18日京セラドームで巨人対広島戦が行われ、3対2で広島に競り勝ち林、豊田投手本来のリレーで逃げ切った。試合は巨人先発金刃投手、広島先発青山投手の投げ合いで始まり、初回に広島が4番新井選手のタイムリーで先制を許すが、2回に4番李のホームランで同点に追いつく、5回に6番阿部捕手のホームランで1度はリードを奪うが、7回に5番前田選手のホームランで同点を許すが、その裏8番ホリンズのタイムリーで再度勝ち越し、8回からセットアッパー林投手、9回には抑えの豊田投手がそれぞれ3者連続三振で切って取り逃げ切った。巨人は1週間の迷走から本来の必勝パターンで逃げ切る形に戻った。 ... もっと読む