オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:蓮佛美沙子

5
1月17日公開の映画「記憶屋 あなたを忘れない」を観賞した。 この映画は忘れたい記憶を消すという記憶屋の存在を追う青年が記憶屋を探すために奔走するストーリーである。 恋人が突然記憶を失った時にあなたはどう向き合うだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
12月1日公開の映画「鋼の錬金術師」を観賞した。 この映画は荒川弘原作の人気漫画鋼の錬金術師を実写化した作品で等価交換錬金術を用いて亡くなった母親を取り戻そうとした兄弟が弟の体を持っていかれてしまい残された兄が弟の魂を宿した鎧と共に自分たちの体を取り戻しに行 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
7月15日公開の映画「彼女の人生は間違いじゃない」を観賞した。 この映画は東日本大震災による福島第一原発事故で住む場所を失った家族の5年を経過した中で戻る場所のない人たちがこれからどう歩んでいくべきなのかを苦悩する姿が描かれたストーリーである。 東日本大 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「日本のいちばん長い日」は終戦直前の日本政府を描いた作品で戦争終結に向けて議論を重ねるも纏まらず昭和天皇に聖断を仰ぎ戦争終結を望まれてポツダム宣言を受諾して戦争終結に極力するも直前の陸軍将校たちのクーデターで日本の危機に直面する攻防を描いた作品である。戦後70年となる今日において今の平和がどうしてあるのかを考える上でこの映画を観る意味の大きさを観終わった後に知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」最終話はひかりと正式に入籍した正純は新居に引っ越して新生活をスタートさせた。入籍当初は正純の母親から反対されるも美登里、実結がこれまで助けれくれたひかりを家族と認めた事で久保田家は1つに纏まり、正純とひかりは挙式へ幸せな時間を過ごしていた。そんな結婚式前日に正純とひかりはガラの悪い高校生たちに注意するも逆に暴力を振るわれ、正純を助ける為にひかりは正当防衛する。しかしその直後高校生たちの反撃で2人は土手から転げ落ちてひかりは正純を庇って頭を強く打って病院へ運ばれた。しかしひかりの容態は予断を許さない状況である中で、ニュースライフの板垣が番組出演を依頼し、正純は覚悟を決めてニュースライフに出演した。そして出演したニュースライフで事件の経緯、さらにひかりの過去についても語り、自分はそれらを全て逃げずに受け入れて結婚した事を語り、事件についても熱く語った。しかしその直後ひかりは息を引き取り正純はひかりが残した言葉を見てひかりこそ最愛妻だった事を知ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第9話はニュースライフを休養している正純を吹っ切るように仕事に励むひかりだったが、どうしてもニュースライフが気になるが正純は復帰できずにいた。そんな中正純はニュースライフの降板を迫られていた。正純は抵抗するも、復帰条件が現行通り読むという条件に正純は反発する。その夜に愛が正純の下を訪れ説得するも、そこで愛が怪我をしてしまいひかりの病院に駆け込む。そこを見られた正純とひかりはあるブログにその事と過去のひかりの事を書き込まれ拡散されたのだった。ニュースライフの直前でその事を知った正純は番組から降ろされそのまま降板となった。そしてひかりもまた病院でその事を知られていられなくなり千春と共に郡山へ行く事になったが、その直前で大輝と成美から電話が掛かってきて正純が外国へ行く事を告げられるとマンションに駆けつけるもそこには正純がおり、ひかりは正純から6年前に渡せなかった婚約指輪を渡されるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第8話は正純と別れたひかりは愛を選んだ正純に絶望し一度は自殺しようとするが母千春に間一髪救われる。そんな中でひかりは千春の看病と並行して看護師に復帰する。そんな中病院に美登利の息子大輝が自殺を図り運び込まれてくる。ひかりはどうして自殺しようとしたのか尋ねると大輝は家族崩壊を語り出した。美登利が現れひかりに関わるな!と退けるが、その直後大輝は自殺をほのめかす暗号を妹の成美がひかりに伝え間一髪大輝を助ける。そして大輝を助けたのはかつて死なせた子供と同じ名前だと明かしたのだった。その直後今度は正純自身が入院してきて番組を降ろされそうだと言い出す。そんな中で愛が現れてどうしたら良いのかと相談されるが、ひかりは愛をビンタして2人は本来の姿でいるべきだと追い返すがその直後母千春の前で泣き崩れたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第7話はひかりが正純の下から去って縁を切ろうとするも正純の事を忘れられない。一方正純もひかりがいなくなった事でこれまでのコメントができずひかりの存在の大きさを痛感する。一方でひかりの事を気に掛けていたのが実結だった事に驚きを感じるが、実結は自分の境遇を思えばひかりは正純と出会えた事で救いがある事を伝えるが今のひかりには届かない。一方正純はひかりとの離婚を発表するようにテレビ局から迫られていた。そしてそんな中で愛が正純に久保田正純でなければ自分自身が悲しいと迫った事で正純は愛の言葉を受け入れる。その場で隠れていたひかりは直接現場を見てしまった事でショックを受けてトラックに飛び込もうとしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第6話はひかりの過去を知った正純はひかりとどう接して良いのか思い悩む。そんな中でも正純はひかりとの結婚を決意し婚姻届けを渡す。ひかりも1度サインをして役所に届けようとするが直前で出せずじまいになる。一方正純はこの悩みでキャスターとしての切れを失っていた。それを愛に知られてしまい正純はますます思い悩む。そんな事を察したひかりは正純との別れを決意し、その直後正純にはひかりがかつて保護責任者遺棄致死の過去をスタッフたちが知るところとなり、正純は降板を言い出すもそれを愛が止める発言を行うが、その頃ひかりは正純のマンションを出て正純に別れの電話をしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第5話はひかりは作太郎に昔人を殺したと告白した事で事態は深刻度を増した。しかし正純にはまだその事を話しておらず理由を知らないままだった。そんな中作太郎が危篤状況になり正純は母親から作太郎が暴力を振るった理由を聞かされるが納得いかないまま作太郎は息を引き取った。そして正純は作太郎の葬儀が終わるとひかりに過去を話すように諭した。そうするとひかりは18歳の時にかつて愛した人の子供を妊娠して出産したが、愛した人には逃げられ、両親からも相手にされず孤独の中で子供を育てていたが育児ノイローゼに陥った事で一度逃げ出した直後子供は暑さが原因で亡くなり保護責任者遺棄致死罪で少年院に入っていた過去とその直後自殺しようとして入院していた頃に正純さんと出会った事を話したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第4話は酔った勢いで正純は愛にひかりとは契約妻だという事を言ってしまう。そんな中でひかりはこれまで通りの振る舞いを見せるが逆に正純は荒れるだけだった。そんな中正純の父作太郎はひかりに自分と同じようだと意味深な事を語る。そんな中で正純は愛との2ショットを週刊誌に撮られてしまい謝罪する事になった。そして翌日愛はひかりの前に現れ正純を好きになったらどうします?とひかりに問うがひかりはその時は正純をよろしくお願いしますと語り愛は驚く。そして正純は強行手段に打って出るも拒絶され愛の元へ走る。そんな直後ひかりはかつて殺人を犯した事を作太郎に語るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第3話は引き続き3年契約を交わした正純とひかりだったが、以前のようにひかりに接する事ができない。そんな中で正純は仕事に集中力を無くして行き、父親作太郎に対する恨みが爆発して作太郎に詰め寄るが、作太郎はひかりにしか心を開かない。そんななか本番直前に正純が行方不明になるもひかりが過去に行った場所を思い出して正純をテレビ局へ連れて行ったが、正純にひかりは劇薬をお見舞いし、正純は何とか放送をやり遂げたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」第2話はひかりは正純が契約書を破棄した事により正純の元から去るのだった。これに動揺した正純はひかりのいない家で親族が多数押しかけてとても落ち着いて仕事に打ち込める状況ではなく、そんな中で正純の元にひかりの知り合いが訪れて、ひかりの行方を聞き出そうとするが、知らないと言われてしまう。そんな中で正純は痛恨のミスを犯してしまい主婦層から批判の嵐を受ける。そんな中ひかりが現れ、再び契約したいと申し出るも、それがどうしてかわからず思い悩む正純だったが、ひかりの過去に壮絶な経験をした事が語られ、藁にも縋る思いでひかりと再び3年契約を更新し、正純の周りは上手く回り出したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「〇〇妻」は家政婦のミタのスタッフが再集結して制作されたドラマで、完璧な妻として人気ニュースキャスターを支える妻が完璧な行動を行いながらもある秘密を持っている完璧な妻を演じるストーリーである。完璧な妻にどんな秘密があるのか?そしてその妻は一体どんな過去があったのか?それを追っていく事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「白ゆき姫殺人事件」は湊かなえ原作の「白ゆき姫殺人事件」を映画化した作品で長野の公園で遺体となって発見された美人OLの殺人事件を巡り、Twitterとワイドショーで様々な展開と憶測が流れ、ある女性が容疑者として浮上し犯人扱いされていくが、事件の真相を辿っていくと容疑者の女性の真実が描かれて行くストーリーである。世の中数多くの殺人事件があるけれど、実際の殺人事件でこの映画のような事をしたら何の罪のない人が犯人扱いされ苦しまなければならないというマスコミ、メディア、そして一般人の冤罪行為も描かれ、事件を語る上では絶対に避けられない事である事と、普段の事件に対する発言はそれだけ慎重にならなければならないという事を痛感させられる事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」最終話はミラクルが全員辞めて金田一の元に集まった。それを見た金田一はさすがに動揺し、これからどうすべきか考える。そんな中統一郎は自らの行動を悔いていた。そして統一郎は金田一の元へ向かい、これまでの真実を明かして金田一が自分の腹違いの弟だという事を告げると、金田一はそれを知ったらとても耐えられなかったと告げる。そして行方を暗ました統一郎に代わり、ミラクルの再建に全力を尽くす金田一だったが社員は集まらない。そんな金田一は会社名じゃなく、人とやる事の大切さをそれぞれの社員に説き始めたら社員が集まり出して次第にミラクルは危機的状況から立て直し、金田一は統一郎に社員名簿を渡して、会社総会で金田一は自ら社長には統一郎にし、統一郎は貧乏を経験して初めて人の大切さを知り、統一郎は金田一が自分の弟と話すと周りは次第に納得し始めて纏まり、金田一らはミラクルの再建に目途が立つとミラクルを去り次の仕事を探しに旅立ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第9話はハピネス魔法瓶は順調に業績を伸ばして新オフィスへ移ったものの、そこでミラクルが特許権侵害を盾にして訴えてきた。当然販売差し止めを受けてハピネスは窮地に追い込まれる。打開策を探すも広瀬の和解案すら統一郎は飲もうとせずもはや勝ち目がない状態だった。このまま関連会社全員を路頭に迷わす訳に行かないと感じた金田一は自ら統一郎の元へ出向き関連会社全員を救済する代わりにハピネス魔法瓶を解散する苦渋の決断を伝えたのだった。一度はそれに了承した統一郎だったが、統一郎は取り込んだハピネス魔法瓶の関連会社の人たちを左遷しリストラを進める約束破りを断行した。これにミラクルの社員全員の不満が大爆発し全員辞表を出して金田一の元へ向かったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第8話はハピネス魔法瓶を立ち上げオフィスも準備した金田一だったが、そこに彩矢がいなかった。彩矢は自らの失敗を責めて金田一の元を去り、再びミラクルで働く事にした。そんな中で金田一は魔法瓶の生産が古い機械のために生産がストップしてしまい困った。そこで金田一は広瀬に頼んでハピネス魔法瓶を売り込もうとレセプションパーティーへの参加を提案され、参加するが最初から金田一のレセプションは周りから見ると失敗続きに見えたが、金田一は次第にレセプションの相手の心を掴み、金田一はレセプションを勝ち抜いたものの、統一郎に阻止され契約できなかったがレセプション相手は良い2日間だったと絶賛した。そしてそれを知った彩矢は今度は自ら辞めて再び金田一の元で働く決意を固めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第7話はハピネス魔法瓶を立ち上げて作った究極の魔法瓶は返品の山で途方に暮れていた。一度はリサイクルショップへ売り払う事を決めた金田一たちだったがその日に注文が殺到し究極の魔法瓶は次々と注文が殺到したのだった。その要因が経済誌に掲載された事だった。それから金田一の元には注文が殺到し裁ききれないほどになった。そこで金田一は模合らとこれまで付き合いのあった町工場の会社に協力を要請し増産を始める事にした。それを知った統一郎は全く動じない。そんな中究極の魔法瓶は次々と売れていく。そんな中工程を組んだ彩矢は無理な工程で町工場の社長たちから不満が出始めた。それを模合が調整するも町工場の社長たちの仲を取り持っていた。そんな中納品遅れが生じて金田一は謝罪に向かう。その責任を彩矢は重く抱え込んでしまった。それを金田一は工程が無理だった事を修正しようと提案し、再び生産は動き出して納期の遅れを取り戻した。しかしそんな中彩矢はこの状況に責任を感じ自ら去る決意を固めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第5話は金田一はラーメン屋の屋台でホットドック屋を始めようと提案する。ホットドック屋を始めるに当たり以前からお世話になっていたキングスコートの藤沢にホットドックの作り方を教えてもらった。そして早速ホットドック屋を開店するとその場所はミラクル魔法瓶の前だった。最初は社員は抵抗があったものの1人が名乗り出るとみんなが行列を作り好評の内の終わる。しかしその頃ミラクル魔法瓶は主力商品だったミラクル魔法瓶の撤退を決めていた。それを知った金田一はそのミラクル魔法瓶で何かをやろうと考えていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第4話は金田一は公園で前会社の同僚だった榎本やってきて以前やっていた企画が実現しそうだという報告を受けた。そんなところに何時もいるはずの命の恩人ゲンさんが見当たらず探すと体調を崩していた。そこで金田一は榎本に薬を買わせて水と食料を差し入れた。 そんな中榎本の紹介で金田一は下請けの仕事を短期で受けてみる事にした。しかしそんな中大屋敷社長がコストカットで下請けを切るように模合に通告するが、模合は何とかしようと無茶な注文を発注した。それを知った金田一は無茶なノルマを達成するために各地から人手を集める。材料費も工面して発注分を見事に達成した。それを達成した会社は見逃してほしいと模合は出たが大屋敷社長は金田一が絡んでいる事を理由に却下し、これに激怒した模合は社長を辞めるべきはあなただと会社を辞めた。そして模合は金田一のいる幸福荘へ転がり込んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第3話は金田一と彩矢は同じ部屋で暮らす事となりこれから何で稼ぐか思案していた。そんな中たまたま寄ったラーメン屋でフィギュアを見せた事でラーメン屋で働けることになった金田一はその店でバイトをするが、閑古鳥の鳴くお店に愕然とする。その店主は昔は味の上手いお店だったらしいが体を壊してから味もサッパリらしい。そんな中金田一はこの店の最後の日にお客を呼ぼうと彩矢と貫太、両太で奮闘するもお客が全く来ない中、最後の客は自分たちにする事を決めてラーメンなどを食べて店主のお店の話を聞いたが、そこに模合が現れ昇進祝いの一杯を飲むもビール一杯で帰ってしまった。そして金田一は店主から屋台のラーメン屋を受継ぐシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第2話はクビにされた金田一は寛太、両太兄弟と幸福荘で暮らし始めた。しかし毎日500円を稼ぐ事の難しさを知るが、その中でも寛太、両太兄弟からお金の稼ぎ方をいろいろと教えてもらう。そんな中彩矢は金田一がカラ出張をしたのではないだろうか?と疑っていたが、領収書を調べたらそれが嘘でない事を確認し模合に証明してもらうように説得するが、模合が見つからず社長に見つかり、社長が再調査すると話したが、逆にこれに嗅ぎまわった彩矢が左遷される。そんな中寛太がコンビニに捕まり金は払ったというが、それを彩矢が証明しようと経理の実力を発揮して会計での金額を証明してみせたが、左遷に納得がいかない彩矢はさらに金田一の事を調べるが模合に接触する事ができず、情報漏えいを理由に彩矢も解雇された。そして行き場を失った彩矢は金田一のいる幸福荘へ転がり込んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」はある企業の企画開発営業部の課長が突然身に覚えのない情報漏えいで懲戒解雇となり、さらに家まで何ものかに爆破された事で一文無しとなるが、一文無しになった事でお金を稼ぐ苦労を知り、お金のありがたみ、さらに人との繋がりの大切さを知っていくストーリーである。初回からいきなり解雇から始まり、さらに初回から衝撃的な事実を知る回となったがここからどうやって主人公が這い上がっていくのか注目したいところだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「源氏物語 千年の謎」は平安時代に活躍した作家、歌人紫式部の「源氏物語」を映画化した作品で、紫式部が藤原道長に依頼されて書き始めた源氏物語を執筆していくうちに紫式部に込められた思いが原作の主人公光源氏の運命を翻弄して行くストーリーである。1000年前に掛かれた最古の小説は1000年の時を経ても日本人に愛されているが、1000年前の公家の出来事を記した作品として最後まで興味深く観る事ができるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「全開ガール」最終話は若葉と草太はニューヨークへ旅立つビー太郎を見送り、それぞれニューヨークとフランスへ旅立つ日が近づいていた。そんな中昇子は響一に事務所を獲られかけてしまったが、昇子はウルトラCの秘策で見事に所長の座を守り響一はそのショックで事務所を辞めようとするが、昇子に事務所を辞める必要はない。ニューヨークの代表をお願いすると任命され、若葉もニューヨークへ旅立つ事が決まる。ショックを受ける響一に若葉は敗北から始まった自らの経験を響一に伝え、これを受けた響一は若葉に幸せを考えあるサプライズを計画する。そしてパーティーの当日若葉は欠席する草太の事を気に掛けながら響一とパーティーの時を待つが日向に自らの気持ちを問われ動揺する。そして会場に向かった若葉を待っていたのは草太だった。実は響一は若葉の本当の気持ちを考え2人の結婚式をプレゼントしたのだった。そして若葉は草太にプロポーズするが、草太は1度断り、改めて若葉に草太がプロポーズし、晴れて2人は結ばれたのだった。そして草太はフランスへ旅立ち、若葉は事務所を辞めて心機一転別の事務所で働き始め1年後帰国した草太は若葉に自ら修行してきた料理をプレゼントしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「全開ガール」第10話は草太はリリカがビー太郎を引き取りたいと親権取得の代理交渉を若葉に頼んだ。そして若葉は私情なしにビー太郎の親権交渉に当たる。そして草太は1日時間が欲しいとリリカとビー太郎が過ごす時間を与えた。そして翌日草太はビー太郎にリリカと一緒に暮らすように説得するが、ビー太郎は納得しない。しかし草太は心を鬼にしてビー太郎にリリカと暮らすように説得し、ビー太郎も納得した。しかし翌日日向とビー太郎が駆け落ちし、昇子と若葉と草太が昇子の想い出のあの場所へ向かった事を悟り2人を追い、そこで2人を見つけたが、ビー太郎と日向は将来結ばれる誓いをするのだった。そして草太はリリカに若葉を好きな気持ちは嘘だったのか?と言われながらも若葉の事を想い、草太はかねてからの夢だったフランスへの修行へいく事を若葉に告げて、そよ子にはフランスへついてきてほしいと抱きしめるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「全開ガール」第9話は若葉は日向に草太の事を聞かれ、正直にはいと答える。そして草太もまたビー太郎から聞かれはいと答える。しかし若葉は既に響一との結婚を決めていたために結婚をやめる事はしないと決めていたが、一度本当の気持ちを伝えたいと思っていた。そんな中クライアントの大手商社から玩具工房のオモチャを特許侵害で訴えると聞かされその準備に入るが、その工房は健太郎が務める工場だった。それを知った草太たちは何とかできないのか若葉に尋ねるが、若葉は商社側のため協力できないと拒否する。そんな中そよ子は草太たちに協力すると宣言し、園長も昇子に直談判までする姿に自分が目指しているものに迷いが生じる。しかし響一はこれが弁護士の仕事だと若葉に言い聞かす。そして若葉が迷っている間に実夏が直接クライアントへ直訴し、昇子も動いたことで訴訟は取り下げることになったが、昇子はこれで立場が拙くなった。そして若葉は草太に想いを伝えようと向かうが、その前に響一が草太の元を訪れ、響一は君が邪魔だ!と言い放ち彼女のために身を引くように通告されたのだった。そして若葉は草太に好きですと告白したが、草太は好きでしたと告白しそよ子が好きですとそよ子に寄り添ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「全開ガール」第8話は響一との婚約パーティーをすっぽかした若葉はすっぽかした理由をごまかしたが、それでも響一は今度は結納をしたいという申し出があり、若葉は困り果てる。そんな中若葉の事務所に若葉の父が訪れ、若葉は困り果ててしまい、何とかその場を切り抜けたが、最悪の輪番当番の日で泣く泣く父のいる家で子供の世話をしたが、その足で今度は草太の店に行ったのだった。そこへ行こうとした若葉の前にかつて自分たちを苦しめた借金取りが現れ、そこで再び父が借金した事を知り、若葉は激怒するが、それがさらに響一の両親がチャラにしたことでより恐縮するのだった。そして父が帰る時に若葉は預金通帳をもらうが、はした金に再び現れた借金取りにやってしまう。しかし母子手帳を拾った草太がその意味を教え、若葉は借金取りから通帳を返してもらいに向かうが、そこでどうしてこの通帳だけには手を出さなかったのかを告げて、若葉は草太の背中で泣いたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「全開ガール」第7話は草太の元妻リリカが突然帰国して、若葉は告白する事を逸してしまい響一との婚約を言い出した。その直後その響一が突然アパートに訪れて連れられた若葉は高級宝石店で婚約指輪をオーダーされて婚約指輪を受け取った。その頃草太はリリカからの復縁話を受けるが、草太は復縁はしないと断固拒否するが、何時もの冷静さがない事に周りは心配する。そんな中若葉は保育園でヒヨコを飼う事となり、ひよこを飼おうとする子供たちにヒヨコはペットじゃありません。家畜ですと言い張ったのだった。しかし後日若葉はビー太郎と日向らにヒヨコの育てからを指導する事になり、過去の経験からヒヨコの育てからを教えた。その夜ビー太郎が若葉のところを訪れヒヨコが死にそうだというのだった。そして草太が外で待っていると聞かされた若葉は草太に気持ちをハッキリしろ!と言われ、リリカには復縁を断り、ビー太郎には本当の事を話し、ビー太郎は草太といる事を選んだ。しかしそれが自ら嘘をついてしまったと悔やみ、落ち込む草太に若葉が駆けつけ婚約パーティーをすっぽかしてまで草太を抱きしめたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ