オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:高橋英樹

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第20話は久坂の直談判で長州藩は攘夷へと舵を切る事にした。藩を纏める為に伊之助が奔走し、藩士らを説得して藩を1つに纏めた。一方久坂は京で芸子の辰路と出会い京での情報収集の協力を得る事に成功する。一方文は萩で松陰の除名解除を伊之助を通じて訴え、除名が解除され、名誉回復に成功し、松陰の教えを広め始めた。そして久坂らは江戸で攘夷への狼煙を上げるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第19話は外国との交易が始まった事で物価が高騰していた。そんな中で松陰の弟子たちは何もできないもどかしさにあった。そんな中で晋作に藩命により上海へ行く事になり上海へ行ける事になった事に対して玄瑞らは面白くない。そんな中で亀太郎が1人で京で幕府の役人を切りかかり命を落とす。それを知った玄瑞は伊之助に頼み込み藩に幕府を獲るのか?これからの時代を見据える者たちを獲るのか?と尋ねたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第18話は松陰が処刑され数か月が過ぎた頃桜田門外で大老井伊直弼が暗殺され幕府の権威は大きく失墜する事になった。そんな中松陰を失いこの先の道しるべが見えなくなっていた久坂らはまず松下村塾を再開するもそれは以前のような塾とは異なっていた。そんな中久坂の書状を受け取りに訪れた坂本龍馬が現れ、松陰が残した教えを読み学んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第17話は松陰が江戸に送られその動向を晋作に探らしていた。松陰は最初の取り調べで老中真部に直訴しようとしていた事を話すと状況が一変し、大老井伊直弼がさらに取調べをするように差し向けると2度目の取り調べで直弼本人が登場しその場で松陰は直弼との方針の違いがぶつかり合う。その結果直弼はこのまま活かす訳にはないと判断し直弼は松陰処刑を決断する。そして松陰は弟子たちに想いを書き残して死罪になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第16は松陰に対して幕府から召喚状が届きついに松陰にとって最期の時を迎えようとしていた。1度送られたら二度と戻る事ができないだけに家族で最後の食卓をできないものかと伊之助に相談するが難色を示す。しかし文らの熱意を理解し1日だけ帰宅が許される事になった。そして松陰は最後の食卓で家族に別れを告げるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第15話は安政の大獄を実行に移した井伊直弼はその刃を松陰へ向けようとしており、その証拠を探し始めた。それを察知した桂小五郎、高杉晋作、久坂玄瑞らはうかつには動けないと今は動かない事を決める。しかし松陰は納得せず動くように手紙で伝えるも、これ以上は藩の存亡にかかわるような事態と判断した伊之助が手紙を一切止めるようにする。しかし塾生だったもの達が松陰の志に動かされようとしていた。しかし文らは松陰の暴走を止めようとするも、松陰は死して志を継ぐ者がいると語り松陰は死を覚悟したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第14話は玄瑞は京で攘夷派急先鋒の梅田雲浜と会談していた最中に幕府の役人が押しかけてきて梅田雲浜らが逮捕されてしまう。ついに井伊直弼の安政の大獄が始まったのだった。それを知った松陰はこのままでは日本は滅びると藩に書状を出すもこれは全て敬親には届いていなかった。もう藩には頼れないと悟った松陰は塾生に今こそ井伊直弼を討つべし!と唱え京にいる老中間部詮勝をまず討つ事を決める。そして塾生たちに血判状を募り数多くの塾生がこれに賛同した。しかしそれを知った伊之助は藩の存続に危機感を募らせ、さらに文も松陰らの事を案じ家族にその事を告げると松陰に家族はそんな馬鹿な事を止めるように説得を受けるも伊之助の判断で松陰を再び野山獄へ入れる事を決めて塾を閉鎖したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第13話は新婚早々江戸へ旅立った玄瑞は江戸で幕府の動向を伺っていた。そんな中萩では異国から入っていたコレラが流行し、当時の医学ではどうする事もできない状況であった。そんな文は母を亡くした少女に読み書きを教えていた。そんな中江戸では幕府の大老井伊直弼がアメリカとの日米通商条約を帝の許し無く締結した事で攘夷運動が激しくなるきっかけとなった。これに松陰も黙っていられず意見書を提示するも、あまりにも過激な内容に伊之助は危機感を覚えるも松陰の考えは理解していた。そんな中松陰たちはこのまま戦うのではなく戦える術を考え始める。そんな中で松陰たちは爆弾の実験を行ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「坂の上の雲」第3部最終話バルチック艦隊との戦闘が始まった。三笠の東郷は直前でターンを指示し斜め回頭したのち三笠は反撃に転じ旗艦スワロフ目掛けて砲撃し、その多くが命中しスワロフは炎上する。次第に後続艦も被弾し、撃沈する艦も出始める。三笠も被弾するもその多くは致命的な被弾ではなくその後ひたすら打ち続ける。白昼戦でロシア艦隊の半数は戦闘不能となり多くが沈没した。そして翌日ロシア艦隊は降伏して日本は戦艦を1隻も失わず魚雷艇3隻のみの損失という圧勝だった。その後日本は日露講和条約を締結したものの、賠償を得る事はできなかった事で国内の反乱を招く結果となったが、日本はロシアの植民地化を阻止する事に成功した。そして真之はその後も海軍に残るも1918年に死去し、好古も軍を退役したのち故郷の学校の校長を経て1931年に死去したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「坂の上の雲」第3部第3話は旅順を攻略した日本軍は海軍を1度呉と佐世保に退却させ、満州軍はロシア軍と対峙した。数で劣る日本軍は作戦でロシア軍を翻弄し、ロシア軍は日本軍の作戦にハマり撤退した。そして日本軍はバルチック艦隊が対馬を通るのか、津軽を通るのかで意見が割れていたが、最終的に対馬を選びバルチック艦隊が対馬に現れついに日本海海戦が始まったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「坂の上の雲」第3部第2話は日本軍は旅順攻略に2度も失敗し、3度目の攻略を練るもまたも失敗する。3度目の失敗でようやく二〇三高地を目標に変えた日本軍は1度は占領するもわずか40の兵では何にもできず再び奪還されてしまった。それを知った児玉源太郎は自ら旅順へ行き乃木と指揮権を交代し、 二〇三高地を再び攻めて二〇三高地を占領に成功し、そこから旅順を砲撃してロシア軍が立てこもる旅順攻略目前まで迫ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ