オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:金本知憲

3
12日阪神の金本知憲選手が今シーズン限りで現役引退を発表した。金本選手は1991年ドラフト4位で広島に入団し、1995年からレギュラーとして広島の主力選手として活躍し2000年には3割30本30盗塁を達成した。2002年オフにFAで阪神に移籍しその年に阪神を18年ぶりのリーグ優勝に貢献し翌年から不動の4番として阪神の主砲として活躍し2005年シーズンにはMVPを獲得しリーグ優勝に貢献した。それ以外にも故障に強く1492試合連続フルイニング出場の世界記録保持者を達成したが2010年シーズンに右肩を痛めてからスタメンを外れる事も増えて近年では打撃や守備の衰えから阪神の起用法と処遇の難しさの象徴となっていた。 これで広島、阪神の一時代を築いた大打者が引退し阪神は来季大幅な世代交代をする事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

8日ハードオフエコスタジアム新潟で行われた横浜対阪神戦を観戦してきました。新潟での公式戦は今年初という事で横浜主催ながら阪神ファン中心に26058人の観客が集まりました。試合は連勝中の横浜が阪神から2点を先制し、終盤に2点を追いつかれる展開で最後に劇的ドラマが待っていました。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
18日阪神タイガースの金本知憲選手が 横浜スタジアムで行われた横浜戦5回戦で スタメンを外れ広島時代の1999年7月21日の阪神戦から 継続していた連続試合フルイニング出場と 2004年から続いた4番での連続フルイニング出場も ストップしたがこの試合は代打 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
10日東京ドームで巨人対阪神戦が行なわれ、6対5で巨人が阿部捕手の代役鶴岡捕手の2打席連続ホームランで阪神を振り切り週間勝ち越しを決めた。試合は巨人先発内海投手、阪神先発安藤投手の投げ合いで始まり、3回に阪神が4番金本選手の2ランで先制するが、その裏巨人は1番鈴木選手の内野安打で阪神のエラーの間に1点を返す。5回に巨人は1死1,2塁から8番鶴岡捕手の3ランで逆転に成功するが、6回に阪神が4番金本選手の2打席連続ホームラン、8番狩野捕手のタイムリーで同点に追いつく。しかし巨人もその裏5番亀井選手のタイムリー3ベースで勝ち越しに成功すると、7回には8番鶴岡捕手の2打席連続ホームランで突き放したが、阪神も8回に4番金本選手の3打席連続ホームランで1点差に追いすがるが最後は抑えのクルーンが締めて巨人は4連勝で貯金を2にした。これで巨人は週間勝ち越しを決めて阪神戦勝ち越しを目指す。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
7日東京ドームで巨人対阪神戦が行われ、4対5で阪神が金本選手の危険球への不安を一掃するホームランと阪神ファンの守備で勝利した。試合を巨人先発木佐貫投手、阪神先発下柳投手の投げあいで始まり、初回に巨人が4番ラミレスの2ランで2点を先制する。しかし阪神は2回に6番鳥谷選手の2ラン、7番矢野捕手のホームランで逆転に成功する。3回に阪神は4番金本選手が木佐貫投手の投球を頭部に受けて木佐貫投手は危険球退場となるが、金本選手は見事に1塁ベースへ向かった。そして6回に阪神は4番金本選手の頭部死球の後遺症を一掃するホームランで2点差とするが、7回に巨人は1アウト1,2塁で4番ラミレスの打球がレストスタンドの阪神ファンにホームランボールを妨害され、これが野球規則により2塁打となり逆転のチャンスを潰してしまう。その後1死満塁から6番ゴンザレスのライトゴロの間に同点に追いつくが、8回に阪神が5番葛城選手のタイムリーで勝ち越し最後は抑えの藤川投手が抑え逃げ切った。巨人は木佐貫投手の退場、ラミレスの打球が10人目の野手に阻まれる踏んだり蹴ったりの敗戦となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
12日阪神の金本知憲選手が通産2000本安打を達成した。金本選手は1994年から広島の主力として活躍し、2000年には3割、30本、30盗塁のトリプルスリーを達成し2003年に阪神に移籍し、2度のリーグ優勝に貢献し2005年にはMVPに輝いた。40歳での達成は3人目となる。阪神の4番は40歳史上初のフルイニング出場を目指して出場し続ける。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
5日東京ドームで巨人対阪神戦が行われ、1対3で阪神が4番金本選手の2ランで試合を決めた。試合は巨人先発グライシンガー、阪神先発岩田投手の投げあいで始まり、両チームとも4回まで0行進が続くが、5回に8番野口捕手の犠牲フライで先制すると、6回には4番金本選手の2ランで引き離した。巨人も8回に代打大道選手の内野ゴロの間に1点を返すが、最後は抑えの藤川投手に抑えられた。これで巨人は週間負け越しが決まり借金返済まで長期を要する事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ