「食堂かたつむり」は小川糸原作の「食堂かたつむり」を映画化した作品で母子家庭に育った少女がその環境から独立してお店を持とうと働くが、お金も家財道具も恋も声も失い故郷に戻って食堂をオープンして色々な人たちを幸せにする料理を作り続けて母親と自らの出生の秘密を知って和解していくストーリーである。近年はじっくり食事もできないほどスピードが求められる食事だけれど、じっくり食べる事でその味を知りそして幸せになる料理の数々と母娘の修復が確りと描かれている。 ... もっと読む