オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:高橋由伸

4
17日ナゴヤドームで中日対巨人戦が行われ、0対1で巨人が1番由伸選手のホームランを守り切り、クルーン帰国前直前登板で1回3分の2イニングを抑え連敗を2で止めた。試合は中日先発山井投手、巨人先発グライシンガーの投げあいで始まり、3回まで両チームとも突破口のないまま進むが、4回に1番由伸選手のホームランで巨人が先制するが、その後両チームとも反撃のチャンスがなく8回裏中日が1死2塁のチャンスで巨人は抑えのクルーンを投入し、3番李炳圭、4番ウッズを連続三振に奪い、最後のクルーンが3者凡退に抑え一時帰国前最終登板を締めた。これで巨人は連敗を2で止めたものの、明日から4試合クルーン不在の戦いを強いられる事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
15日ナゴヤドームで中日対巨人戦が行われ、6対3で中日が徹底したレフト打ちで巨人を撃破し上原投手はKOされた。試合は中日先発中田投手、巨人先発上原投手の投げあいで始まり、2回に7番坂本選手のタイムリーで先制すると、3回には1番由伸選手のホームランで追加点を上げる。しかし4回に6番森野選手のホームランで反撃を開始し、徹底的にレフトを狙い一挙4点を奪って逆転された。5回に1番由伸選手の2本目のホームランで1点差とするが、その裏中日はさらに2点を追加して上原投手をKOした。結局このまま中日が逃げ切り、最後は抑えの岩瀬投手で締めた。これで巨人はレフトを徹底的に狙われ、クルーンの登板に持ち込めず苦しい1週間の始まりとなった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
11日東京ドームで巨人対東京ヤクルト戦が行われ、2対1で巨人が初回の由伸、亀井選手の連続ホームランで逃げ切り3連勝とした。試合は巨人先発グライシンガー、東京ヤクルト先発村中投手の投げあいで始まり、初回に巨人が1番由伸選手の先頭打者ホームランで先制すると、2番亀井選手も続きホームランで2点を先制する。東京ヤクルトは3回に4番リグスのタイムリーで1点を返すが、5番ガイエルの併殺打でチャンスを潰すと、それ以降は両チームともチャンスを作れず、グライシンガーは7回1失点でマウンドを譲ると、2番手豊田投手、最後は抑えのクルーンが抑え東京ヤクルトに勝利し開幕戦のお返しの序曲が始まった。これで巨人は貧打に苦しみながらも先発が踏ん張り借金返済へ一歩ずつ歩み始めた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
6日東京ドームで巨人対阪神戦が行われ、9対1で巨人が由伸選手の250号と坂本選手のプロ初ホームランがグランドスラムで大勝した。試合は巨人先発木佐貫投手、阪神先発福原投手の投げあいで始まり、3回に巨人は1番由伸選手のプロ通産250号の2ランで先制すると、5回に連打、連打で2点を上げると、7番坂本選手のプロ初ホームランがグランドスラムで試合をほぼ決めた。投げても先発木佐貫投手が8回まで安定した内容で抑え今季初勝利を手にした。 これで巨人は借金5から巻き返しを図る。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
4日東京ドームで巨人対阪神戦が行われ、1対6で阪神が中盤の一発攻勢で勝利した。試合は巨人先発尚成投手、阪神先発安藤投手の投げあいで始まり、初回に巨人が1番由伸選手の先頭打者ホームランで先制するが、阪神も2回に7番フォードの内野安打で同点に追いつくと、4回に5番今岡選手、7番フォードのホームランで逆転に成功する。6回には7番フォードのタイムリー、8番矢野捕手の犠牲フライで追加点を上げると、8回には6番鳥谷選手のホームランでダメ押しした。巨人は2回以降反撃らしいチャンスもないまま抑え込まれて敗れた。これで巨人は週間5割に赤信号が灯り借金返済が長期化する事が濃厚になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
3日東京ドームで巨人対中日戦が行われ、6対5で巨人が1,2,3番の連続ホームランで憲伸投手を撃破しお家芸で今季初勝利を飾った。試合は巨人先発金刃投手、中日先発憲伸投手の投げあいで始まり、2回に中日が7番森野選手の犠牲フライで先制すると、3回には3番李炳圭のタイムリー2ベースで追加点を上げる。しかし巨人は4回に3番小笠原選手のホームランで1点差とするが、5回に中日が5番和田選手の3ランで引き離す。このまま行くかに思われた7回に2アウト1,2塁で1番由伸選手の3ランで1点差にしてムードを変えると、2番亀井選手の特大同点ホームランで憲伸投手は放心状態になり、3番小笠原選手に難しいボールをホームランしてわずか3分で大逆転に成功し憲伸投手をノックアウトした。ここから今季初の必勝リレーの豊田投手、クルーンで逃げ切り今季初勝利となった。これで巨人は最悪の連敗を阻止しお家芸で復調を目指す。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
26日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、4対2で巨人が由伸選手の日本記録更新となる先頭打者ホームランなどで横浜に勝ち越した。試合は巨人先発尚成投手、横浜先発マットホワイトの投げ合いで始まり、初回に巨人が1番由伸選手の日本記録となる先頭打者ホームランで先制すると、5回に8番木村選手のタイムリー2ベースで2点差としたが横浜は6回に4番村田選手、5番佐伯選手の連続ホームランで同点に追いついた。しかし巨人はその裏6番阿部捕手、7番ホリンズの連続タイムリーで勝ち越しに成功し、投げては2番手豊田投手、最後は抑えの上原投手で逃げ切った。これで巨人は久しぶりに同一カード勝ち越しを決めた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
25日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、13対7で巨人が由伸選手のプロ野球タイ記録の先頭打者ホームランなど4本のホームランで乱打戦を制した。試合は巨人先発木佐貫投手、横浜先発寺原投手の投げ合いで始まり、初回に横浜が3番金城選手の2ランで2点を先制するが、その裏巨人は1番由伸選手の先頭打者ホームランで反撃を開始し、4番小笠原選手の2ランで逆転に成功する。3回に追加点を上げると、4回には由伸選手のこの日2本目のホームランでさらに追加点を上げる。終盤の7回に3点、8回には5番李の3ランで横浜に止めを刺した。9回に反撃にあったものの逃げ切り連敗を止めた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
16日福岡ヤフードームで福岡ソフトバンク対巨人の試合が行われ、2対3で巨人が1番由伸選手の3ランと、尚成、上原投手のリレーで逃げ切った。試合は福岡先発杉内投手、巨人先発尚成投手の投げ合いで始まり、序盤から両チーム決めてを欠いて7回まで無得点が続く。しかし8回巨人は8番矢野選手の死球からチャンスを作り、1番由伸選手の3ランで先制する。しかし福岡のその裏2点を返して1点差とするが、最後は抑えの上原投手が抑えて逃げ切った。これで巨人は交流戦5割にあと1勝とした。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
22日札幌ドームで北海道日本ハム対巨人戦が行われ、3対1で北海道日本ハムが逃げ切った。試合は北海道先発グリン、巨人先発福田投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が1番由伸選手の先頭打者ホームランで先制する。しかし北海道は2回に四球から9番金子選手のタイムリー2ベースで同点に追いつくと、3回にも四球から3番稲葉選手のタイムリー2ベースで勝ち越しに成功する。5回にも四球から4番セギノールのタイムリーで追加点を上げた。巨人も反撃を試みるが、不運な当たりなどもあり得点できず、知り尽くした相手との対戦がアダとなった。最後は抑えのMICHEALが締めて交流戦初戦を落とした。巨人はパリーグ出身選手がアキレス腱となりそうだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
9日阪神甲子園球場で阪神対巨人の試合が行われ、5対6で巨人が阪神JFKの守護神藤川投手を攻略して逆転勝ちを収めた。試合は阪神先発下柳投手、巨人先発金刃投手の投げ合いで始まり、初回に阪神が3番林の2ランで先制すると、2回にも関本選手のタイムリーで追加点を上げる。巨人も3回に天敵下柳投手を攻め、1番由伸選手、5番二岡選手のタイムリーで逆転に成功し下柳投手をKOした。しかし阪神は5回に今岡選手のタイムリーで同点に追いつくと、6回には2番手会田投手が代打葛城選手に代打ホームランを浴びて逆転を許す。その後阪神は必勝リレーで久保田投手、ウイリアムスと繋いで最後はJFKの砦藤川投手を送るが、藤川投手が巨人打線に捕まり、2番谷選手の同点2ベースを浴びると、5番二岡選手の逆転タイムリーで勝ち越した。最後は抑えの上原投手が確り抑え見事な逆転勝ちを演じた。阪神はこれで泥沼の9連敗となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
2日ナゴヤドームで中日対巨人戦が行われ、延長11回巨人が中日抑えの岩瀬投手を攻略して勝ち越し通算5000勝を達成した。試合は中日先発朝倉投手、巨人先発金刃投手の投げ合いで始まり、1回に内野ゴロの間に先制すると、3回に1番由伸選手のホームランで追加点を挙げる。その裏中日は8番谷繁捕手のタイムリー2ベースで1点差とするが、5回に巨人も追加点を挙げる。しかし6回に中日が5番森野選手の内野ゴロと6番中村紀選手のタイムリー2ベースで同点に追いつく。そのまま試合は延長戦となり、11回に鈴木選手の内野安打で出塁すると、代打ホリンズのタイムリー3ベースで勝ち越すと、1番由伸選手のタイムリーで追加点を挙げる。最後は上原投手がプロ初セーブを挙げて巨人は通算5000勝を達成した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
30日神宮球場で東京ヤクルト対巨人の試合が行われ、3対9で巨人が尚成投手が連敗をストップさせ月間MVPを確実にした。試合は東京ヤクルト先発石川投手、巨人先発尚成投手で始まり、初回に巨人が1番由伸選手のホームランで先制すると、2回にも6番阿部捕手のホームランで追加点を上げる。東京ヤクルトも2回に9番石川投手のタイムリーで1点差とするが、3回に巨人が4番李のタイムリーなどで3点を追加し、石川投手をKOした。6回には1番由伸選手のこの試合2本目のホームランで2点を追加すると、7回にも8番鈴木選手のタイムリー3ベースで大量リードを奪った。投げても尚成投手が7回2失点に抑え、2番手林投手、最後は今季初登板になった上原投手で締めた。巨人は3タテを阻止し、尚成投手は3,4月5勝防御率0.45で月間MVPをほぼ確実にした。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
22日阪神甲子園球場で阪神対巨人戦が行われ、3対10で巨人が大勝し5カード連続勝ち越しを決め、尚成投手は失点こそしたが4連勝を飾った。試合は阪神先発小嶋投手、巨人先発尚成投手の投げ合いで始まり、2回に巨人が1番由伸選手のタイムリー2ベースで2点を先制すると、4回にも6番阿部捕手のタイムリーで追加点を挙げる。4回に尚成投手が今季初失点をするが、失点はこの1失点に抑え、5回には打線が4点を挙げ、8回には3点を追加し試合を決めた。最終回に阪神は2点を返したが焼け石に水だった。これで巨人は5カード連続勝ち越しで首位に躍り出た。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
13日東京ドームで巨人対東京ヤクルトの試合が行われ、4対2で巨人が3連勝とし、内海投手も開幕3連勝を飾った。試合は巨人先発内海投手、ヤクルト先発石井一投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が1番由伸選手の先頭打者ホームランで先制し、5番二岡選手、6番阿部捕手の犠牲フライで3点を先制した。5回にも3番小笠原選手のタイムリーで追加点を挙げるが、ヤクルトも6回に1点を返し、8回に4番ラミレスのホームランで追いすがるが、その後2番手会田投手、最後は抑え?の林投手で逃げ切り内海投手は開幕3連勝を飾った。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
30日セントラルリーグが開幕し、巨人は横浜スタジアムで横浜ベイスターズとの開幕戦を戦い、2対3で巨人が3本のホームランで逃げ切り開幕戦を飾った。試合は巨人内海、横浜三浦投手の開幕投手で始まり1回にセントラルリーグ初の1番由伸選手の初球先頭打者ホームランで先制するが、その裏横浜は2死1,2塁から5番鈴木尚選手のタイムリーで同点に追いつく、横浜は3回に5番吉村選手のタイムリーでリードを奪うが、4回に巨人は4番李、5番ゴンザレスの連続ホームランで逆転に成功する。その後両チーム攻め手に欠き、巨人は8回からセットアッパー林投手、9回にはストッパー豊田投手のリレーで逃げ切り2年連続開幕戦をものにした。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
18日東京ドームで巨人対中日戦が行われ、1対6で中日が勝利し対戦カード10連勝を決めた。試合は3回に3番福留、5番森野選手のタイムリーで先制すると4回にも追加点を挙げて終始優位な展開をみせる。投げても先発川上投手が6回1失点で交代する余裕の采配をみせ、巨人は由伸選手1000試合出場の節目の試合を二岡選手のホームラン1点しか援護できず落合監督に軽く一蹴された。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
27日東京ドームで巨人対広島戦が行われ5×対4で延長11回巨人が1番ニ岡選手のサヨナラタイムリーで奇跡の逆転勝利を演じた。試合は2回に先発西村投手が7番緒方選手にタイムリー2ベースで先制を許すと、5回にも追加点、7回にもまた7番緒方選手に2ランホームランを浴びて4点をリードされる。巨人は6回までお約束通りのパターンで広島から得点を奪えない。しかし7回今まで投手陣を見殺しにしてきた打線が目覚め、8番若手亀井選手のタイムリー2ベースで1点を返すと8回に3番由伸選手の2ランホームランで1点差にすると、6番阿部捕手のタイムリー2ベースで同点に追いつく。広島はここで切り札永川投手を投入せざる得ず、これが最終的に巨人のペースになる流れになった。最後は延長11回サヨナラ男の異名を持つ二岡選手のタイムリーでサヨナラ勝ちを収めた。サヨナラ勝ちは悪夢の35試合で29敗する死神が舞い降りる前の清水選手のサヨナラ犠牲フライ以来となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ