オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:香川照之

3
「ルーズヴェルト・ゲーム」は池井戸潤原作の「ルーズヴェルト・ゲーム」をドラマ化した作品で業績不振に陥った製作所が様々な困難に直面し、野球部廃部の危機、会社存続の危機に直面しながらもその危機を乗り越えて行くストーリーである。この時代会社が社会人野球部を持つ事そのものがかなり難しく、存続させる事そのものが困難ではあるが、会社経営という点では経営と野球には共通点も多く野球から経営を学んでいく事にもなり、この窮地になった時会社はどうやって乗り越えるべきなのかを考えさせられる事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」最終話は半沢は大和田常務を追い込む決定的な証拠を掴んだが、大和田常務が近藤に銀行復帰を持ちかけられ近藤は銀行復帰を選び大和田常務を追い詰める手段を失う。このまま取締役会に議題を出しても紙切れにしかならない半沢は大和田常務を追い込むための情報入手に走る。そして半沢は黒崎が岸川取締役と繋がっている情報を花が掴んだ事で大和田常務を追い込む決定的な弱みを手にする。そして取締役会で半沢は大和田常務を追及するが大和田常務は尽く潔白を主張し白を切る。しかし岸川取締役は大和田常務の権力よりも半沢に握られた弱みに子供のためにこれまで実行してきた事は全て大和田常務の指示によるものと主張しこれにより大和田常務は陥落し半沢は大和田常務に約束通り土下座をさせて大和田常務は屈辱の土下座をしたのだった。そして数日後大和田常務は取締役降格という意外な人事が告げられ、半沢には企画部長として出向を命じられ出向する事になるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」第9話は半沢は近藤からタミヤ電機の迂回融資の件を知り、大和田常務を追い込む切り札となるカギを手にする。しかし半沢は金融庁検査を乗り切るための唯一という秘策を伊勢島ホテルの社長の決断に賭ける。その間半沢は決定的な切り札となる調書を隠していた。それを金融庁に見つからない様に隠していた。そして金融庁検査当日半沢は黒崎に攻められるも、半沢は直前で伊勢島ホテルは外資資本と対等な合併を成功させて黒崎は肩を落とすも、黒崎は隠している調書が地下室にあるという情報を入手して調べるもその地下室からは見つかる事は無く黒崎は完全敗北で後にした。そして近藤はタミヤ電機社長から大和田常務から受け取ったお金を回収するために調書を作るも、その直前に大和田常務に捕まり近藤は大和田常務の条件を受け入れてしまうシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」第8話は金融庁検査を乗り切るために伊勢島ホテルの社長に会長の絵画などを売却させて凌いだ半沢だったが今度はITシステム会社の経営破たんするという情報を黒崎から伝えられて再び窮地に追い込まれた半沢は大和田常務に土下座して伊勢島ホテルの担当を何とか続けるも半沢の出向は時間の問題だった。そんな中で半沢は近藤のの相談に乗りながらも自らの打開策を模索していたがそんな中次の担当に内定している福山との金融庁模擬検査の一騎打ちをしなければならなくなる。模擬検査当日まで半沢は様々な情報網を駆使して調べるとITシステム会社の破たんは間違いないという事になり抜本的な見直しに奔走する。そんな中で迎えた模擬検査の攻防では半沢は窮地に追い込まれるも福山が伊勢島ホテルの社長と専務に1度も面識のない事の盲点を突いて人と言う福山を責め立てて半沢はさらに伊勢島ホテルに関わった人たちの繋がりについても追及してその場を凌いだ。一方近藤はその頃不正の行先が大和田常務との繋がりに辿り着くという半沢に微かな光が差したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」第7話は金融庁検査に対応するために伊勢島ホテルの経営再建に奔走する半沢だったが、その前に大阪西支店時代に苦しめられた黒崎が現れ半沢は思わぬ苦戦を強いられる。しかしそれでも半沢は再建のために様々な手を打ち、伊勢島ホテル社長から美術館の売却をすれば120億の融資の回収が可能と進言し伊勢島ホテル社長を説得して会長を解任して美術品を多数売却する事で120億の回収に成功するも、そんな中で半沢に再建の最有力だったIT企業が特許で訴えられてこれが破たんすると再建は不可能となる事態に陥り、そこに大和田常務が登場して半沢を陥れ半沢は大和田常務に土下座させられたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」第6話は本店に栄転してから1年を経た時に半沢は頭取の指名により老舗ホテルである伊勢島ホテルの経営再建を担当する事となった。しかしその損失は東京中央銀行が融資した200億円に対して運用失敗により120億の損失を計上する事が明らかになる。半沢は1度融資を回収して再度金額に見合った融資を行うべきだと主張するも会議でその案は却下された。半沢はライバル銀行が融資を引き揚げた事を知り、どうして引き上げたのかを確認するとそこから内部告発の情報を入手した。そして半沢は元担当者からその引継ぎが上手くいっていない事を察知して元融資担当者を徹底的にマークしてついに元融資担当者の口を割らせた。そして半沢はその情報の証拠となる資料を金庫から抜き取りに成功し内部告発の証拠を手に入れた。しかしその直後半沢は大和田常務に呼び出しを受けて今回の経緯を聞かれるも半沢はこれに対抗し必ず再建させてみせると言い放ちそして半沢は大阪国税庁に出向していた黒崎と再び対決する事になるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」第5話は国税に寝返った未樹は黒崎と取引し東田に自ら貢いだ店の開店資金の摘発を見逃してもらう代わりに捜査協力を約束した。それを知った半沢はその頃浅野支店長から出向の辞令が明日出る事を告げられる。そんな中国税が東田の隠れ家に入り込むがそこから未樹は東田の預金通帳を預けられた。それを黒崎に渡すが、その頃半沢の手元に未樹から送られた通帳が届く。その通帳は東田と浅野支店長を結ぶ決定的な通帳だった。この通帳により半沢は5億の回収に成功し、東田に10倍返しして、さらに浅野支店長にも回収しただけでなく半沢はそれぞれの栄転を条件に出して浅野支店長はマニラに飛ばされ、半沢は復讐の為に本社に栄転になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」第4話は融資事故をマスコミにリークする事と引き換えに東田の居場所を突き止めた。しかし突き止めたもののこれでは決定的な証拠にならず浅野支店長を追い込めない。そこで半沢は揺さぶりを掛けて浅野支店長から動かそうとすると浅野支店長は別の銀行に口座がある事を突き止めてその通帳はカバンに持っている事を知る。そして半沢はカバンから通帳の持ち出しに成功してさらに東田の愛人未樹を揺さぶりに掛ける。しかしなかなか未樹は揺さぶりに応じない。そこで決定的な証拠を得るために半沢は別の融資を未樹に持ち掛けるが未樹は国税庁からも揺さぶりを掛けられており、国税庁に寝返ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」第3話は5億の金額を回収すべく奔走する半沢だったが寸前のところで回収できなかった。そんな半沢に次ぎに待ち受けていたのは裁量臨店と呼ばれる本部からの内部検査だった。本店から徹底追及を受ける半沢は今回提示されたリストから全て赤字会社による融資物件ばかりが並ぶ不可思議なものだった。そしてさらにあるはずの資料が紛失しており明らかに意図的なものを感じた半沢は支店長の罠だと感じ取り対策を練る。そしてその間に半沢は西大阪スチールの社長の行方を追ってマンションの所有者を訪れるが口を割らない。そして裁量臨店最終日直前に半沢が部下の中西が何かを知っていると睨みその直前にマスコミと接触した事でマスコミの力を利用する事を模索した。そして裁量臨店最終日に半沢は本来あるはずの資料が無い事に証拠を出し続けて、最後は小木曽が中西と話した内容が決定的な証拠となりこの場を凌いだ。そして半沢は西大阪スチールの社長の居所をキャッチしてその場所でまさかの人物が対面していたシーンを捉えたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」第2話は必ず5億を取り返すと宣言した半沢は社長の行方を追い続けていた。その頃国税庁も脱税の行方を追っていた。そして半沢は西大阪スチールの倒産直前に海外の時価5千万の別荘の存在を突き止める。これを差し押さえようと動くもなかなか周りのガードが固い。そんな中で国税庁もこの存在に気づいて動き出すが一歩の差で半沢はこの件で一歩リードした。そんな中で半沢は海外の別荘を差し押さえることに成功したが社長の所在はまたも行方を暗ませた。そしてさらに半沢は国税に差し押さえた物件をこちらの弱みに付け込み揺すり取られたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」はバブル期に入社した銀行員が大阪の融資課長として赴任するもそこで支店長の失態を押し付けられて責任を取らされようとするがそれに屈せず取り返しに奮闘して行くストーリーである。中間管理職や頼りない上司と毎日向かっている人にとってはこういう反骨心は学びたいところだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「鍵泥棒のメソッド」は売れない役者と殺し屋が入れ替わった事により婚活中の雑誌編集長まで巻き込んですれ違った人生で数多くの騒動を巻き起こしていくストーリーである。当初は役者と殺し屋に無理があるものだと感じていたが、蓋を開けたらこれが予想以上に笑える喜劇の大逆転劇へと繋がる事になる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「夢売るふたり」は小さな小料理屋を営んでいた夫婦が開店5周年の日に火事で全てを失い夫の浮気から妻が結婚詐欺を思いつき夫が数多くの女を騙してお金を受け取るが次第に夫婦の詐欺が破たんしていくストーリーである。人はある時どういう事が起きるかわからないものだけれど、何を夢見て生きるのか?も実に難しいところであり、現実問題から目を背けてしまうとこのような落とし穴に入り込んでしまうのかもしれない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「映画 ひみつのアッコちゃん」は漫画家故赤塚不二夫氏の大人気漫画「ひみつのアッコちゃん」を実写化した作品で、11歳の少女アッコちゃんがある日鏡の精から魔法の鏡を貰い、その鏡に魔法の呪文を唱える事で22歳の大人のアッコちゃんになり、大人になったアッコちゃんが大人の世界で色々感じながらも子供の頭脳でアッコちゃんなりに大人の騒動を考えて行くストーリーである。大人気漫画の実写化という事で色々な設定の違うはあるものの、頭脳は子供、体は大人のアッコちゃんが大人の世界を子供の目線から見た時私たち大人は子供目線も馬鹿にできない事を痛感する事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「るろうに剣心」は和月伸宏原作の「るろうに剣心」を実写化した作品で幕末に人斬りに生きた剣客が明治維新では人を斬らない誓いの中で生きるが、ある人たちとの出会いで再び剣を振るうも不殺の戦いを繰り広げて人々を救おうとするストーリーである。幕末を経て明治に代わった時代は武士が失業して路頭に迷ったりしていた人たちも多かった時代でもあり、そんな中で不殺の誓いで斬らずに戦う不殺の剣心に圧倒され続ける事だろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「坂の上の雲」第3部最終話バルチック艦隊との戦闘が始まった。三笠の東郷は直前でターンを指示し斜め回頭したのち三笠は反撃に転じ旗艦スワロフ目掛けて砲撃し、その多くが命中しスワロフは炎上する。次第に後続艦も被弾し、撃沈する艦も出始める。三笠も被弾するもその多くは致命的な被弾ではなくその後ひたすら打ち続ける。白昼戦でロシア艦隊の半数は戦闘不能となり多くが沈没した。そして翌日ロシア艦隊は降伏して日本は戦艦を1隻も失わず魚雷艇3隻のみの損失という圧勝だった。その後日本は日露講和条約を締結したものの、賠償を得る事はできなかった事で国内の反乱を招く結果となったが、日本はロシアの植民地化を阻止する事に成功した。そして真之はその後も海軍に残るも1918年に死去し、好古も軍を退役したのち故郷の学校の校長を経て1931年に死去したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」 は1941年に日本帝国軍がハワイ真珠湾を攻撃を指揮した連合艦隊司令長官山本五十六が開戦直前まで戦争に断固反対の信念を貫きながらも苦渋の決断で早期講和を目指して日本を守ろうとした姿が描かれている。70年前に日本はアメリカに開戦し、その後広島、長崎原爆を投下される世界初の国となったが、どうして戦争に突き進んだのか?そして山本五十六はそれに断固反対した真実が描かれ、3.11で第2の戦後となった日本にとって今年最後の作品でブレない信念とリーダーシップの必要性を今の日本人に語りかけている作品となるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」最終話は再び南極大陸へ向かった岳志は犬たちが生存しているわずかな希望を持って向かった。2度の航海で様々な対策が取られ空路で岳志は昭和基地へ降り立った。そしてそこで息絶えた犬たちを発見して打ちひしがれる。そしてリキもわずか数日前に息を引き取ったいた事だった。絶望的と思われた中で岳志は遠く彼方で2匹の犬を見つける。それはタロ、ジロだった。奇跡的な再会に岳志はタロとジロの側へ行き、その報告は日本中で歓喜に沸いた。そしてリキたちを南極の海へ沈めて日本へ帰国したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「坂の上の雲」第3部第3話は旅順を攻略した日本軍は海軍を1度呉と佐世保に退却させ、満州軍はロシア軍と対峙した。数で劣る日本軍は作戦でロシア軍を翻弄し、ロシア軍は日本軍の作戦にハマり撤退した。そして日本軍はバルチック艦隊が対馬を通るのか、津軽を通るのかで意見が割れていたが、最終的に対馬を選びバルチック艦隊が対馬に現れついに日本海海戦が始まったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「南極大陸」第9話は再び南極観測隊を結成する事になったものの、今回は1次、2次隊から除外するという項目があった。白崎はそれでは南極では対応できないと必至の説得を試み、氷室もそれに応えて説得する。一方岳志は北海道でリキたちの事を伝えた後宗谷の改修に向かい、そこで改修作業を手伝う。そして第3次越冬隊に白崎と氷室の説得により岳志が同行できる事となり再び南極へ向かうシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「坂の上の雲」第3部第2話は日本軍は旅順攻略に2度も失敗し、3度目の攻略を練るもまたも失敗する。3度目の失敗でようやく二〇三高地を目標に変えた日本軍は1度は占領するもわずか40の兵では何にもできず再び奪還されてしまった。それを知った児玉源太郎は自ら旅順へ行き乃木と指揮権を交代し、 二〇三高地を再び攻めて二〇三高地を占領に成功し、そこから旅順を砲撃してロシア軍が立てこもる旅順攻略目前まで迫ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」第8話は宗谷で無念の帰国をする事になった倉持は日本で待っていたのは犬たちを置き去りにした非難だった。倉持はその責任を感じて大学を辞める。一方政府は第3次南極観測を再検討する事になり、白崎隊長らが継続を必至で訴える。そんな中倉持は北海道へ向かい、そこで犬たちを借りた家々を回るが最初は非難や門前払いを受けてしまいその事の重さを痛感する。それでも倉持の犬たちと過ごした経緯を教授に説明し、そして犬たちも同じ仲間として生きた事を綾子や遥香に伝えるのだった。そして政府の再検討で第3次南極観測隊が結成される事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「坂の上の雲」第3部第1話は日露戦争も本格化し、日本軍は旅順攻略へ向けて作戦を練るが、要塞を守るロシア軍を攻略する事ができない。そんな中陸軍から旅順攻略を狙うも尽く討ち死にするほど激しい砲撃の前に2度の作戦も失敗に終わる。そんな中で真之が再三進言していた二〇三高地を占領して旅順を攻撃する作戦へ舵を取るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」第7話はタロ、ジロたちを置いたまま宗谷に戻った岳志たちだったが、予想以上の悪天候にセスナすら飛ばせずこのままでは宗谷も脱出できない状況に追い込まれていた。岳志は何とか犬たちを救おうと願い出るが、白崎隊長は苦渋の決断で宗谷を沖まで避難する事を決断する。しかし燃料がわずか1日しか持たないと知り最後の望みに掛けるも悪天候のために苦渋の決断で救助を断念して帰国するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」第6話はボツンヌーテンの帰還途中に遭難した岳志たちはリキ、タロ、ジロを放ち救助を待つ事にした。もうだめかと思われた時に鮫島、内海が雪上車でリキ、タロ、ジロたちを発見して間一髪命を救われた。そして越冬が終わろうとした中で今度は宗谷が遭難し、これ以上自力での接岸は無理と救助を要請して何とか接岸した。しかしブリザードが酷く上陸が困難とセスナを飛ばして岳志たちは救助したもののリキ、タロ、ジロたちは残していく事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」第5話は越冬から半年が経過した南極越冬隊は岳志が悲願だったボツンンヌーテンへの登頂を目指して犬ぞりだけで目指す事にした。最初は氷室も反対していたが、過去を決別するために同行する事を決める。一方日本では再び第2次観測隊が向かうために宗谷改造などを目指していたが想像以上に作業が難航する。一方南極では岳志がボツンンヌーテンを目指したものの途中でブリザードに襲われるなど厳しい気象環境に遭遇してしまう。数日遅れでボツンンヌーテンに到達し登山に成功したものの帰還中に再び遭難して生死寸前になるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
「カイジ2 人生奪回ゲーム」は2009年に公開された「カイジ」の続編で再び借金をしたカイジがかつてカジノで亡くした娘とカジノで対決したボスと結託して再び借金をカジノで返済するストーリーである。さすがに計画的な使い方ができないカイジらしいストーリーで最後は更なるいかさまの数々に心理戦というよりも物理戦という感じだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」第4話は南極で越冬を始めた岳志たちはそれぞれの研究テーマを掲げる事になった。その中で犬塚はオーロラの研究をする事になる。しかしその研究も元々自分が中途半端で何をやっても父に認められなかった過去があり、それから逃げるために南極大陸行きの志願をしたと岳志に話す。そんな犬塚に岳志はここへ来るのに中途半端な気持ちで来た奴はいないし、お前も同じだというのだった。そしてオーロラの研究の最中にベックが腎臓病で亡くなるというアクシデントがあり、悲しみに暮れる。オーロラの研究に没頭していた中で犬塚は眠ってしまったところにストーブの火に紙が引火してしまいカブースを全焼してしまう。その責任を痛感した犬塚は落ち込むが、岳志が提案した南極ラジオ放送で犬塚の父親からのメッセージがあり、再び立ち直るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」第3話はようやく南極に辿り着いた第1次南極観測隊は1度は行き先を断たれそうになったものの、ようやく接岸できる場所に辿り着く。そこで基地の場所となるところで基地の建設が始まるが、その作業日数はわずか半月しかなかった。そんな中で作業が進められるが、途中で氷河が溶け出して荷物が流されるという事態に遭遇し3か月分の荷物を流されてしまう。そんな中で今度はブリザードが発生して基地完成直前で向かおうとした典章らが途中で燃料切れを起こして凍死寸前に追い込まれるが、岳志の犬ぞり隊が到着して危機を脱すると基地の修復に奔走し、ようやく基地が完成し、昭和基地として越冬が始まろうとするシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」第2話は日本を旅立った宗谷は東シナ海からインド洋へ抜ける航海を続けていた。そんな中で乗組員の諍いが起きてその都度騒動に発端する。しかしそんな中台風で想像を絶する船酔い、さらには低気圧に巻き込まれて船内が浸水状態になった中でタロ、ジロが逃げ出して救出するなど様々な困難を経て南極圏に辿り着いた時には1つに纏まり、越冬を決意するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ