オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:阿部慎之助

5
26日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、7対3で巨人が初回に阿部捕手の凱旋復帰祝いの3ランで勝負を決めて快勝した。試合は巨人先発内海投手、横浜先発吉見投手の投げあいで始まり、初回に巨人が4番ラミレスの2点タイムリーで先制すると6番阿部捕手の3ランなどで一挙6点を先制する。しかし横浜は4回に5番吉村選手の2点タイムリー、5回には4番村田選手のタイムリーで追い上げたが、巨人は先発内海投手が5回を3失点で抑え、その後2番手越智投手、3番手山口投手、4番手豊田投手、最後は抑えのクルーンが抑え勝利した。これで巨人は2連勝で最下位横浜相手に阪神を追撃する3連戦としたいところだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
3日東京ドームで巨人対東京ヤクルト戦が行われ、5対1で巨人がグライシンガーの復活投球と小刻みに得点を重ね勝利した。試合は巨人先発グライシンガー、東京ヤクルト先発加藤投手の投げあいで始まり、初回に5番谷選手の内野ゴロで1点を先制すると、5回に3番小笠原選手のホームランで追加点を上げて、6回に6番阿部捕手、8番坂本選手のタイムリーで2点を追加した。8回に1番由伸選手の2ランで止めを刺した巨人は交流戦後初の勝ち越しに成功した。これで巨人は貯金2に増やして敵地名古屋、大阪へと乗り込む。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
27日広島市民球場で広島対巨人戦が行われ、6対1で広島が20歳の前田健投手の好投で巨人打線を抑え、巨人は貯金0となった。試合は広島先発前田健投手、巨人先発グライシンガーの投げあいで始まり、2回に広島が6番シーボルのタイムリーで1点を先制すると、3回には4番栗原選手の3ランで主導権を握った。投げては先発前田健投手が巨人打線を阿部捕手のホームランの1点の3安打に抑えて巨人は成す術なく敗れた。これで巨人は再び貯金を失った。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
28日東京ドームで巨人対東北楽天戦が行われ、6対1で巨人が内海投手の今季初完投で勝利し5割復帰を果たした。試合は巨人先発内海投手、東北楽天先発長谷部投手の投げあいで始まり、2回に楽天が6番中島選手のホームランで先制するが、その裏巨人は6番谷選手の2ランで逆転すると、3回には5番阿部捕手の3ランでリードを広げる。その後内海投手が調子を上げて楽天打線に付け入る隙を与えず、6回に1点を追加した巨人がそのまま逃げ切り、内海投手は今季初完投勝利を上げた。これで巨人は今季初の5割復帰を果たし次は貯金を目指す。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
20日千葉マリンスタジアムで千葉ロッテ対巨人戦が行われ、11対12で巨人がノーガードの打ち合いを制して交流戦初戦を制した。試合は千葉ロッテ先発唐川投手、巨人先発尚成投手の投げあいで始まり、2回に両チーム2点ずつ取り合ったあとの3回に千葉ロッテが一挙6点を奪い尚成投手をKOして試合を優位に進めるが、巨人も4,5回に4点を奪い反撃すると、7回に同点に追いつくが、その裏千葉ロッテが2点を奪って再リードするが、8回に巨人が4番ラミレスの3ランなどで逆転し最後は抑えのクルーンが1点を失ったものの逃げ切り壮絶な打ち合いを制した。これで巨人は交流戦幸先の良いスタートを切った。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
17日東京ドームで巨人対広島戦が行われ、延長10回5対8で広島が土壇場でクルーンを攻略し延長戦で勝ち越した。試合は巨人先発グライシンガー、広島先発篠田投手の投げあいで始まり、3回に広島が3番アレックスの2塁ゴロをセカンドゴンザレスが悪送球して先制を許す。しかし巨人も4回に5番阿部捕手の2ランで逆転に成功するが、5回に8番倉捕手のホームランで同点に追いつき、6回に6番シーボルの2ランで勝ち越した。しかし巨人もその裏6番ゴンザレスの犠牲フライ、7番谷選手のタイムリーで同点に追いつき、7回には5番阿部捕手のタイムリーで勝ち越した。しかし土壇場9回に抑えのクルーンが捕まり、2番東出選手に痛恨のタイムリーを打たれ同点に追いつかれる。延長戦になり広島が4番栗原選手の2ランなどで3点を上げて勝負あった。これで巨人は週間負け越しが決まり、借金生活に定着寸前で交流戦を迎えることになった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
15日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行われ、2対3で巨人が8回に4番ラミレス、5番阿部捕手のタイムリーで逆転に成功し同一カード3連敗を阻止した。試合は横浜先発三浦投手、巨人先発内海投手の投げあいで始まり、初回に巨人が3番小笠原選手のタイムリー2ベースで1点を先制するが、横浜は3回に4番村田選手bのタイムリーで同点に追いつくと、6回にはまたも4番村田選手のホームランで勝ち越しに成功する。このまま逃げ切ると思われた8回に巨人は2死1,2塁から4番ラミレスのタイムリーで同点にすると、5番阿部捕手のタイムリーで逆転に成功し、最後は抑えのクルーンが抑え3タテを阻止した。これで巨人は交流戦前の借金返済に望みを繋いだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
14日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行われ、5対2で横浜が仁志選手の連日の逆襲撃に屈して再び借金生活へまっしぐらとなった。試合は横浜先発那須野投手、巨人先発金刃投手の投げあいで始まり、2回に巨人が6番谷選手のタイムリー2ベースで1点を先制するが、その裏横浜が2死満塁から2番仁志選手に走者一掃のタイムリー2ベースで逆転されると、この回5点を献上し金刃投手をKOした。その後巨人は横浜が繰り出す4投手を攻略できず、最終回に途中出場の阿部捕手がホームランを打つが時既に遅く連敗し借金3へ逆戻りした。これで巨人は2試合連続仁志選手の逆襲に遭い放出選手の逆襲劇が伝統になろうとしている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
3日神宮球場で東京ヤクルト対巨人戦が行われ、0対5で巨人がノーヒットノーラン寸前の9回に打線が爆発し9連戦の初戦を取った。試合は東京ヤクルト先発村中投手、巨人先発内海投手の投げあいで始まり、序盤から中盤まで殆ど両チームチャンスがなく、7回に巨人は内海投手が交代する。巨人は8回まで村中投手に対してヒット1本も打てず、無得点ながら9回を迎えるが、9回に1番亀井選手の2塁打でノーヒットを回避すると、2アウト1,2塁で代打大道選手の2点タイムリー2ベースで勝ち越しに成功すると、6番阿部捕手の3ランホームランで試合を決めた。投げては中継ぎの山口、西村、藤田投手が抑えきり9連戦初戦を制した。これで巨人は東京ヤクルト開幕戦の仕返しが始まった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
29日神宮球場で東京ヤクルト対巨人戦が行われ、6対3で東京ヤクルトが14安打を浴びせて巨人に開幕2連勝をした。試合は東京ヤクルト先発村中投手、巨人先発グライシンガーの投げ合いで始まり、巨人が初回に2死満塁から6番阿部捕手の2点タイムリーで先制すると、7番谷選手もタイムリーを放ち3点を先制する。しかし東京ヤクルトも2回に6番宮本選手のタイムリー2ベースで1点を返すと、4回には8番福川捕手のタイムリー3ベースで1点差とし、続く5回にも4番リグスのタイムリーで同点に追いついた。グライシンガーは6回3失点でマウンドを降りた後の7回に2番手西村投手が捕まり、無死満塁から5番ガニエルの2点タイムリーで逆転に成功すると、6番宮本選手にもタイムリーが飛び出し3点のリードを奪った。巨人は2回以降チャンスらしいチャンスを作れず、最後は6番手林昌勇に抑えられ巨人はまさかの開幕2連敗となった。これで巨人は大事な開幕カードで負け越すスタートを切る事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
2日北京五輪予選兼野球アジア選手権、日本対韓国戦が行われ、4対3で日本が接戦を制して北京五輪へ大きく前進した。試合は日本先発成瀬投手、韓国先発田炳浩の投げ合いで始まり、初回に韓国が2番高永民のホームランで先制を許すが、2回に日本が4番新井選手の2ベースから8番サブローのタイムリーで同点に追いつくと、9番森野選手の2塁強襲のエラーを誘い逆転に成功する。成瀬投手は2,3回を無失点に抑え、打線は3回に5番阿部捕手のタイムリーで追加点を上げる。しかし韓国は4回に成瀬投手を捕まえ、4番李宅根のタイムリー2ベースで1点を返されたところで2番手憲伸投手に交代しピンチを脱した。その後両チームとも投手陣が抑え、6回途中から3番手岩瀬投手を投入して逃げ切りの体制に入り、8回には阿部捕手の2ベースから代打井端選手の犠打で3塁に走者を送ると、7番稲葉選手のタイムリーで貴重な追加点を上げた。しかし8回に7番李鍾旭の犠牲フライで1点差とされるが、岩瀬投手が同点を許さず、9回には抑えの上原投手が3者凡退に打ち取り最大の難関韓国に勝利し2連勝とした。これで日本は台湾戦で勝利もしくは2失点以内の敗戦でも失点率で6失点の韓国を下回り北京への切符を手にする。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
3日神宮球場で東京ヤクルト対巨人戦が行われ、2対3で巨人が阿部捕手の2ホームランで逆転勝利を収めた。試合は東京ヤクルト先発藤井投手、巨人先発内海投手の投げ合いで始まり、2回に巨人が5番阿部捕手のホームランで先制するが、東京ヤクルトも4回に3番ラミレスのタイムリー2ベースで同点にすると、6回に2番田中浩選手のタイムリーで勝ち越しに成功する。ここまま東京ヤクルトが逃げ切るかと思われた9回に5番阿部捕手の逆転2ランで試合を引っくり返し最後は守護神上原投手で逃げ切った。これで巨人は連勝を3に伸ばした。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
14日スカイマークスタジアムでオリックス対巨人の試合が行われ、4対10で巨人が阿部捕手の満塁ホームラン含む2ホームラン6打点で快勝した。試合はオリックス先発平野佳投手、巨人先発GGの投げ合いで始まり、初回に巨人が5番阿部捕手の満塁ホームランで先制する。しかしオリックスは4回に4番タフィの2ランで2点差とすると、5回にはエラーから同点に追いつく。しかし巨人は6回に阿部捕手のホームランで勝ち越すと1番由伸選手のタイムリー2ベースで2点を追加した。7回と9回にも追加点を上げた巨人が林、豊田、上原投手のリレーで結局10対4で逃げ切り新外国人GGは来日初勝利となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
10日東京ドームで巨人対北海道日本ハム戦が行われ、2対3で巨人は阿部捕手の負傷退場で選手の駒切れで敗れた。試合は巨人先発木佐貫投手、北海道先発グリンの投げ合いで始まり、北海道が2回に6番坪井選手のタイムリーで先制すると、6回に阿部捕手が左足を負傷して退場し、それが影響してか4番セギノールに2ランを浴びる。7回に巨人は7番二岡選手のタイムリーで1点を返し、9回に7番二岡選手のタイムリー2ベースで1点差とするが、最後は采配ミスで及ばなかった。巨人は阿部捕手負傷で痛い敗戦となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
9日東京ドームで巨人対東北楽天の試合が行われ、12対1で巨人が72代目4番阿部捕手デビューで2ホームランなどで圧勝した。試合は巨人先発内海投手、東北楽天先発松崎投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が72代目4番を襲名した阿部捕手が4番初打席で初ホームランで2点を先制する。3回には2番谷選手の2ランで突き放すと、5回にはまたも4番阿部捕手の3ランで試合をほぼ決めた。7回にも3番小笠原選手のホームランで突き放すと、8回にも3番小笠原選手の満塁ホームランで駄目押しした。投げても先発内海投手が8回1失点で抑えた。巨人は72代目4番の衝撃デビューで圧勝した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
10日阪神甲子園球場で阪神対巨人の試合が行われ、3対2で阪神がJFKで逃げ切り連敗を9で止めた。試合は阪神先発福原投手、巨人先発木佐貫投手の投げ合いで始まり、初回に阪神が4番金本選手の2ランで先制する。巨人も2回に6番阿部捕手のホームランで1点を返すが、5回に1番鳥谷選手のホームランで突き放す。しかし巨人も5回に6番阿部捕手のこの日2本目のホームランで1点差とする。しかしその後阪神は6回途中から久保田投手、7、8回ウイリアムス、9回に抑えの藤川投手で逃げ切った。阪神は連敗を9でストップさせた。巨人は2試合連続JFKを捕らえられなかった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
2日日米野球親善試合巨人対アメリカ(MLB選抜)との試合が行われ、7対7でMLB選抜が土壇場9回に2本のホームランで追い付きやっと引き分けに持ち込む展開を演じた。試合は3回にアメリカが1番ファーカルのタイムリー2ベースで先制するが、その裏巨人は8番古城選手の3ベースからボークで同点に追いつくと、2番鈴木選手のタイムリー2ベースで逆転に成功すると、3番二岡選手、4番阿部捕手の連続犠牲フライで2点を追加した。アメリカも5回に1点を返すが、その裏4番阿部捕手の2ランで追加点を挙げる。しかし6回に4番ハワード、5番A.ジョーンズの連続ホームランで反撃を開始すると、逃げ切りを計る巨人から9回2アウトの土壇場で同点に追いつき負けは間逃れた。巨人はアメリカ相手に1軍半のメンバーにも関わらず大善戦した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
18日、巨人の阿部慎之助捕手が婚約会見を開いた。お相手は会社員の石田悠さん(25)です。出会いは3年前で、12月に婚姻届を提出する予定という事です。最近巨人には暗いニュースが多かっただけに久しぶりの明るいニュースとなりました。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
27日東京ドームで巨人対広島戦が行われ5×対4で延長11回巨人が1番ニ岡選手のサヨナラタイムリーで奇跡の逆転勝利を演じた。試合は2回に先発西村投手が7番緒方選手にタイムリー2ベースで先制を許すと、5回にも追加点、7回にもまた7番緒方選手に2ランホームランを浴びて4点をリードされる。巨人は6回までお約束通りのパターンで広島から得点を奪えない。しかし7回今まで投手陣を見殺しにしてきた打線が目覚め、8番若手亀井選手のタイムリー2ベースで1点を返すと8回に3番由伸選手の2ランホームランで1点差にすると、6番阿部捕手のタイムリー2ベースで同点に追いつく。広島はここで切り札永川投手を投入せざる得ず、これが最終的に巨人のペースになる流れになった。最後は延長11回サヨナラ男の異名を持つ二岡選手のタイムリーでサヨナラ勝ちを収めた。サヨナラ勝ちは悪夢の35試合で29敗する死神が舞い降りる前の清水選手のサヨナラ犠牲フライ以来となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
2日東京ドームで巨人対西武戦が行われ、4対2で巨人が阿部捕手の逆転3ランで逆転勝利をした。試合は先発パウエルが足に打球を当てるアクシデントで初回に4番カブレラのタイムリー5番和田選手の犠牲フライで2点を先制した。4回にはパウエルが7番高山選手に対して頭部死球により退場処分となり2番手に急遽西村投手が登板するが、そのピンチを見事に抑えた。巨人は6回1番清水選手の出塁から3番二岡選手の犠牲フライで1点差とし、4番李が出塁して続くと6番阿部捕手が松坂投手から逆転の3ランホームランを放ち逆転に成功する。投げても2番手西村投手が9回まで投げ西武打線にヒットを与えない好投で4勝目を手にした。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ