オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:風吹ジュン

5
「永遠の0」は2004年に祖母を亡くした孫の娘と息子がかつて祖母の夫であった祖父の太平洋戦争での足跡調べていく事でかつて祖父がどんな人物であり、何を託して行ったのかを知っていくストーリーである。もうすぐ戦後70年を迎えようとする今当時の事を語れる人も少なくなり、70年の時を経て今の平和である事が幸せな時代である事、当時は許されなかった事を知っていく事になる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」最終話は日清戦争が始まり、八重は広島陸軍予備病院で日清戦争で負傷した兵士たちを看護していた。当初は怯む看護婦もいたが、八重の懸命な看護に次第に勇気づけられ八重は戦後民間女性として初の叙勲を受ける事になる。そして八重は戦争に向かう日本を危惧しながらもこれまでに生きてきた足跡を辿りながらこれまでの人生を振り返るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第49話は政府が清国と戦争になろうとする直前の状態で学生を徴兵し戦に備えようとするムードが国中に広まっていた。そんな中で同志社英学校では学生の入学志願者が減っている状況を危惧していた。そんな中で覚馬が最後の力を振り絞って戦を学ばずという言葉を残して覚馬が亡くなり、それを追うように容保もこの世を去った。次々とかけがえのない人を失う八重だったが襄の言葉を思い出し、今できる事として赤十字の活動で戦地へ向かう事を志願するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第48話は襄は関東で募金活動を続けたものの心臓が持たず大磯で療養生活を余儀なくされる。八重にはこの事を知らせるなと告げていた襄だったが、八重は襄の弱弱しい文字を見てその状況を案じていた。そして覚馬から襄の容態を聞いた八重は大磯に向かい、そこで襄の最期を看取ったのだった。そして八重は覚馬から日本赤十字社篤志看護婦人会の活動に参加するように東京へ向かい八重は新たな道を歩む事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第47話は同志社大学設立の為に奔走する襄だったが心臓病を患い体調が思わしくない日々だった。そんな中資金集めのために襄は無理な体を押して動こうとする。しかし八重は制止しようとするも襄を止める事ができない。そんな中で東京で大隈邸で同志社大学のための募金集会が開かれ、襄はそこで多くの募金を集める事に成功した。しかしこの無理がたたり襄の体調はさらに悪化し、主治医から余命が長くない事を告げられる。それを黙っていた八重だったが襄は正直に話すよう告げられると八重は正直に話し、残された時間を襄は必死に生きる事を決意したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第46話はみねに待望の第1子が誕生するも産後の肥立ちが悪くその直後亡くなってしまい山本家に暗い影を落とす。一方時栄を追い出した事で八重と久栄の間に確執が生まれていた。そんな中久栄は徳富猪一郎の弟・健次郎と交際し学内で時栄の娘という陰口を叩かれる。それを知った八重はこの交際について問うと久栄は交際していると宣言し、それを八重が咎めるもレ・ミゼラブルを読むように久栄に言われてしまう。そんな中八重は襄と函館を訪れそこでユキと20年ぶりの再会を果たす。そこでユキから今の悩みを話すと八重らしくないと言われ八重はかつても自分を重ねる事にした。そして再び同志社に戻ると健次郎が久栄と共に東京へ行くという事を知り2人を止めようとするが健次郎の決意は固く、その決意を受け止め挨拶してから行くように呼び戻すも、その数日後久栄を残して健次郎は東京へ旅立ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第45話は八重は襄が留守の間に同志社女学校の運営を懸命に切り盛りするも外国人教師が引き上げるなど一時廃校の危機に直面する。しかしここは結束して何とか廃校は回避されるも、今度は時栄が青木との不倫疑惑が持ち上がり、一度は時栄は否定するも事の重大さを感じ覚馬は青木が大阪に遠ざける。一方帰国した襄は外国から5万ドルの寄付を取り付けた事を報告する。しかしその直後時栄の元に青木が再び現れ、その姿を目撃された事で噂が広まり同志社でもその影響を大きく受ける危機に直面する。そして八重はその事について時栄に問い質すと時栄は覚馬の心の中にうらがいる事に触れて洗礼を受けても心は洗われないと語ると八重は時栄に出て行ってほしいと強い口調で問い正すと覚馬は商工会議所を辞職してきた事を聞かされた時栄は覚馬に離縁を申し出て山本家を出るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第44話は八重は襄が体調不良で気が気でなく、襄も同志社大学設立へ向けて渡航して欧州、アメリカで資金集めに奔走する。そんな中襄がスイスで倒れ、遺書を書くまで状態が追い込まれたものの何とか一命を取りとめた。一方政府は清、朝鮮に対抗するために徴兵制度の拡張を決めて、これまで学校にも範囲を拡張し、私立は対象から外された。一方留守中に八重は生徒と教師間の問題で口論となるが佐久が辞任する事で事態を収拾した。そして山本家に青森から青木栄二郎という書生が住み込みで勉強するようになると時栄に栄二郎に好意を寄せるようになり次の暗雲が漂い始めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第42話は襄と八重はみねと伊勢と共に会津へ伝道旅行をする事になった。その会津についた八重たちは全く昔と違う城下町にただただ驚くだけだった。そんな中で八重はかつて山本家があったところへ行くとそこには角場の跡が確実に残っていた。八重はここで鉄砲を覚えた事や会津戦争で戦った事を思い出しながら当時を懐かしむ。そして会津でうらと再会した八重とみねはそこでみねが伊勢と結婚した事を報告しうらは嬉し涙を流した。そしてうらはみねに幸せに暮らせと言って会津に残る事を告げる。その頃山川家では捨松が日本に帰国したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第41話は板垣退助たちの自由民権運動が活発になる中で京都府会は槇村が強引に増税しようとし、それに府会は反発していた。そして覚馬はこの横暴を止めるべく覚馬は刺し違い覚悟で新聞社を利用して論調を広げて槇村を追い込んで行った。そして槇村は覚馬の仕掛けた策略に敗北し自らも京都知事を降りるのだった。一方山本家ではみねが伊勢時雄から結婚を申し込まれてみねは揺れるが、八重のうらの気持ちを代弁しみねを説得してみねは伊勢時雄と結婚し今治へ嫁いで行ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第40話は同志社英学校が創設されて4年になった襄だったが外務省から廃校を命じる文章が届き襄は政府を説得して何とか存続させる事ができたものの以前厳しい運営が強いられていた。そんな襄に対して教師と生徒が不満を抱いていた。そんな中覚馬は府議会選挙で初代議長に選ばれ新た強い一歩を歩み出す。一方八重はそんな襄の現状を危惧し襄の額にできた傷は刀傷だと嘘を言ってしまう。それに学生たちは襄の弱腰に授業をボイコットに出るが、襄は説明不足である事を謝罪すると自らの手を打ち始め襄の行為に生徒たちは襄の覚悟を悟るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第39話は八重と襄は念願の女子教育の場となる同志社女学校が誕生したものの土地がなく運営が思うようにいかない日々が続いた。しかもその中に薩摩出身の女学生リツが八重が会津出身と知ると態度を一変させる。その頃覚馬は同志社女学校の土地を手にするために顧問の職を辞して同志社に専念する事にする。その頃八重はリツが八重が会津で銃を持って戦っていた事を知り、父はその女に殺されたと言われ八重は土下座をして謝るがその直後リツは結核で倒れる。そしてリツの看病を八重がするがリツは八重が作った食事に一切手を付けない事に八重が憎いなら食べて報復する位じゃなければならない。生きなければならないと強く言った事でリツもようやく八重も辛い気持ちの中戦っていた事を知る。そして八重はリツの看病を続けるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第38話は西郷は士族たちの不平を止める事ができず挙兵し西南戦争が勃発する。それを止めるために西郷の従兄弟である大山巌が佐川官兵衛や藤田五郎らを率いて激戦地となった田原坂で激突する。そこで佐川官兵衛が先陣を切って突破口を開くも銃弾に倒れて命を落とした。しかし佐川の突破で西郷軍を打ち破った政府軍はその後西郷軍を追い詰めて薩摩の城山で西郷を自害に追い込んで西南戦争は完結した。士族たちの不満を全て受け入れた西郷に覚馬はこの道しかなかったのか嘆くシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第37話は結婚した襄と八重は創設した同志社英学校の運営に奔走していた。開校したばかりで教師の数も足りず授業の進行に支障が生じていた。そんな中で襄の元に熊本洋学校で授業を受けていた生徒たちが洗礼を受けた事により迫害を受けて洋学校は廃校となってしまう。最初こそ受け入れに迷った襄だったが襄の元を訪れた生徒に心を打たれ受け入れるも受け入れた生徒たちのレベルが高くそれまでの生徒たちがついていけないなどで生徒が辞めていく。そして襄もまた熊本の生徒たちが求めるレベルになく、襄もまた苦悩する。そして熊本の生徒たちが要望書を襄に提出し上の校長解任を求めるが、襄は誰も辞めさせる学校ではなく、人を育てる学校を作っていく。誰かを切り捨てる学校にはしないと襄が訴えると、八重もまた良い所は良い!その中で変える所は変えていけばいいと語り八重は生徒たちに奇行の目で見られながらもそれを受け入れる器量の大きさを見せたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第36話は八重は槇村の指示により女紅場から解雇を通告される。納得いかない八重は抗議するが槇村は八重にキリスト教の男と結婚する事で快く思わない者たちが多くこれ以上雇えないと告げられる。これ以上雇用を継続されたければキリスト教には入信しない事を宣言しろと言われる。この件では覚馬も関わることができず八重自らが1人で考える事にした。そして八重は期限当日に襄の行く先を信じると宣言して女紅場を去る決意を生徒たちに告げる。一方襄もまた学校設立に向けて奔走し授業に聖書に英語で記載されている教えをこれからのやり方の中に取り入れる事で授業に取り入れる事で学校設立を認めさせて覚馬は西洋の教えはキリスト教が含まれる事を説き伏せた。そして八重は襄と日本初のキリスト系の結婚式を上げたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第35話は襄から求婚を申し込まれた八重だったが突然の求婚に戸惑いを見せいてた。一方襄は学校設立のために奔走するも京都では仏教の街ゆえになかなか理解されない。そんな中で八重は尚之助が死去した事を告げられる。そんな中で襄は八重を連れ出して以前弟三郎が戦死した場所に連れて行きそこでこの場所を見つめる事も大切だと告げる。そして八重は再度襄の求婚を受け入れたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第34話をは1875年に新島襄がアメリカから帰国し日本で学校を設立するために覚馬と槇村の元を訪れた。そこで襄は京都で学校の設立をお願いすると覚馬と槇村が了承し手続きに入る。その頃襄は八重と初対面し逆境に屈しない八重の姿に驚きこれから共に歩んでいくには欠かせない人だと悟った襄は八重に求婚をするシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第33話は八重が1年で英語を習得し先生として生徒たちに教えていた。しかし生徒数が増えた事により授業料の資金が必要となり八重は槇村正直に資金の支援を申し出る。粘り強い交渉で八重は資金を獲得したがそれから間もなく槇村正直は業務妨害の容疑で東京に連行されてしまう。それを知った覚馬は八重と共に東京へ向かい槇村正直の釈放を木戸に頼むが聞き入れられなかった。しかし時を同じくして政府内で征韓問題で対立し分裂してしまうのだった。そんな中八重は東京で尚之助と再会を果たすもそこにいた尚之助は以前の尚之助ではなかった。八重は尚之助からこれから未来を生きる人だと説かれ八重は尚之助との最後の別れをするシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第32話は京都で覚馬の家で暮らす事になった八重たちだったが時栄が家を仕切っている事に戸惑いを感じながら生活が始まったがみねはうらと別れた事とまだ子供である事もありその現実を受け入れられなかった。八重もまた覚馬がここで長州、薩摩と対話している事に戸惑いを隠せない。さらに覚馬からこれからは学問だと本を多数渡され勉強し始める。そして八重はそこで西郷と対面し1つ違えば立場は変わっていたと述べられるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「真夏の方程式」はガリレオシリーズの劇場版第2弾で今回は湯川がレアメタルなどの採掘に関する説明会に出席した先で事件に遭遇しその事件の謎を追う事になるが、追った先に過去の事件の事を知りそしてその事件の真相を知っていくストーリーである。容疑者Xの献身の時も終盤で圧巻させられたがこの事件もまた事件の真相を知る事により考えさせられ本当に守るべきは何だったのか?という方程式の答えに辿り着けないかもしれない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第7話は京都守護職に赴任する覚馬を八重と尚之助たちが送った。京に到着した容保たちは早速孝明天皇に謁見しそこで容保は孝明天皇から自らの御衣を特別に授けるという幕府史上前例のない事を受ける。京に上洛した慶喜、春嶽は京都の今後の体制について話し合い、容保はまず対話から入ると言い出した。しかし対話は会津藩の内通者により裏切られ、容保はより強固な警備を行う事を決意したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第6話は八重は幼馴染の二葉と共にナギガタの稽古に励んできた。その頃江戸では井伊直弼暗殺により攘夷派の勢いが増すばかりだった。そこで幕府は京都守護職に会津藩を当てる事にした。最初は容保も断り続けたが、保科正之の教えを突きつけられた容保はその教え通り京都守護職を受け入れ家臣たちはその決断にただ従うしかなかったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第5話はうらに子供が身ごもった矢先に覚馬が攘夷派に襲われ、そこでうらが浪士に飛ばされ流産してしまう事件が発生した。その頃江戸では吉田松陰が安政の大獄により処刑される。一方そんな中勝はアメリカへの特使としてアメリカへ渡っていた。そんな中で1860年3月3日に大老井伊直弼が水戸藩を脱藩した浪士に暗殺される事件が起きた。これに容保は至急江戸へ向かい水戸藩の処遇を巡って議論が交わされる中で容保は内乱は慎むべきと意見し水戸藩討伐が回避されるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第4話は禁足されていた覚馬は頼母の計らいで容保に働きかけて禁足を解かれ砲術指南役として会津を改革してほしいという命が下り、尚之助の教授方就任も認められた。一方これと並行して覚馬はうらをめとる事となった。しかしうらは八重とあまり話が合わず八重は困惑する。一方幕府は井伊直弼の判断で日米修好通商条約を締結を結び、14代将軍も家茂になり斉昭らは失脚した。一方会津藩もまた容保中心に井伊直弼の安政の大獄に巻き込まれていくシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第3話は八重は裁縫よりも砲術本を読む事に夢中になっていた。そんな中若い武士が通りかかり本を拾い上げる。その人こそ後に夫となる尚之助だった。尚之助は藩にお暇を貰い会津まで来たのだった。しかし会津では今だに昔ながらも弓、槍、刀で戦する事しか考えられず覚馬の意見が通らない。そんな覚馬は藩から禁足を命じられてしまう。そんな中で八重は自ら見様見真似に実弾を作り、銃を試発砲して見事的を射抜くシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第2話は八重は砲術を学びたいと権八に申し出るも認めてもらえない。その頃覚馬は下田と函館に開港した黒船の事で頭が一杯だった。しかしその後黒船には寅次郎の密航が発覚した事で象山塾は解散し勝のところへお世話になる。その頃八重は権八から鉄砲とは人を殺す事だという現実を見せつけられるのだった。そして3年後覚馬は会津に戻り成長して男顔負けの力持ちになった八重に驚き、さらに独学で学んだ砲術の事を熟知している事に驚き覚馬は八重に砲術をやる覚悟を問うと八重は迷わず砲術をやる覚悟を決めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」は会津藩で生まれた山本八重(のちの新島八重)の生涯を描いた作品で時代は黒船来航で開国する事になった日本が江戸幕府から明治維新へと移り変わっていく激動の時代を生きた八重の生き様を描いていくストーリーである。ならぬことはならぬ!という会津藩の教えを受けつつも、時代の流れを感じてその流れを受け入れ、これまで戦場に活躍の場がなかった女性にとって活躍する場を作っていく時代の流れを受け入れていく姿にも注目したい。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「うさぎドロップ」は宇仁田ゆみ原作の「うさぎドロップ」を映画化した作品で祖父の葬式で隠し子がいる事が発覚し、その処遇を巡って親族会議が行われ、自ら引き取る事になった青年と女の子が家族として暮らしていく姿を描いたストーリーである。祖父の隠し子というのも凄い事だが、その子供を青年が育てる事になった事で1人の子供を育てる難しさを知っていく事になるが、その中で家族の愛情も生まれていく。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「コクリコ坂から」は「なかよし」にて1980年1月号から同年8月号まで連載された作品で、舞台は1963年の横浜を舞台にある少女が毎朝、海に向かって、信号旗を上げている。その信号旗を毎日見ていた青年とが出会い、新しいものへ移り変わろうとしている時代に文化的な建物を守ろうと学生たちが運動を起こし、それに関わっていく事で2人の関係とその両親の真実を知っていくストーリーである。時代は何時も流れていくけれど、どの時代に必ず残さなければならない事があるし、そして世代を超えて伝えなければならない事があるのだという事を知るだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
映画「八日目の蝉」は角田光代原作の「八日目の蝉」を映画化した作品で、生まれたばかりの頃から4歳まで誘拐犯に育てられた娘が大学生となり、その事件と向き合いながら自身も誘拐犯と同じ境遇に直面する事で誘拐犯の真実を知ろうとするストーリーである。誘拐犯の誘拐はもちろん許される事ではないが、そこに至るまでの経緯、並びに誘拐後に子供を育てる姿には本当に誘拐犯が望んでいた事、そしてその子供はその愛を確り受け止める事を知るにつれ本当の母親以上の愛情と本当に愛された真実を知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ