オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:野村周平

5
3月17日公開の映画「ちはやふる−結び−」を観賞した。 この映画は2016年に前後編公開されたちはやふるの完結編で3年生になった綾瀬千早が最後の全国大会に挑み戦う姿を描いたストーリーである。千早は全国大会を制覇できるのか?そして千早は卒業後に目指す未来とは? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「22年目の告白―私が殺人犯です― 」は22年前に殺人を犯した殺人犯が時効があった時代に時効を迎えた事で突然現れて事件の真相を著書として出版する事で世間は大きな賛否両論が巻き起こるがその先にはこの事件の真の真相が科されていくストーリーである。この映画を観る前にやはりあの件を語らないといけないのだろうと感じる次第である。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
「サクラダリセット 後篇」はサクラダリセット 前篇の続きとなり特殊能力を持つ者たちが集まる咲良田で相麻すみれが復活した事で新たなる予言者を排除しようとする者たちと浅井ケイと春埼美空たちは阻止すべく戦っていくストーリーである。前篇では明かされなかった咲良田の秘密が明かされる事になる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「サクラダリセット 前篇」は河野裕原作の作品で咲良田だけで能力を発揮する特殊能力でリセットという最大3日前に戻れる人と記憶を忘れない人が組んで様々な現象と向き合っていくストーリーである。最大3日戻れる能力をどう活かすかで流れが変わっていく展開から目が離せない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「ミュージアム」はある裁判員裁判で裁判員を務めた人たちを狙った連続猟奇殺人事件でその犯人を追う刑事の妻も犯人のターゲットにされている事を知り、妻を守るために奮闘するストーリーである。事件の先には様々な要因が絡んでおり1つの間違いが多くの間違いを引き起こす事になるという事を知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「ちはやふる [下の句]」はかるたに青春を賭けた少女のストーリーの続編で幼馴染との再会で最強のかるたクイーンを知る事になった千早は最強のクイーンを倒すために猛特訓を目指して練習し全国大会を戦う。果たして千早は全国大会で最強クイーンを倒す事ができるのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「ちはやふる [上の句]」は末次由紀原作のちはやふるを実写化した作品で、かるたに青春を掛ける少女がかるたで全国を目指していくストーリーである。競技かるたを知る上では色々と勉強になるけれど、一瞬の語句が勝負の明暗を分けるかるたの難しさも知っていく事になる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「愛を積むひと」は町工場を廃業して第2の人生を北海道で送る事にした夫婦が突然妻が亡くなってその後の事とこれまでの事を振り返るストーリーである。老後の人生どう過ごすか?という点では色々と考える人は多いと思うけれど、1番大変なのはどちらかが亡くなった後なのだという事をさらに考えさせられる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「日々ロック」は勉強もスポーツもダメだが、ロックを愛する事だけは人一倍強い男がある日凶暴なアイドルに曲を作ってほしいと頼まれた事から誰かのために曲を作っていくストーリーである。売れないロックバンドは数多いと思うけれど、彼らのようにとことんバカをやれるのもある意味羨ましいと思う事があるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「天国からのエール」は「あじさい音楽村」創設者仲宗根陽さんの実話を映画化した作品で、何もない島に自らの私財を投げ打って音楽をやりたい若者たちに音楽ができる場所を提供し、その場所で自らが若者たちを指導しながら若者たちに夢を与えようとしたストーリーである。今の若い世代にとってなかなか夢を見づらい時代になってきたけれど、この映画をみて私たちはより多くの若者たちに夢を与えられる世界を作らなければならないのだと仲宗根陽さんが天国からエールを送っている事に気づくだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ