27日2011プロ野球ドラフト会議が行われ、注目の大学BIG3と言われた菅野智之投手は巨人と北海道日本ハムの指名の末北海道日本ハムが交渉権を獲得した。藤岡貴裕投手は千葉ロッテ、横浜、東北楽天が指名し千葉ロッテが交渉権を獲得した。野村祐輔投手は広島の単独指名となった。その他通算71本塁打の高校NO1スラッガー・高橋周平内野手にはオリックス、東京ヤクルト、中日の3球団が指名したが中日が交渉権を獲得した。その他菅野投手を外した巨人は松本竜也投手を横浜との競合の末に獲得し、24日の都市対抗野球で史上2人目の完全試合を達成した森内寿春投手は北海道日本ハムに指名された。北海道日本ハムはドラフト7位で早大ソフトボール部の大嶋匠捕手を指名するというサプライズがあった。これでドラフト会議が終了しここから来年の開幕ベンチ入りを目指した戦いが始まる。 ... もっと読む