オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:高嶋政宏

5
4月19日公開の映画「キングダム」を観賞した。 この映画は原泰久原作のキングダムを実写化した作品で、中国の春秋戦国時代を舞台に後に中国を統一する秦の始皇帝を支える将軍が奴隷から這い上がる姿を描いた作品である。 日本ではあまりなじみのない秦の始皇帝が中国を統一 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「信長協奏曲」は2014年10月に放送された信長協奏曲の続編で信長として生きる事になった高校生が歴史の運命に翻弄されながらも天下統一を目指していくストーリーである。歴史の流れには逆らえない中で高校生サブローは果たしてどんな運命を辿るのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE」は2014年1月に放送された連続ドラマ「S-最後の警官」の続編で再びテロリストの主犯がが動き出した日本でバスジャック、輸送船強奪で日本が核燃料により崩壊するピンチにNPS、SAT、SITがテロリストの野望を阻止に挑むストーリーである。連続ドラマから1年半の間に日本は自国を守るためにはどうすべきなのかを問われているが、国を守るというのは非常に難しいという事を痛感する事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」最終話はサブローが信長でない事を知った恒興はサブローに出て行け!と叫ぶ。そんな中浅井、朝倉軍が最後の決戦に備え集結していた。しかしサブローはこの合戦を回避すべく和睦を結ぼうとするが浅井方で交戦派に押されて和睦を断り合戦となる。そして合戦では数で勝る信長軍が圧倒し、浅井久政を討ち取り、市の救助後サブローは長政を助けるべく小谷城へ向かうも長政はサブローに市やその後の事を託して自害した。そしてサブローは織田家を去ろうとしたが、信長と恒興の意向でサブローはこのまま信長を続ける事になるが、その裏で半兵衛が本物の信長、偽者の秀吉に暗殺されたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第10話は延暦寺の件でサブローはどうやって説明して良いのか途方に暮れるが、何とか開き直って説明するも自分を偽るような心境だった。そんな最中でサブローが信長でない事を周りが気づき始め、恒興がついにサブローが信長でない事を知る。そんな中ゆきが刺客の盾となり亡くなる。それをみた恒興はついにサブローに偽物を知っていたと打ち明け、サブローに出て行けと言い放つ。そんな状況で秀吉も半兵衛が偽者だと気づいたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第9話はサブローはキリシタンの布教を認めるが、それにより存続の仏教の寺院の反発を受けることになる。そんな中当時最大の勢力であった武田信玄率いる武田軍が上洛へ動いて織田家は揺れる。そんな中家康が先鋒を務めたがあっけなく敗れ、サブローにとって風前の灯火だったが、信玄が亡くなった事で回避された。 一方比叡山延暦寺の反乱を光秀ならぬ信長に対応を任せたが、信長は秀吉の助言により比叡山延暦寺を焼打ちにする。それを知ったサブローはショックを受けて自らの目指す天下から大きく離れて行ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第8話はサブローは商人が自由に商売できるように座を廃止し自由に商売をできるように改革した。これにより織田家の財力は向上し街も活気付いてきた。そんな中サブローは森可成に宇佐山城下の街造りを任せることにした。しかしその中摂津の三好氏と交戦していた松永久秀から援軍の要請を受けて援軍へ向かうが、その隙に浅井、朝倉が宇佐山を攻めてくる。即引き返したサブローだったが、森可成の奮戦で何とか宇佐山は守られたが森可成は戦死し改めてこれが戦国だと思い知らされるシーンがメインだった ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第7話はサブローは朝倉の罠に掛かり、浅井に裏切られた事で窮地に陥る。命からがら逃げきったと思ったが直前で撃たれて瀕死の重傷で死の淵を彷徨う。辛うじて命は取りとめたものの、自らの死の恐怖を感じた事でこれまでのサブローの方針とは違ってくる事になる。そしてサブローを撃ったのがゆきである事にショックを受けたサブローは姉川で浅井、朝倉連合軍と戦う事を決意する。そして戦は見事に浅井、朝倉連合軍に勝利したもののサブローは戦国の裏切りについて傷を負ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第6話はサブローは上洛しようとするも上洛するための作法を知らず思い悩むが、ここは家臣とした信長=明智光秀が代役を務めて難を逃れた。しかしその直後義昭との会見で天下を狙うと発言した事で義昭の怒りを買い、信長包囲網を敷かれる。これにより窮地に陥ったサブローはそれでも朝倉と同盟を結ぼうと模索するが、そこで浅井長政の協力を得て、朝倉と会見する事になったが、これが完全な罠と知りそれでも長政を信じたかったがこの現実を受け止めるしかなくサブローは戦国の厳しさをまざまざ痛感したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第5話はサブローの前に本物の信長が現れ、明智光秀と名乗っている事を知らされた。しかしその場で利家に見つかり、利家は本物の信長を連れて行った。そこで信長はこれまでとムードの違う家臣たちや帰蝶らに戸惑いながら軍議を行い、市を浅井へ嫁がせる事を了承させる。しかし信長が去ると今度はサブローがその事を知り、猛反対し直接同盟を結ぶために浅井と交渉するが納得されない。そんな状況を見た市は自ら嫁ぐと言い出すも、サブローは最後まで粘る。しかし恒興の説得で市は浅井へ嫁ぐ事になり、サブローも渋々了承して市が浅井へ嫁いだシーンがメインだった ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第4話天下を取るためにはまず美濃を通って京を目指さなければならないと言われたサブローはまず美濃の攻略へと向かうが、その前に松平元康が同盟のために訪れた。のちの家康の同盟により東の脅威は無くなった。これにより美濃攻めが可能になったが、美濃攻略は一筋縄ではいかなかった。その前に竹中半兵衛が立ちはだかり、それに対して織田軍は苦戦を強いられていた。そんな中で半兵衛が訪れてきて、サブローは半兵衛を味方に付けんと交渉するが、半兵衛は簡単には降らない。そんな中でもサブローは戦いのない世を造る理想を半兵衛に問いかけて、半兵衛はサブローの言葉に感銘を受けて、墨俣一夜城は完成して美濃攻めの足掛かりとなり美濃を攻略したが、その直後本物の信長が現れたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第3話は今川義元が上洛するために尾張に攻め込んできた。4万の大軍に対してわずか3千の兵しかいない織田軍に勝ち目はない。そんな中決断を迫られたサブローは出陣か籠城か迫られたがどちらも選択する事無く逃げ出す。逃げ出したサブローだったが運悪く桶狭間の今川領へ行ってしまった。そこで落馬し村人に助けられるが信長とわかると捕まってしまい処刑されそうになる。しかし恒興が直前で駆けつけて難を逃れたが今川軍は目の前まで迫っていた。そこに村人が殺さなかった事で加勢に加わる事となり、桶狭間で奇襲する事で一か八かの賭けに出る。賭けに出たサブローは運の良いタイミングで奇襲し今川義元を討ち取りこの難局を逃れたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」第2話はサブローは信長として装う。しかし今度は斉藤道三と会見する事となりさすがにサブローも怖気づく。しかしサブローは覚悟を決めて学生服で道三と会見するが、その道三もまさかの現代人だった事を知らされる。しかし道三がタイムスリップしてきたのは約40年前とかなり時代が昔だ。そんな中でサブローは道三との距離が接近するも、道三は帰蝶を武田を嫁がせようとする。それは信長が偽物と知ったからであったが、そんな最中道三は義龍が謀反を起こしてその数で道三は圧倒的不利な状況で勝ち目はない。そんな中でもサブローは道三の援軍に向かい、それを知った道三はサブローに帰蝶を託す事を決断し、サブローは道三の遺言で信長として生きて行く事を決意したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「信長協奏曲」は石井あゆみ原作のドラマで修学旅行に来ていた高校生が突然戦国時代にタイムスリップしてそこで織田信長を演じる事となり訳が解らないまま時代を生き抜いていくストーリーである。歴史を良く知っている人はその後の展開が読み易い作品でもあるけれど、歴史と一味違ったストーリーをどう感じて観る事になるだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「柘榴坂の仇討」は桜田門の変で井伊直弼を守れなかった武士が仇を討てという命を受け明治維新になってからも仇を追い続けるストーリーである。時代は江戸から明治へ移る時を経ても追わなければならなかった事情を踏まえてみると誰かが止めて上げる術を持つべきだったと感じる事だろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」最終話はテロリストに有力者10名を拉致された事でSATが出動する事となり、NPSは待機となったが、その間にテロリスト正木がゆづるを襲おうとしている事を知り一號が駆けつけるも逆にカウンターを受けて気絶してしまう。正木は人質を取ったが、それ以外でもテロを計画していた。演奏会場のホールで6人の人質を取った正木らは今度は6人を殺すと宣言する。SATが不在の間にNPSがSATの支援なしに人質と犯人確保へ向かわななければならなかった。そこで無理を承知でNPSは作戦を決行するもある程度の作戦を立てて向かう。催眠ガスで犯人らを眠らせたが、正木らテロリストらはこれを読んでおり、NPSは窮地に陥る。しかし一號は最後まで諦めずこの状況を必死で耐えるが、そこにこの状況を察したSATが到着してNPSは窮地を脱して正木を追い込むも、あと一歩のところで逃がして正木は行方不明となり、NPSは正木の火種を抱えたまま事件は映画に持ち込まれる事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第9話はNPSに蘇我に代わるメンバーとして元陸上自衛隊の女性隊員だった林イルマが配属される。配属初日に刃物を持った犯人が女性を人質にして地下の洞道に逃げ込んだ事でNPSに出動命令が下る。出動したNPSは犯人を追い込み、犯人確保に成功するが、その人質が犯人を殺そうとしそれをイルマと蘇我がナイフを撃って一號を救ったのだった。しかしこの件でイルマが確保した犯人に銃口を向けて始末書を書かされることになった。その後イルマはかつて一號とゆづるを救った警官の娘である事を告げられ、一號はゆづるの両親の仏壇に供養し、イルマの父がそれ以来罪悪感に駆られている事を知る。それ以来イマルは急所を外して狙撃する腕を磨きその点では蘇我と違った考えを持っていた。そんな中再び正木が現れ、大物政治家などを人質にとって正木がゆづるを人質にとったと連絡してきた事で一號はゆづるの下へ駆けつけるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第8話は誘拐事件を追うNPSは誘拐事件の重要参考人に速田の恋人が重要参考人として疑われる。捜査を重ねるうちにSITは犯人が速田の恋人と断定し逮捕状を取って連行する。何かの間違いだと感じた速田は捜査を再度洗い直すも、NPSは捜査から外される。一方NPSは再度捜査をやり直し、そこで再捜査した結果犯人は別にいる事を突き止めたNPSは犯行現場を押さえて速田の恋人の無実を証明した。しかし警察は何も責任すら取らないシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第7話はバスジャックで元妻と息子を人質に捕られた古橋は自ら説得に向かうが、犯人はそれに応じようとしない。その間に犯人の要求通りバスを用意し、乗り換えようとする時に犯人は古橋の息子を人質にしてバスは走り出した。そして犯人の父親が途中で説得に向かうも既に関係が壊れた中では説得するのは困難であり、バスは再び走り出すも、SATの作戦で突入したものの犯人が爆弾を起動させ、その間に人質を救出したが、バスに残った犯人を一號がバスから引きずり出して爆弾をはぎ取って蘇我の射撃で爆弾を空中で爆破させ犯人を確保したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第6話は離婚して別れた息子が突然山梨から訪れてきた古橋はどう向き合って良いのかわからず一號とゆづるのところを訪れて遊び相手になってもらう。離婚した原因がNPSになった事により家庭に戻る機会が無くなったことによるものだった。程なくして離婚した元妻が訪れて息子と共に山梨に戻るバスに送る古橋たちだったが、そのバスがバスジャックされて元妻と息子と乗客らが人質となってしまう。これにより現場に向かう一號と古橋だったが、犯人の犯行はエスカレートし次第に人質が殺傷されていく。そんな中バスがパンクで止まり、犯人は爆弾と共に自爆しようとしていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第5話はある女子高生が睡眠薬で自殺を図ったと連絡が入る。ここ最近この関連の事件でMが使用した銃弾が残されている事からMとの関わりを疑う。その頃ゆづるの病院に自殺未遂した女子高生が入院している事を知った一號らは自殺未遂した原因が神父と名乗る人物だと知り、その人物がある心療内科の医師だった。NPSはMとの関わりを考慮してその人物の家に突入するも気配がなく、その頃その人物は警察に自首していた。自首して事情聴取する一號らはその人物が自殺から救おうとした事を証言されるが16人中11人は救えたが5人を死なせたと話しの見解でこの判断が分かれる。そして警察から検察へ送検されようとした当日犯人は愉快犯に刺されて命を落とそうとしたが一號の懸命の処置で意識不明の重症ながらベットの上で命を終える結末を迎えたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第4話は予行練習中に国際テロリストに横川が拉致され、非公表のまま横川救出作戦を実行する事になった。そこで横川救出のためにNPSとSATが合同で救助に向かう。しかしテロリストたちは一號だけで来いと告げてくる。拉致されている横川の居場所を掴んだNPSとSATはテロリストをが潜む倉庫に向かうとそこで銃撃戦となる。突撃した一號だったが、相手の罠にハマり、一號の機器に蘇我らが援護射撃するが、一號はテロリストを逃がして事件は未解決のまま非公表となったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第3話はNPSの存在を周知してもらう目的でマスコミにNPSを公表した。そこで部隊のモデルとして一號が取材を受けるがこれをしらされていなかったゆづるは複雑な気持ちになる。そしてSATにとってもこれは面白くない。そこでSATとNPSどちらが日本を守る組織かを示すための模擬戦をやる事となった。そこで模擬戦が始まるが長年訓練慣れしているSATに対してNPSは結成したばかりで思うような行動が当初取れない。しかも豪雨の中でNPSは苦戦を強いられる。しかしSATに次第に追いつき始めた。その中でSATのメンバーが誤って崖に転落し救助するか?そのまま進むか?の決断を強いられ、SATはこのまま進んだが、NPSは転落したSATメンバーを救出を選択した。この判断は国防に置いて迷われる部分のある判断で両者とも正しい判断だったとも言えるがそんな中で模擬戦2日目で人質役だった秋が国際テロリストに本当に拉致されてしまうシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」第2話はデパートで起きた爆破事件で動く事となったNPSは加入したばかりの一號に出動命令が下る。出動を待機していたNPSだったが、その間に銀行が占拠され多数の人質を取られてしまった。NPSはSATと共に人質救出に出るが、それぞれの方針の違いからなかなか噛み合わない。そんな中他のビルで爆発が起こり、一刻の猶予もならない状態になった。そこで先に先鋒対としてNPSの一號とSATの蘇我を先に潜入させる。そこで状況を把握したNPSだったが、人質が銃で撃たれる直前だと感じた蘇我は先に飛び出して銃を撃とうとするも、その直後に一號が照明弾を放ち、犯人を4人まで確保したが、5人目はスマートフォンで起爆するように仕組んでいる事を宣言するも、事前に爆弾処理班に処理が完了していたおかげで爆破せず、最後のボタンも防ぎ切り、事件は犠牲者なしで終わった。その数日後一號に蘇我がお前は認めないと告げるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「S -最後の警官-」はSATの機動力とSITの捜査力を併せ持ち、国内すべてを管轄とする警察庁直轄部隊で犯人を生かしたままの確保を目指す警察庁特殊急襲捜査班通称NPSが事件解決に奔走する姿を描いたストーリーである。SATは狙撃で相手を確保するが、NPSは生きたまま犯人確保を目指す部隊として犯人確保に果たして生かしたまま犯人確保がどれだけ難しいかを知る事になっていくだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第47話は同志社大学設立の為に奔走する襄だったが心臓病を患い体調が思わしくない日々だった。そんな中資金集めのために襄は無理な体を押して動こうとする。しかし八重は制止しようとするも襄を止める事ができない。そんな中で東京で大隈邸で同志社大学のための募金集会が開かれ、襄はそこで多くの募金を集める事に成功した。しかしこの無理がたたり襄の体調はさらに悪化し、主治医から余命が長くない事を告げられる。それを黙っていた八重だったが襄は正直に話すよう告げられると八重は正直に話し、残された時間を襄は必死に生きる事を決意したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「この空の花 長岡花火物語」は毎年8月に打ち上げられる長岡花火大会を舞台にしたドラマで、真珠湾攻撃、長岡空襲、広島、長崎原爆、中越地震、東日本大震災と数々の悲劇を経験した人たちが戦争の悲劇を語り、そして子供たちが戦争の悲劇、空襲の悲劇、中越地震の悲劇に東日本大震災の悲劇を語り継いでいく舞台劇的ストーリーである。戊辰戦争で戦地となった長岡は数々の戦争、空襲、地震の悲劇を経験した事で東日本大震災でもいち早く支援の手を差し伸べている。その中で色々な悲劇を経験したからこそ語れる事もあり、そしてその痛みを共有し合う事でこれから目指して行く平和について、そしてこれから目指して行く未来のためにこれまでの悲劇の経験を知る事で何が必要なのかを鑑賞し終わった時この空に咲く花が教えてくれる事だろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「スマグラー おまえの未来を運べ」は役者を目指していた青年が300万の借金を背負った事で裏世界の運び屋スマグラーの仕事で借金を返す事になり、その仕事をするが、ある日ある物を運ぶのに失敗し、その変わりに殺し屋を演じるストーリーである。借金を返すのは当然だが、裏社会で返そうとすると大きな危険が付きまとうものであり、死を覚悟した一世一代の演技に最後はスカッとする事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ