15日サッカーJ1アルビレックス新潟はMF奥山武宰士選手の契約満了による退団、DF西村竜馬選手のJFLアスルクラロ沼津へ期限付き移籍、DF増田繁人選手の大分トリニータへ期限付き移籍、大分トリニータからDF松原健選手の期限付き移籍加入を発表した。奥山選手は2010シーズンにユースから昇格したもののアルビレックス新潟シンガポールで2シーズンプレーして戻ったものの出場機会がなくそのまま退団となった。西村選手は今シーズンJAPANサッカーカレッジへ期限付き移籍していたが、今シーズンはJFLへの期限付き移籍で経験を積む事になった。DF増田選手はJ2群馬でプレーしたものの怪我で思うようなプレーができなかったが、J2大分に期限付き移籍で経験を積む事になった。DF松原選手は大分ユースから昇格し、大分で3シーズンプレーし1シーズン8試合以上に出場した。新潟はサイドとCBの控えが不足しており、3バックの両サイド経験がある松原選手にCBとSBの控えとして期待する補強となった。これでアルビレックス新潟は始動2日前に選手の移籍、加入が大きく動き出し残る選手達は16日に全てが決まる。 ... もっと読む