28日(日本時間29日)ロンドン五輪重量挙げ女子48キロ級が行われ、三宅宏実選手が日本新記録を更新するトータル197キロを上げて女子重量挙げ初のメダルとなる銀メダルを獲得した。重量挙げ女子は2008年の北京大会から正式競技となり、三宅選手は公開競技だった2004年のアテネ五輪から出場し9位、北京五輪では6位入賞を果たしていた。三宅選手の父義行氏は1968年メキシコ五輪の銅メダリストで父子でメダリストとなった。これで日本勢2個目の銀メダル獲得となり2日目に勢いづく事になりそうだ。 ... もっと読む