11日プロ野球横浜ベイスターズが2004年の自由枠で入団した那須野巧投手にプロ野球界で申し合わせた最高標準額(1億円プラス出来高払い)をはるかに上回る5億3000万円の契約金を支払っていたことを公表した。これは12日発売の「週刊文春」の報道を受け、事実関係を認めたものであり、これで改めて契約金の是非が問われる事は間違いなくなった。大幅赤字と言われる横浜ベイスターズだが、いかに経営がドンブリ勘定だったかが浮彫りにもなった。 ... もっと読む