オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:阪神タイガース

2
28日阪神タイガースの城島健司捕手が怪我を理由に現役引退を発表した。城島選手は1995年に当時の福岡ダイエーホークスに1位指名されて王監督の説得で入団を決めて1997年からレギュラーに定着してから強肩、強打の捕手として活躍し2003年にはMVPを獲得してチームに日本一に貢献した。しかし2005シーズンのオフにFA権を行使してMLBシアトルマリナーズに移籍し、日本人初の捕手として活躍した。2009年に行われた第2回WBCでは4番を打ち、日本代表の2連覇に貢献した。2009シーズンオフに日本球界復帰を発表し阪神タイガースでプレーし、復帰1シーズン目は大活躍したが翌年から膝の故障と肩の故障に苦しみ今季は捕手としての出場を断念したが、捕手としても復帰が困難となり現役引退を決意した。これで阪神タイガースはまたも大物選手が引退し、城島捕手の引退で強肩強打の名選手がまた1人去る事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
1日プロ野球セントラルリーグは 広島対阪神戦がマツダスタジアムで行われ、 5対0で広島が阪神を下し、 試合がなくマジック1としていた 中日ドラゴンズが4年ぶり8度目のリーグ優勝を決めた。 一時はマジック8を点灯させていた阪神だったが、 巨人の4連覇を阻止 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
9日プロ野球阪神タイガースの赤星憲広選手が怪我のため現役引退を発表した。赤星選手は2000年ドラフト4位で阪神に入団し、1年目からレギュラーとして定着し俊足を活かして1年目から39盗塁で新人王に輝くと、その年から5年連続盗塁王を獲得した。2003年と2005年のリーグ優勝にも貢献しベストナインに選ばれると2004年にはゴールデンスピリット賞を受賞し、6度のゴールデングラブ賞も受賞した。しかし2007年に試合中にダイビングキャッチを試みた際に首を痛め「頸椎(けいつい)椎間板ヘルニア」と診断されると、今年の9月12日の横浜戦(甲子園)でも同様のプレーで悪化させて欠場してリハビリに専念していた。その後の診断で脊髄損傷と診断されたため現役引退を決意した。2000年代を代表するレッドスターは怪我によってその現役生活にピリオドを打つ苦しい決断となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
20日セントラルリーグクライマックスシリーズ2008第1ステージ第3戦阪神対中日戦が京セラドームで行われ、0対2で中日4番ウッズが阪神抑えの藤川投手から2ランを放って阪神を沈め2年連続第2ステージ進出を果たした。試合は阪神先発岩田投手、中日先発吉見投手の投げあいで始まり、初回から両投手とも得点を許さず8回に阪神が2死3塁のチャンスを掴むが、1本が出ず9回に中日は阪神抑えの藤川投手を攻めて、4番ウッズがフルカウントから特大の2ランホームランで大きな2点のリードを奪い、最後は抑えの岩瀬投手が確り抑えて2年連続第2ステージ進出を決めた。これで中日ドラゴンズは22日からの第2ステージで巨人と戦い3位からの逆レジェンドを目指して戦う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
19日セントラルリーグクライマックスシリーズ2008第1ステージ第2戦阪神対中日戦が京セラドームで行われ、7対3で阪神が鳥谷選手の2本のホームランとJFKの必勝リレーでポストシーズンの連敗を7で止めて第2ステージ進出に逆王手を掛けた。試合は阪神先発下柳投手、中日先発チェンの投げ合いで始まり、初回に阪神が4番金本選手のタイムリーで先制すると、5番鳥谷選手の3ランで4点をリードする。中日は2回に7番井端選手のタイムリーで1点を返し、6回にも3番森野選手のホームランで1点を返したが、その裏阪神は5番鳥谷選手のホームランなど3点を追加し、ここから阪神は3番手ウイリアムス、4番手久保田投手、最後は抑えの藤川投手のJFKのリレーで逃げ切り1勝1敗のタイに持ち込んだ。これで阪神は崖っぷちで踏ん張り第3戦で第2ステージ進出を掛ける。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
18日セントラルリーグクライマックスシリーズ2008第1ステージ第1戦阪神対中日戦が京セラドームで行われ、0対2で中日が川上投手の好投で阪神に得点を許さず完封リレーで第2ステージ進出へ王手を掛けた。試合は阪神先発安藤投手、中日先発川上投手の投げあいで始まり、初回に中日が4番ウッズのタイムリーで1点を先制する。阪神も反撃のチャンスを窺うが先発川上投手の前にチャンスを作れず、6回に中日が3番森野選手のホームランで追加点を上げると、中日は8回から2番手浅尾投手、最後は抑えの岩瀬投手が抑えて初戦を制した。これで中日ドラゴンズはCS6連勝で2年連続第2ステージ進出へ王手を掛けた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
21日広島からFA宣言をしていた新井貴浩選手が阪神と2度目の交渉で移籍に合意した。新井選手は広島の4番として2年連続100打点以上をマークするなど近年急成長していた。阪神は金本選手が来季40歳を迎えるなど高齢化しており、シーツの退団で空いた1塁での起用が濃厚だ。これで阪神は来季金本選手と新井選手を軸に打線が組まれる事になった ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
14日セントラルリーグクライマックスシリーズ第1ステージ中日対阪神第2戦がナゴヤドームで行われ、5対3で中日が逃げ切り第2ステージ進出を決めた。試合は中日先発中田投手、阪神先発上園投手の投げ合いで始まり、初回に中日が1死満塁から5番中村紀選手のタイムリーで2点を先制すると6番李の3ランで5点を先制する。阪神は4回に7番野口捕手のタイムリーで1点を返すが先発中田投手を攻略できず、8回に2点を返しただけだった。最後は抑えの岩瀬投手に抑えて第2ステージ進出を決めた。これで第2ステージは巨大戦力の巨人対落合采配の中日の決戦となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
13日セントラルリーグクライマックスシリーズ第1ステージ中日対阪神戦がナゴヤドームで行われ、7対0で中日が初戦を制し第2ステージへ大手を掛けた。試合は中日先発憲伸投手、阪神先発下柳投手の投げ合いで始まり、初回に中日が3番森野選手のタイムリーで先制すると、4番ウッズの2ランで3点を先制する。阪神5回まで憲伸投手の前に走者すら出せず、中日は6回に2番井端選手のタイムリー、3番森野選手の3ランで4点を上げてダメ押しした。投げては中日は先発憲伸投手が7回無失点で抑え、8,9回を6人の投手の調整登板で逃げ切った。これで中日は第2ステージへ大きく前進した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
セントラルリーグ開幕まであと4日と迫ったところで残る戦力分析は4球団という事で今年井川投手の抜けた阪神の戦力分析をしようと思います。今年の阪神は投手陣では井川投手がポスティング移籍により、その穴をどう埋めるのか?これに尽きるでしょう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ