オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:降谷建志

3
大河ドラマ「八重の桜」第35話は襄から求婚を申し込まれた八重だったが突然の求婚に戸惑いを見せいてた。一方襄は学校設立のために奔走するも京都では仏教の街ゆえになかなか理解されない。そんな中で八重は尚之助が死去した事を告げられる。そんな中で襄は八重を連れ出して以前弟三郎が戦死した場所に連れて行きそこでこの場所を見つめる事も大切だと告げる。そして八重は再度襄の求婚を受け入れたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第31話は八重のもとに尚之助から離縁状が届くもそれは八重にとって突然すぎる事だった。当時の斗南藩は貧困をあえいでおり尚之助は米を調達しようとしていたが上手くいかず米を調達できず逆に訴訟を起こされていた。事情を知らない八重は身勝手だと思うのだった。一方その頃新政府は食糧難で資金に困りその打開策として廃藩置県を実行して藩は無くなり県として再出発しこれにより武士は大半が失業する事になった。 一方その頃覚馬の使いが突然八重たちのもとを訪れ覚馬が生きているという事を告げられた。死んだものと思っていた八重たちは喜ぶもそれと同時に八重たちは覚馬に内縁の妻と娘がいる事も知らされショックを受ける。これに激怒した八重は内縁の妻と娘と別れるように文を書こうとするが佐久がそれでも覚馬の子だと八重を制止した。しかしうらはこれに同意できずうらは覚馬と離縁し1人会津へ向かいみねを八重に託した。そして八重は京都で覚馬と9年ぶりの再会を果たすシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第10話は八重は時尾と最後のナギガタ稽古に励んできた。その中で八重に縁談が持ち込まれるも結局破談となり八重に縁が無い。しかし尚之助と共に新式洋銃を開発する事で次第に2人の距離が縮まっていく。一方京都では長州藩が都に火を放つという情報を入手した容保は速やかに各藩に対して動くように命じたが、それより早く新選組が池田屋に切り込み長州藩の藩士を切り殺してしまった。これにより会津は長州から敵とされ京都は戦になろうとしていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第9話は今日との警備に当たる秋月と覚馬に薩摩からの密使が送り込まれた。会津は薩摩と組んで長州を都から排除する企てを持ちかけられた。一方で八重は照姫の右筆選びの有力候補になるも時尾が選ばれる。一方京都では会津が朝廷の勅書により三条実美らを排除するように命じられた容保は京都御所に入り長州と三条実美の排除に成功し会津は京都の警備に新選組という名を与えるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「八重の桜」第8話は薙刀の稽古に励む八重と時尾だったが、時尾は二葉の弟の大蔵の結婚が決まった事にショックを受けるも八重は鈍感でその気持ちに気づけない。しかし八重は自分が何時誰と結婚する事ができるのか?という事を話して時尾を励ました。その頃京では後に新撰組となる壬生浪士組たちを雇い京の警護を強化する。しかしこの動きに朝廷は攘夷の動きがない幕府に対して攘夷を促すために容保に対して偽の勅書を容保に送るがこれを良しとしなかった孝明天皇が自らの勅書で容保に京都守護職を続けるように促され京都からの移動をせずに止まった。その直後頼母が京都守護職を辞退するように説得されるが容保は幕府への忠義を貫き頼母を家老から職を解き謹慎処分にしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ