オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:藤原さくら

3
「ラヴソング」第5話はチャンスが潰れてしまったさくらに再びチャンスを与えようと広平は自らの伝手を頼って奔走する。一方さくらはチャンスを潰した空一から告白を受けて動揺するもその後社内報の取材を受ける事になったさくらは真剣にその取材に答える姿がそこにあった。そんな最中広平はさくらに自ら歌う姿をYouTubeで配信してそれを空一たちが周りにアピールしていくのだが、さくらの動画は1万回を超えるのだった。そしてさくらは広平の手ほどきで再び歌う事へ向けて動き出していくシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラヴソング」第4話はさくらに歌手のスカウトが来た。それは広平がかつて仕事をしたことのあるレコード会社だった。この話をさくらにするとさくらは喜んで一度話を聞く事にする。そしてその女性水原亜矢はさくらの歌声に惚れ込んだ。吃音というハンディがある事を承知しながら一度紹介する事を決意する。一方その直後にプロデューサーと面会した広平はかつてデビューした時のプロデューサーでさくらから手を引く事が条件と広平が関わると上手くいかないと決めつけていた。広平はさくらを1人で行かせる事を決意するが、空一がトラブルに巻き込まれてさくらは行く事ができなかった。それを知った広平はさくらにもう1度チャンスをと訪れるが、そのプロデューサーは過去を持ち出して断ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラヴソング」第3話はさくらがステージに立つ事となり、まず客のいない中で歌うが、緊張でなかなか言葉が出てこない。そんな中で葛藤するさくらに対して広平はさくらの緊張を解そうとしていく。そんなさくらも練習を重ねていく事で歌えるようになる。しかし本番直前に緊張から逃げ出してしまうも、広平が君のためにギターを弾くという言葉でさくらは勇気をもらいステージで最後まで歌い切ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
18日ドラマ「ラヴソング」第2話は広平はさくらが歌を歌う事で言葉にできる可能性を見出せたが、さくらはまだ歌う事よりも話す事に対して悩んでいた。そんな中でさくらは治療を兼ねて歌う事に楽しさを感じるも、夏希がライブで歌ってみない?と問いかけた事で再び心を閉ざしてしまう。そんな中真美が突然出血してしまう混乱したさくらはうまく話す事ができず救急を呼べない。何とか広平を呼んだが、吃音で話せない事でさくらはより心を閉ざしかけるも、広平が再び向き合ってきたことで広平に心を許し始めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラヴソング」は心を閉ざした少女と出会った音楽に夢破れた男が少女の声をキッカケに再び音楽の情熱を持ち少女は心を開いて歌で自分を表現していくストーリーである。心を閉ざした少女が歌えるまでどう接してそしてどう心を開いていく事になるのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ