オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:読売ジャイアンツ

5
1日プロ野球セントラルリーグは 広島対阪神戦がマツダスタジアムで行われ、 5対0で広島が阪神を下し、 試合がなくマジック1としていた 中日ドラゴンズが4年ぶり8度目のリーグ優勝を決めた。 一時はマジック8を点灯させていた阪神だったが、 巨人の4連覇を阻止 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
20日セントラルリーグクライマックスシリーズ第2ステージ巨人対中日第3戦が東京ドームで行われ、2対4で中日がウッズの3ランで巨人に3タテし2シーズン連続日本シリーズ出場を決めた。試合は巨人先発尚成投手、中日先発中田投手の投げ合いで始まり、2回に巨人が5番二岡選手のホームランで先制する。しかし中日は4回に1死1,2塁から4番ウッズの3ランで逆転し主導権を握る。巨人もその裏3番小笠原選手のタイムリーで1点を返すが、7回に中日が8番谷繁捕手のホームランで突き放した。8回途中から中日は万全を期して抑えの岩瀬投手を投入しピンチを凌ぐとそのまま9回も抑え中日が2シーズン連続日本シリーズ進出を果たした。巨人は巨大戦力を持ちながらクライマックスシリーズ初の3連敗という不名誉な記録を残して今シーズンの戦いが終了し、原監督の監督責任が問われる事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
19日セントラルリーグクライマックスシリーズ第2ステージ巨人対中日第2戦が東京ドームで行われ、4対7で中日が下位打線と1,2番の攻守に渡る活躍で勝利し、2連勝で王手をかけた。試合は巨人先発木佐貫投手、中日先発憲伸投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が5番二岡選手のタイムリー2ベースで1点を先制するが、2回に中日が4連打で1点を返した。4回には1死1,2塁から1番荒木選手のタイムリー2ベースで勝ち越し、2番井端選手の犠牲フライで2点をリードした。7回には5番李の2点タイムリー3ベースと8番谷繁捕手のタイムリーで3点を追加したが、その裏巨人は8番ホリンズの3ランで2点差とするが、9回に抑えの上原投手が6番李に痛恨のホームランを浴びて力尽きた。最後は抑えの岩瀬投手が抑え巨人は2連敗で崖っぷちに立たされた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
18日セントラルリーグクライマックスシリーズ第2ステージ巨人対中日第1戦が東京ドームで行われ、2対5で中日がウッズの2ランで巨人を沈黙させて先勝した。試合は巨人先発内海投手、中日先発小笠原投手の投げ合いで始まり、中日は初回から内海投手の乱調でチャンスを作るが2回とも潰した。しかし3回に2死満塁から8番谷繁捕手の2点タイムリーで先制する。4回には2死1塁から4番ウッズの2ランで内海投手はKOされた。巨人も5回に2番谷選手のホームラン、6回には8番ゴンザレスの内野ゴロの間に1点を返した。しかし中日は8回に2番井端選手のタイムリーで1点を追加すると8回途中から抑えの岩瀬投手が登板し巨人打線を完全に封じ込めて初戦を落とした。巨人は大事な初戦を経験不足と先発の読み違いで痛い敗戦となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ