オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:角中勝也

5
14日パシフィックリーグクライマックスシリーズ13ファーストステージ第3戦 埼玉西武対千葉ロッテ戦が西武ドームで行われ、 1対4で千葉ロッテが角中選手の2点タイムリー3ベースで試合を決めて 3年ぶりのファイナルステージ進出を果たした。 試合は埼玉 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
28日WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)壮行試合日本対巨人戦がヤフオクドームで行われ、6対1で日本が小刻みに得点を重ねて本番直前の壮行試合で調整を終えた。試合は日本先発大隣投手、巨人先発高木京投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が1番矢野選手の先頭打者ホームランで先制を許すが、3回に3番内川選手のタイムリーで同点に追いつく。5回には1番坂本選手のタイムリーで勝ち越すと、6回にも1番坂本選手のタイムリーで追加点を上げて、8回にも2点を追加した日本が初回以降得点を許さずに勝利した。これで侍ジャパンは最後の壮行試合で打線が復調した選手もおりある程度の打線の目途はたった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
26日WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)壮行試合 日本対阪神戦が京セラドームで行われ、 0対1で日本が阪神に3安打完封負けを屈して再び打線に課題を残した。 試合は日本先発内海投手、阪神先発メッセンジャーの投げ合いで始まり、 3回まで内海 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
24日WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)壮行試合日本対オーストラリア戦が京セラドームで行われ、10対3で日本が打線が機能して大勝し1週間後の本番に向けて大きな弾みをつけた。試合は日本先発前田投手、オーストラリア先発ハーマンの投げ合いで始まり、初回に日本が3番内川選手のタイムリーなどで2点を先制するも3回に先発前田投手が3番ヒューズに逆転3ランを浴びてしまう。しかし日本は4回に2死満塁から2番松井選手の走者一掃のタイムリー3ベースで逆転に成功すると、6回には1番坂本選手の犠牲フライ、2番松井選手のタイムリーでリードを広げ、8回にも3番内川選手のタイムリー途中出場の炭谷捕手のタイムリーで試合を決めた。投げては2番手で登板した澤村投手はピンチを招いたものの3番手以降に登板したは危なげなく抑えてそのまま追加点を許さなかった。 これで侍ジャパンは1週間後の本番に向けて弾みがつく試合となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ