29日2009年度のプロ野球ドラフト会議が東京都内のホテルで行われ、注目の高校生NO.1左腕の花巻東・菊池雄星投手は埼玉西武、阪神、東京ヤクルト、東北楽天、中日、北海道日本ハムの合計6球団が1位指名で競合し、抽選の結果埼玉西武が交渉権を獲得した。その他一順目の1位指名では巨人は4年越しの思いが通じて指名され、横浜は高校通算69本塁打の横浜高・筒香嘉智内野手、千葉ロッテはトヨタ自動車・荻野貴司外野手、広島が長崎・清峰高の今村猛投手、オリックスが日本文理大・古川秀一投手、福岡ソフトバンクが明豊・今宮健太内野手を1位指名し、それぞれ交渉権を獲得し菊池投手以外は無風となった。外れ1位となった5球団は阪神は法大・二神一人投手、東京ヤクルトはトヨタ・中沢雅人投手、東北楽天は立大の戸村健次投手、中日は智弁和歌山の岡田俊哉投手、北海道日本ハムは春日部共栄・中村勝投手を指名した。久しぶりの6球団による競合でドラフトの運命であるくじ引きは埼玉西武が幸運を手にした。 ... もっと読む