処刑直前に伊之助に全て自らの責任として他の者たちを許して椋梨だけ処刑した。それを知った美和は晋作らが目指す薩長同盟に理解を示し始めた。そして奥の小姓選びも身分関係なく選んだ。そして薩摩と長州は龍馬の仲介で同盟が成立したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第33話は美和の兄梅太郎の直訴で敬親は椋梨の役職の解任を決める。これにより再び晋作ら攘夷派が実権を握る事になった。椋梨は敬親に直轄しようとしたが既に体制は決していた。一方美和は銀姫の嫡男誕生により銀姫の子の守役を仰せつかる。しかしその直後美和の父百合之助の体調がすぐれないという連絡が入る。銀姫の計らいで最後の対面を果たした美和は銀姫の守役として生きて行く事を誓うシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第32話は晋作が反乱軍を結成し下関から萩を目指した。これに焦った椋梨は3000の兵を差し向けるが、民衆が味方したのはこれまで散々苦しい思いをしてきた事による不満から反乱軍の晋作の方だった。そんな中で晋作の妻雅を奥に入れた美和だったが、これに都美姫が激怒するも銀姫が身を守るのには雅がいた方が守れるという事になり雅は銀姫に守られた。美和も銀姫を守るべく奔走するが、晋作の軍は萩に空砲を打ち込むシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第29話は奥勤めを始めた美和はそこで激しい藩主の妻・都美姫、次期藩主の妻・銀姫の抗争に巻き込まれていく。そんな中椋梨が都美姫と接触して藩の拠点を萩に移す事となり現状の女中の人数では足りないという事で美和にリストラの役割を課したのだった。しかし新参者の美和の言葉を聞くものは殆ど無く、美和は国島に協力を求めて、その結果国島から奥の品々を売り払う事で住まいを確保するという事で話をつけて銀姫の女中を減らす事となった。そんな中椋梨の策略により桂、晋作、伊之助らが粛清される事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第28話は文は長州藩の奥御殿に女中見習いとして入った。最初こそ久坂の元妻という身分を隠していたが、それは知られるところとなった。一方長州藩は4か国の連合艦隊に攻撃され絶体絶命のピンチに陥っていた。そんな中で晋作が交渉人となり停戦講和に向けて動き出しているところに文は晋作の父小忠太から正式な装束を届けてほしいと頼まれ決死の覚悟で下関に向かいそこで晋作と対面して晋作からしきたりに拘るなという言葉を貰い文は美和と改めていじめが待つ奥御殿で1人で戦う覚悟を決めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第27話は玄瑞らは朝廷に嘆願書を届ける為に御所へ攻め入った。しかし御所を固める会津、薩摩の大軍の前に尽く討ち取られる。玄瑞らは何とか鷹司邸に辿り着くも嘆願書は突き返され玄瑞の行動は全て意味を成さなくなった。そしてその責任を取り玄瑞は自害してこの戦いは長州の大敗に終わり長州は朝敵として追討令が発せられたのだった。文は玄瑞の死によりお家は断絶となり行き場を失ったが、文は毛利家の奥へ入る事を決意するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第26話は長州藩の復権を掛けて京へ向かった玄瑞たちだったが、情勢はさらに悪化していた。その頃文は新居を探していたが玄瑞の行動で長州藩がピンチである事を理由に貸してくれない。しかし文は反論して対抗する。一方長州藩は伊之助が長崎で外国艦隊が下関に向かっている事を知り、長州藩の存亡が掛かった状況だった。そんな状況の中玄瑞は決断を迫られたが既に進撃する意見を止める事ができず玄瑞は死を覚悟して出陣したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第25話は晋作が脱藩の罪で投獄された。その責任として伊之助が長崎に左遷されたが、そこで伊之助はグラバーと武器の交渉をしていた。そんな中京では薩摩藩が会津藩と仲違いした事を知った長州藩はこの機会はチャンスと名誉挽回に動こうとするがそんな動きを察知した新撰組が池田屋を襲撃して多くの藩士を失う結果となった。事件を知った玄瑞は同志の暴走を抑えながらも仇を討たんと京へ出陣したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第24話は京を追われた長州藩ここから進発派と割拠派に割れた。ここで京で戦すれば長州藩は朝敵となるだけに身長になるのも無理はなかった。そんな中で玄瑞から伊之助の次男久米次郎を養子に迎えたいと申し出る。これに文も当初は困惑したが、玄瑞の強い決意に次第に不退転の気持ちの表れだという事を知る。そんな中玄瑞は再び京へ向かう事を決めるが、今京に行けば討たれる事を意味していた。そして玄瑞は文に何も言わず京へ旅立ったが、その直後晋作も旅立った事で晋作は脱藩扱いになりその責任を伊之助が取る事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第23話は玄瑞が京で攘夷実行を行おうと京に潜伏していたが会津、薩摩の策略により長州は三条実美と共に京を追われてしまった。一方長州では奇兵隊の強化と防御を整えるための準備に追われていた。そんな中文は玄瑞から京の芸子辰路と関係を持った事を告げられ動揺したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第22話は玄瑞が攘夷を決行するも翌月にはアメリカ・フランス艦隊の報復攻撃になす術なく敗れた。その結果を顧みて晋作が奇兵隊の結成を申し出てそれが許可され、ここに奇兵隊が結成される。身分関係なく志ある者は集まるようにという通達に志ある者たちが集まり出した。しかし玄瑞は晋作のやり方と合わず対立する。一方萩では文たちが人手不足から女たちも作業しようと申し出て前代未聞の女たちによる作業が行われた。それを知り武家の奥方たちも賛同しここに一致団結して長州藩は1つに成ろうとしていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第21話は寅次郎の名誉は回復され吉田家は再興された。その頃京では攘夷へ向けて動く久坂玄瑞らの行動について行けなくなった晋作が突然出家してしまう。それでも玄瑞は攘夷運動へ突き進む。一方芸者に熱を上げている事を聞かされた文は真意を玄瑞に確かめる為に異国船を撃ち払う準備をしていた玄瑞に会いに行くシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第20話は久坂の直談判で長州藩は攘夷へと舵を切る事にした。藩を纏める為に伊之助が奔走し、藩士らを説得して藩を1つに纏めた。一方久坂は京で芸子の辰路と出会い京での情報収集の協力を得る事に成功する。一方文は萩で松陰の除名解除を伊之助を通じて訴え、除名が解除され、名誉回復に成功し、松陰の教えを広め始めた。そして久坂らは江戸で攘夷への狼煙を上げるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第19話は外国との交易が始まった事で物価が高騰していた。そんな中で松陰の弟子たちは何もできないもどかしさにあった。そんな中で晋作に藩命により上海へ行く事になり上海へ行ける事になった事に対して玄瑞らは面白くない。そんな中で亀太郎が1人で京で幕府の役人を切りかかり命を落とす。それを知った玄瑞は伊之助に頼み込み藩に幕府を獲るのか?これからの時代を見据える者たちを獲るのか?と尋ねたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第18話は松陰が処刑され数か月が過ぎた頃桜田門外で大老井伊直弼が暗殺され幕府の権威は大きく失墜する事になった。そんな中松陰を失いこの先の道しるべが見えなくなっていた久坂らはまず松下村塾を再開するもそれは以前のような塾とは異なっていた。そんな中久坂の書状を受け取りに訪れた坂本龍馬が現れ、松陰が残した教えを読み学んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第17話は松陰が江戸に送られその動向を晋作に探らしていた。松陰は最初の取り調べで老中真部に直訴しようとしていた事を話すと状況が一変し、大老井伊直弼がさらに取調べをするように差し向けると2度目の取り調べで直弼本人が登場しその場で松陰は直弼との方針の違いがぶつかり合う。その結果直弼はこのまま活かす訳にはないと判断し直弼は松陰処刑を決断する。そして松陰は弟子たちに想いを書き残して死罪になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第16は松陰に対して幕府から召喚状が届きついに松陰にとって最期の時を迎えようとしていた。1度送られたら二度と戻る事ができないだけに家族で最後の食卓をできないものかと伊之助に相談するが難色を示す。しかし文らの熱意を理解し1日だけ帰宅が許される事になった。そして松陰は最後の食卓で家族に別れを告げるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第15話は安政の大獄を実行に移した井伊直弼はその刃を松陰へ向けようとしており、その証拠を探し始めた。それを察知した桂小五郎、高杉晋作、久坂玄瑞らはうかつには動けないと今は動かない事を決める。しかし松陰は納得せず動くように手紙で伝えるも、これ以上は藩の存亡にかかわるような事態と判断した伊之助が手紙を一切止めるようにする。しかし塾生だったもの達が松陰の志に動かされようとしていた。しかし文らは松陰の暴走を止めようとするも、松陰は死して志を継ぐ者がいると語り松陰は死を覚悟したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第14話は玄瑞は京で攘夷派急先鋒の梅田雲浜と会談していた最中に幕府の役人が押しかけてきて梅田雲浜らが逮捕されてしまう。ついに井伊直弼の安政の大獄が始まったのだった。それを知った松陰はこのままでは日本は滅びると藩に書状を出すもこれは全て敬親には届いていなかった。もう藩には頼れないと悟った松陰は塾生に今こそ井伊直弼を討つべし!と唱え京にいる老中間部詮勝をまず討つ事を決める。そして塾生たちに血判状を募り数多くの塾生がこれに賛同した。しかしそれを知った伊之助は藩の存続に危機感を募らせ、さらに文も松陰らの事を案じ家族にその事を告げると松陰に家族はそんな馬鹿な事を止めるように説得を受けるも伊之助の判断で松陰を再び野山獄へ入れる事を決めて塾を閉鎖したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第13話は新婚早々江戸へ旅立った玄瑞は江戸で幕府の動向を伺っていた。そんな中萩では異国から入っていたコレラが流行し、当時の医学ではどうする事もできない状況であった。そんな文は母を亡くした少女に読み書きを教えていた。そんな中江戸では幕府の大老井伊直弼がアメリカとの日米通商条約を帝の許し無く締結した事で攘夷運動が激しくなるきっかけとなった。これに松陰も黙っていられず意見書を提示するも、あまりにも過激な内容に伊之助は危機感を覚えるも松陰の考えは理解していた。そんな中松陰たちはこのまま戦うのではなく戦える術を考え始める。そんな中で松陰たちは爆弾の実験を行ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ