オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:青木崇高

5
11月30日公開の映画「かぞくいろ−RAILWAYS わたしたちの出発ー」を観賞した。 この映画は夫を亡くした事で連れ子と共に夫の故郷の鹿児島に住む事になった女性が夫の息子の為に電車の運転手になり家族の再生をしていくストーリーである。 見ず知らずの土地で全く異なる電車 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
4日大河ドラマ「西郷どん」第41話を視聴した。 今回は欧米諸国の事情と不平等条約の見直しを踏まえて岩倉使節団の欧米視察が決まった。その間の留守を隆盛に利通は託したが、その間に様々な難題が隆盛を襲い、山縣の汚職により陸軍大将を解任などになり、その間に明治天皇の ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
28日大河ドラマ「西郷どん」第40話を視聴した。 今回は大久保の説得で上京する事になった隆盛は新政府が進める廃藩置県の断行で折り合いがつかずにいた。そんな中で隆盛は政府直属も兵を抱える事で廃藩置県を断行しようとした。 しかし土佐などの旧藩が反発して纏まらない ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
5日大河ドラマ「西郷どん」第29話を視聴した。 今回は薩摩に戻った吉之助が嫁がいない事を騒ぎ立てられて嫁候補を探す事になる。そんな中で糸と久しぶりに再会すると糸は既に前夫と離縁しており、周りは糸に吉之助の嫁になってほしいと促す。 そんな中で吉之助は糸に自分の ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
22日大河ドラマ「西郷どん」第27話を視聴した。 今回は吉之助が薩摩の総司令官となった事で薩摩軍は西郷が指揮を執る事になった。しかし京では長州藩が今にも御所を襲おうとしていただけに桂小五郎が吉之助と接触して慶喜に会わせてほしいと頼み込んできた。 頼み込まれた ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
1日大河ドラマ「西郷どん」第25話を視聴した。 今回は野ざらしの牢に入れられて死の直面にいた吉之助を土持政照が救った。座敷牢に移された吉之助は子供たちに学問を教える事で命を繋いでいた。そんな最中海江田ら薩摩藩士が英国人を斬る生麦事件を起こし、英国が薩摩を攻撃 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
24日大河ドラマ「西郷どん」第24話を視聴した。 今回は吉之助は再び島流しとなり、今度は罪人として島送りにされた。久しぶりに再会した愛加那と2人の子供だったがそれもつかの間吉之助は沖永良部島に島送りになったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
17日大河ドラマ「西郷どん」第23話を視聴した。 今回は有馬新七たちを止めるために久光の命に背いて京に言った吉之助は説得には成功したものの、久光の逆鱗に触れて切腹は間逃れたものの、罪人として島送りとなる。一方一蔵は久光を説得するも久光は耳を貸さずにそのまま斉 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
10日大河ドラマ「西郷どん」第22話を視聴した。 今回は吉之助は3年ぶりに薩摩に戻ったが、3年の月日は色々な事を変えた。斉彬と違い各藩とのつながりのない久光には斉彬と同じ上洛計画は無理であると進言し、薩摩しか知らないと批判した。これに久光が激怒しこれ以降吉之助 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
27日大河ドラマ「西郷どん」第20話を視聴した。 今回は吉之助が奄美大島にいる間に薩摩では正助が時を待っていた。そんな中で薩摩では実権を握っていた斉興が亡くなり、久光が国父となり実権を握った事で薩摩は変わろうとしていたが井伊直弼が健在のうちは動けなかった。し ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
18日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」最終話を視聴した。 今回は死刑囚となった人が再審請求の依頼にきた。8年前に妻を殺害した罪で建造物放火及び殺人罪で死刑判決を受けていたのだが、息子は両親とは仲が良く父が母を殺す訳がないという事で深山と尾崎は自分たち ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
4日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」第7話を視聴した。 今回は佐田が顧問弁護をしていた社長が失踪した事で検察庁に呼び出されて逮捕されるという事態が起きた。佐田は当然心当たりがなく深山が調べ始めるが、社長が失踪した経緯が不透明のままだった。調査を重ね ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
25日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」第6話を視聴した。 今回は尾崎の弟が逮捕された事で尾崎はかつて弟を助けられなかった自責の念と再び向き合う事になった。事件は尾崎の弟がやっていない事を立証するために様々な検証をしていくうちに尾崎がかつて関わったある ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
4日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」第4話を視聴した。 今回は刑事事件の相談に来た女性が夫は殺人をやっていないと主張して深山がこの事件を最初から検証し始める。佐田はこの案件には乗り気でなかったが深山のペースに乗ってしまいまたも民事で失態を犯してしま ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
28日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」第3話を視聴した。 今回は人気ロック歌手があるジャーナリストの殺人容疑とその目撃者の殺人未遂容疑で逮捕された。当初は佐田が弁護を担当したが大失態により事態が悪化してこの仕事は深山に回ってきた。 深山はこの事件は目 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
21日ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」第2話を視聴した。 今回は深山の父が逮捕された事件証拠から手掛かりが見つかり再び26年前の事件と向き合う。当初この事件は物的証拠が乏しく検証は難航したが、あるお守りから手掛かりを探り出した。そしてわかったのは当時送 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
1月14日スタートのドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONⅡ」を視聴した。 このドラマは2016年4月に放送された99.9-刑事専門弁護士-の続編であり、99.9%有罪とされた事件に深山大翔が挑んでいくストーリーである。新たなるパートナーと共に再び99.9%の事件に深山大翔は挑む ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第9話は悦子はLassyの校閲の人員不足により校閲を手伝う事となり張り切る。しかしファッション誌と雑誌というこれまでの校閲と違い丁寧に読み解く時間が少なく、これまでのやってきた事が通用せず壁にぶち当たる。決定的ミスをしてしまい落ち込む悦子だったが、幸人がこれまで悦子に励まされてきた事を伝えようと幸人が裏方の事についていろいろ調べていた事を悦子に伝えて悦子は自信を取り戻してLassyの校閲を完成させたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第8話は茸原部長は悦子に恋愛小説家の校閲を任せる。悦子は恋愛小説家は厳しい人なのでいつも以上に仕事をしてほしいと注文する。その言葉通り恋愛小説家は悦子にダメ出ししてくる。校閲を大幅に見直す事になった悦子は恋愛小説家と接触して次第に理解しようとするが、その先に恋愛小説家が病気で入院してしまう。それでも悦子は小説の内容を知りたいという事で話を聞こうと病室に向かい、そこで小説に命を懸けている姿を観た事で悦子は小説に命を込められている事を知ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第7話は本郷先生の最新作を校閲する事になった悦子だったが、その帰り際に幸人とバッタリ会ってしまうも何か空気が違う。楽しく校閲している悦子だったが、実は本郷先生と幸人は3歳の時に離れ離れになった親子だった事を知る。貝塚に本郷先生と幸人とは確執があると聞かされた悦子はストレートに聞き出そうとできない。しかし最新作で書かれている内容はどうしても幸人じゃないとわからない事があり幸人本人に直接聞き出そうとすると幸人は少し間を置いて経緯を話だし特に確執がないと語り本郷先生と幸人は打ち解けたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第6話は幸人と登代子が同居していると知った悦子は状況を確りしようと冷静になろうとするが理解し切れずに動揺し続けていた。そんな中で子供向けの新雑誌が創刊される事となり、その中に有名作家の小説を掲載しようとするが、子供には難しい表現が多く、この表現をどうしようか悪戦苦闘していた。そんな中有名作家は掲載を取り下げた事で記事に空きができてしまうが、そんな中でかつて作家志望の男と再会した貝塚はその男に子供向けの雑誌に掲載しないかと持ち掛けて掲載する事になり3日かかるところを1日で仕上げようと校閲部が徹夜で作業に取り掛かり見事に完成させた。その朝に悦子は幸人から告白を受けるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第5話は人気スタイリストの校閲をする事になった悦子はそのエッセイの校閲に張り切っていた。しかし実際にそのスタイリストに会ってみると無駄を嫌うほど傲慢な人だった。登代子が人気スタイリストに外れてと言われて落ち込んでいた。悦子は人気スタイリストの実際に感じた事を調べるが無駄な作業という捉え方をされてしまう。しかしその無駄な作業を作業場を訪れた人気スタイリストが悦子たちの無駄な作業があるから間違いが起こらないという事を知り、無駄な作業はないと悦子は認めさせた。しかし悦子はその直後幸人と登代子が同棲している事を知ってしまうシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第4話は週刊誌の記者と接点を持つ事になった悦子は週刊誌の記者のドブネズミ以下の仕事に怒りを覚えていた。そんな中校閲した人気女優の自伝を手掛けていた悦子だったが、その女優が隠し子のスキャンダルで記者会見を開く事となり自伝も出版中止の可能性もあった。そんな中で悦子は観ていられず記者会見場に駆け付けるがそこで週刊誌の記者と対立する。そんな中始まった記者会見は週刊誌記者のえげつない質問で女優は倒れてしまいそこに現れた悦子の行動で視聴者が女優を擁護する書き込みで溢れて悦子は女優を救った。そして無事自伝は出版されたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第3話はファッションショーで幸人と再会した悦子は彼が作家の是永是之だと知り驚く。そんな中悦子は米岡が担当していた人気作家・四条真理恵の小説の校閲をする事になった。この交代には好きな作家は校閲してはならないというルールがありそれに従ったのだった。そんな悦子に四条から会いたいと言われて会う事になる。そしてその時に悦子が校閲していないメモが残されている事を知り、その犯人が藤岩だった事が判明する。実は藤岩も四条の小説のファンである事を隠していた。それを知った悦子は四条にその事を伝えると藤岩に校閲をお願いする事になり、当初は断ったが周りに押されて校閲する事になった。そしてその校閲で四条は賞を受賞する事になり喜ばれるのだった。その後悦子は幸人から小説の感想を聞かれて詰まらないと答えたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第2話は人気ブロガーの出版を校閲する事になった悦子は節約術ブログの著者と意気投合するほど熱の入れようだった。しかし悦子は張り切る中で校閲ではしてはならない表紙で脱字を起こしてしまい悦子は5千冊に及ぶシール貼をする事になった。責任を痛感した悦子だったが校閲部の全員がミスをした経験があり、そのミスで多くの人を大変にしてしまう事で悦子は身をもって痛感した。そして発表の日に悦子は先頭に立って謝罪するも作者もまたブログで誤字脱字だらけを校閲する姿に誤字も自分らしいと話悦子は救われたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」はファッション誌の編集をしたくて同じ出版社に7回入社試験を受けた河野悦子が7回目で合格したものの、配属された先が校閲部という誤字脱字を校正する部署に配属され校閲の面白さに目覚めていくストーリーである。 校閲する人がいるから色々な文章も読みやすくなっている事を知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」最終話は深山は連続殺人事件の容疑で逮捕された被告の弁護を担当することになった。逮捕された被告は無実を訴えるが、髪の毛が現場で見つかっておりまずアリバイを崩さなければならなかった。そんな中深山は偶然見つけた2つの殺人事件の内容が今回の内容と瓜二つである事に着目してそちらの詳細も調べ始める。そんな中で深山はこの事件の共通点が5年前に同じ病室で一緒だったという共通点が確認された。そしてその病院に被告も3か月前に人間ドックを受けていた事も判明し、そこから調べていくと当時主治医を務めていた人物がセクハラをしていた事が生き残った1人によって判明し、そして深山らは当時の主治医を問い詰めて事件は冤罪である事が確定したが、深山はこの事件が検察の冤罪行為である事を最後まで追求していく意思を示したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」第9話は深山らは資産家会長の殺人事件の弁護を担当する事になった。連絡を受けた深山、佐田、立花は現場に駆けつけると既に会長は死んでおり、殺害したのは介護していた3男の妻だった。残る6人のうち5人は自宅にいたがまずそれぞれの事情聴取を取る事にした。事情聴取したものの、全員が凶器とされたネクタイの色を普通ならオレンジ色というところを朱色という不自然な供述をした。そして更にワインの跡が残っていなかった事を不審に思う。そんな中調査をすると佐田は会合に出席したという会で長男が途中で抜け出していた事を確認すると、長男の犯行が明らかとなり、3男の妻は無実が証明されたものの、一族全員が罪を被った事になり全員に相続権を失う事になろうとしたが、3男の妻は妊娠しており、まさかの計画的犯行という事態が明らかになってしまったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」第8話は突然深山が逮捕されてしまった。経緯もわからずおどおどする立花たちだったが、当然深山の弁護を佐田と立花でする事になる。事件の詳細は深山が会っていた相手が突然倒れて亡くなった事による殺人容疑だった。深山はその時かけたドレッシングに毒物が入っていたからという証拠だった。その証拠は不確定要素が多く、佐田と立花は深山の指示を受けながら経緯を辿ると深山の父親が殺人容疑で有罪判決を受けて控訴中に亡くなった過去を知る。その過去が引き金になっている事は明らかだった。そしてその筋から調べると深山がかつて扱った事件の相手が有罪判決を受けており、その判決による恨みによる事件という筋があったが、そこでその筋を辿ると現場にいた男との接点がわかり、佐田と立花が聴取すると犯行を認めて法廷に証言する事を約束する。そして法廷で深山は自らの主張で矛盾を話し、その上で証人が現れ、承認がこの事件の経緯を話した事で深山の無罪が確定したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」第7話は完全犯罪で殺害した副社長だったが、その事件で逮捕されたのは同社専務取締役だった。当初は容疑者である専務の弁護人となり、専務がまったく見に覚えがないという証言からこの事件を検証する深山たちは副社長の証言に違和感を感じていた。そして色々調べていくと凶器となった花瓶を再度検証すると花瓶にはある仕掛けがされている事が判明し、裁判でその証拠を突き出した事で専務の無実が証明され副社長は逮捕されたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ