27日サッカー国際親善試合キリンチャレンジカップ2015日本対チェニジア戦が大分銀行ドームで行われ、2対0で日本が途中出場のFW岡崎、本田のゴールで勝利し、ハリルホジッチ監督の初陣を飾った。試合はランキング上位のチェニジアに対して日本は本田、香川、岡崎らを外して挑み、積極的に前線からプレスを掛けてボールに寄せて積極的に動き、攻撃ではサイドにドリブラーの武藤、スピードスターの永井が積極的に仕掛けて1トップの川又が泥臭くゴールを狙う展開に持ち込むもゴールを割る事ができず前半は0対0で折り返す。後半になると日本は6枠ある交代枠を有効に活かして後半15分にFW本田、MF香川を投入しリズムが変わると、後半27分にFW岡崎、宇佐美を投入して攻勢に転じると後半33分カウンターからFW岡崎がゴールを決めて先制すると、後半38分FW本田のゴールで追加点を上げた日本がそのまま逃げ切りハリルホジッチ監督の初陣を飾った。これで日本代表はアギーレ体制からハリルホジッチ体制になってリスタートを切る事に成功しハリルホジッチが目指すサッカーが示された。 ... もっと読む