オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:芦田愛菜

3
17日大河ドラマ「麒麟がくる」第41話を視聴した。 今回は光秀は丹波攻略戦に出陣していたが、ここで戦っているのが国衆ではなく義昭である事を痛感する。一方で秀吉が光秀を探っている事を秀吉に問い詰めて白状させるが、ここで光秀は秀吉、家康との水面下での攻防を繰り広 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
10日大河ドラマ「麒麟がくる」第40話を視聴した。 今回は1577年松永久秀が信長を裏切った。久秀は直前で光秀と面会し、天下の名茶道具である平蜘蛛を光秀に託すと告げると、その真意は信長は家柄を重視して本当に能力ある者よりも本質はそこにあるという事だった。 そんな ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
3日大河ドラマ「麒麟がくる」第39話を視聴した。 今回は光秀は石山本願寺攻めに参戦していたが、本願寺の思った以上の抵抗に攻略できずにいた。 そんな中で信長が到着し自ら先頭に立って陣頭指揮をするが信長は足を撃たれて負傷し、光秀も過労で倒れてしまう。 そんな状況 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
27日大河ドラマ「麒麟がくる」第38話を視聴した。 今回は光秀は信長から三淵を切腹せよという命令に光秀は三淵に思い留まるように告げるも、三淵は潔く腹を切ると切腹した。それから光秀は河内攻略戦で手柄を立てるとその所に斎藤利三が訪れて稲葉から主君を変えたいと申し ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
10月9日公開の映画「星の子」を観賞した。 この作品は病弱だった少女がある宗教を信じた事で回復した事により両親が宗教を信じ続ける事に疑問を持ちながらも周りの目を知りながらも両親を信じ続けていくストーリーである。 人は自分と違うものを見てしまうと全く色眼鏡で見 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」最終話はドンキが川島夫妻との縁組が決まり、ポストは朝倉家に通って瞳との親子になり切った関係を続けていた。そんな中ピア美は実の父親と一緒に暮らす事になったが、ピアノをこれからも続けなさい!そして通ってきなさいとピアノを諦めようとしていたピア美に希望を照らす。一方ボンビは念願だった東條夫妻がボンビを里子として引き取りたいと申し出るもボンビが突然拒否するが、ボンビは現実に里子になる事で不安を思えたがそれを東條夫妻が受け止めて里子になった。残ったオツボネは看護学校進学を決め、ポストは朝倉夫妻の元で瞳を演じ切っていた。しかしそれを知った魔王が朝倉夫妻の元へ行って養子縁組に署名を求めるが、そこで魔王がポストを指して瞳にこの子は本当の子供ですか?と問い、瞳は現実を受け止めた。そしてポストはオツボネ、ロッカーと共にコガモの家で暮らし続ける事になり、ポストは魔王の里子として生きていく事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第8話はポストは臨時教師の妻の娘を演じる事でその娘のようになり、ポストにとって両親がいる幸せを感じ取っていた。一方ドンキは川島夫妻とのお試しの日々を過ごすうちに本当に幸せとは何なのかに苦しんでいた。そんな中ピア美がピアノ発表会本選の日を迎えて、本番に挑む直前ポストは以前の発表会で父親が観に来ていた事告げるとピア美は会場を探し始める。そして本番になるとピア美は演奏を始めるが途中でピア美は演奏を止めてしまい突然パパと一緒がいい!と泣き出す。それでも幸せを願い会場を去ろうとする父親だったが魔王の言葉に促されてピア美の下に駆けつけて抱きしめるのだった。そんな中今度はドンキの母親がやってきて1人になったから引き取ると言い出す。ドンキは母親の言葉に従いコガモの家を出ようとした。それを知ったロッカーが川島夫妻を連れてきて最後のあいさつをさせる。ドンキの心は揺れる。そんな姿を見た魔王はドンキの母親に土下座して私はコウノトリです。この子の親をもう1度探すチャンスを与えてくださいと語り出し、叶もまた私はコウノトリですと語り、ドンキは自らの意思幸せを教えてくれた川島夫妻の下に駈け出してぬくもりに飛び込んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第7話はポストのクラスに代理の教師が赴任してきて、その教師の家の手伝いに行く事になったポストはそこで病気療養している奥さんと対面するも、その奥さんはポストの事を娘の名前で呼び、ポストは驚く。一方ボンビは東條夫妻に気に入られようと髪を切って男の子のふりをしてまで頑張るも、それをドンキが告げ口して壊してしまう。ドンキはロッカーの事件以降人が変わったようになり、不審な行動をするようになる。一方でポストはその教師の妻があのようになった事情を知り、現実を受け入れられない姿を目のあたりにする。そんな中ドンキの行動を魔王が問い質すとどうしてかドンキは階段から落ちて逃げ出し、行った先が魔王の元妻香織のところだった。そしてそこで魔王が香織を助けるために子供を諦めた苦渋の過去が語られた。そしてポストは自殺しようとした教師の妻を自らその娘を演じて救ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第6話はロッカーがドンキとコガモの家へ戻る途中で女性に暴力を振るう男性を発見してその暴力を止めようと殴った事で警察に捕まってしまう。それを見たドンキはどうしてもその時の衝撃が大きく女性を助けたよりも男性を殴った事を伝える。それからポストとオツボネ以外はロッカーの事を恐怖に感じて避けるようになる。そんなロッカーはかつて暴力を振るう父親に暴力で耐える日々を送っていた。しかしその時に母親が庇っていた時に父親を突き飛ばし一見死んだと見えたが、その後ロッカーが逃げた後に父親は立ち上がりロッカーを追うつもりだった父親を母親が刺して殺したのだった。長く病気で意識を失っていた母親は意識を取戻し、そこでその真実を告げられてロッカーはこれまで自分が殺したという抱えていた気持ちを吐き出した。そんな中コガモの子供たちはロッカーに出て行ってほしいと声を上げるが、ここで魔王が子供たちに枕を抱かせて講義を始めて、子供たちに臭い物に蓋をする大人になるな!これまで信じていた人を信じてあげる事を解き、さらに可哀そうという奴が可哀そうな人と説き、世間の目を気にするような人にならないように説いた。そしてその講義は子供たちにとって今後の人生に大きく刻まれる講義になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
12日ドラマ「明日、ママがいない」第5話はピア美が学校である女性から声を掛けられた事により演奏会に出場する事になった。その為にポストを連れて夜の音楽室で練習するピア美だった。その頃ドンキが再び以前のお試しの家へ行く事となり、今度こそという気持ちになる。そんな頃パチが行ったお試しの家ではお菓子と大好きなシャンプーの匂いの家で楽しく過ごしていた。そしてピア美が演奏会でピアノを披露しているとピア美の父が現れ、ポストは止めるもピア美の父は一緒に暮らせないと語る。そして魔王がその理由を述べるとポストは暮らしたくても暮らせない辛さを感じてピア美に父が来た事を伝えなかった。そしてポストもまたパチが里子に行く事を決意した事によりパチを涙で送り出したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第4話をはボンビがお試しに行く事になり行ったものの、そこで倒れてしまいボンビは戻ってきた。どうしてボンビが倒れてしまったのかを調べるポストはボンビが両親が死んだ事だけは知っていた。しかし本当の理由を知ろうとボンビのお試し先、さらにボンビの親戚まで向かったが、そこで知ったのはボンビの両親は遺体が見つからないまま認定死亡とされていた。そしてボンビの親戚が母親と双子であり、双子の親戚の人がどうして引き取れなかったのか?など色々と考えさせられるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
30日日本テレビは水曜日10時に放送している 「明日、ママがいない」が全国児童養護施設協議会などからの 放送中止を求める抗議により全国児童養護施設協議会側と対面し、 番組内容変更を検討する事になった。 この問題は「明日、ママがいない」の中に施設に預け ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第3話は年齢不問のいて座生まれが条件でいて座生まれのポストとオツボネが里親候補の夫婦の家へ行った。そこでは多忙で家にいない両親がテレビモニターを通じてこの家の車いすの子の手助けにという事で里子を探したようだ。そんなオツボネはかつて母親に殴られた時に左目を失明した過去を持ち、その目はその時に傷が残っていた。そんなオツボネは施設長から出ていけ!と言われ、捨てた母親のところへ戻る。一方ポストは1度は拒否した車いすの子と次第に距離を縮めていく。そこで車いすの子が体操の事故で車いすとなりさらに両親が離れ離れで愛情に飢えていた。そんな姿を見たポストは車いすの子が歩けるように手助けする。そしてようやく立てるまでに回復した。一方オツボネは戻ったもののそこに居場所はなかった。母親は母親じゃなく、オツボネはロッカーに助けられて再びコガモの家に戻った。そしてポストは車いすの子と仲良くなった矢先、車いすの子が両親の離婚を告げられ、絶望して足を傷つけて絶望したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
27日日本テレビは水曜日10時に放送している「明日、ママがいない」が児童養護施設の団体などからの放送中止を求める抗議によりスポンサーへも抗議が拡大しドラマ枠のスポンサー全てが中止、もしくは見合わせする事になった。この問題は「明日、ママがいない」の中に施設に預けられている里子に対してペットのような言い方、子供同士であだ名の名前が児童養護施設の団体などから問題だと抗議を受けてドラマの中止を求める騒動に発展し、スポンサーもこの件で見送ったり中止に追い込まれた。近年稀に見る全スポンサー降板の事態に今の日本の自由の表現を脅かそうとしている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」第2話は新しい里親候補を見せられたポストたちはパチ、ドンキがお試しで里親候補の下へ行く事になった。そんな中でパチは何時もママの匂いがするシャンプーを手放さない。その理由は虐待を受けても忘れられない子供の本能だった。そんな中ピア美は行くはずだった里親候補のところにドンキに譲り、自らはポストと共にイケメンの御曹司のパーティーに出席した。そこでピア美は上手な腕前のピアノを披露するが、それを出席した子供たちが嫉妬しそれを見たポストが先に手を出した女の子にピア美の代わりに喧嘩するのだった。一方代わりに行ったドンキは里親候補のやさしさに涙が出てしまい、優しさゆえの辛さを感じるのだった。一方パチは里親候補のところへ行ったが、叶が里親候補にパチの生い立ちを話し、パチはパチンコ依存の母親により虐待を受けて、熱いところに死の淵まで追い込まれた過去があった。それを聞いた里親候補はその嫌な想い出を忘れさせようと張り切るが、子供の心はそんなに簡単なものでなく、それでも母親のシャンプーの匂いを忘れられないパチはシャンプーを捨てようとする里親候補の女に強制的に取り上げられた事で嫌な想い出がフラッシュバックして倒れる。嫌な予感がしていたポストたちはパチの里親候補先へ行ってそこでパチが倒れているのを見たポストが駆けつけて体を張ってパチを守ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「明日、ママがいない」は児童施設に預けられた子供たちが親から捨てられ、その中で過酷な現実は子供ながらに知る事で現実を生きていくストーリーである。児童施設で3万人が暮らすという現実、そして里子になった子供たちが里親から受ける虐待などこの問題を真剣に考える事で子供たちにも選ぶ人権が必要ではないかと考えていく事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「パシフィック・リム」は太平洋の底から突如怪獣が出現した事により人類は絶滅の危機に瀕する。怪獣に対抗するために人類は2人がシンクロして操縦する巨大兵器を開発して対抗するも次第に追い込まれ最後の決戦に向けてある作戦を遂行して行くストーリーである。人類は追い込まれた時どうやって対抗して行くのか?そしてそれを乗り越えるには人々の力が1つになる事が必要だと描かれている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「のぼうの城」は1590年に豊臣秀吉が北条小田原攻めの時に石田三成が攻めた成田長親守る忍城の攻防戦を描いた実話のストーリーである。天下統一目前の秀吉相手にわずか正規の兵500と農民だけで守り抜いたその攻防戦は地の利並びに城主の民衆を引き付ける人間性が無ければ成し得なかっただけに、人徳の大事さを知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「LIAR GAME -REBORN-」は甲斐谷忍原作の漫画を実写化した作品でテレビシリーズを経て2010年に映画化され、2年ぶりの新作として帰ってきた。今回は前回壊滅的な状況に追い込まれたライアーゲーム事務局が天才詐欺師だった秋山に復讐するために秋山の大学の卒業生を人質としてゲームに参加させ、そこでイス取りゲームを繰り広げて騙し騙され合いの末に勝者を決めるゲームである。 今回は原作史上でも名作と言われるイス取りゲームはそれぞれが纏まり合い、そしてそこで最後まで残る事を目指し始めるが、最後の最後で予想もしない勝者を目撃する事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
2011年12月31日に放送された 第62回NHK紅白歌合戦を視聴した。 今年は東日本大震災で東北の復興並びに絆を重視した紅白となった。 出演者は10年ぶりにカムバックした松田聖子、郷ひろみなどカムバック組も多く、 これまで出場しなかった松任谷由 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
映画記事に引き続き音楽記事のマイベストを選びたいと思いますが、 今年は全くと言って良いほど記事らしい記事を書いておりません。 とはいえそれなりに音楽は聴いていたのでここでほぼ総括して 今年のマイベスト音楽レビューとしたいと思います。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
2011年もいよいよ8日あまりとなってしまいました。 映画はあと1作品鑑賞予定があるので 2011年度全ての作品ではありませんが、 今年もいち早く総括に入りたいと思います。 今年は6年連続60本を達成しました。 今年は60本以上鑑賞が難しい ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」最終話は再び南極大陸へ向かった岳志は犬たちが生存しているわずかな希望を持って向かった。2度の航海で様々な対策が取られ空路で岳志は昭和基地へ降り立った。そしてそこで息絶えた犬たちを発見して打ちひしがれる。そしてリキもわずか数日前に息を引き取ったいた事だった。絶望的と思われた中で岳志は遠く彼方で2匹の犬を見つける。それはタロ、ジロだった。奇跡的な再会に岳志はタロとジロの側へ行き、その報告は日本中で歓喜に沸いた。そしてリキたちを南極の海へ沈めて日本へ帰国したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「南極大陸」第9話は再び南極観測隊を結成する事になったものの、今回は1次、2次隊から除外するという項目があった。白崎はそれでは南極では対応できないと必至の説得を試み、氷室もそれに応えて説得する。一方岳志は北海道でリキたちの事を伝えた後宗谷の改修に向かい、そこで改修作業を手伝う。そして第3次越冬隊に白崎と氷室の説得により岳志が同行できる事となり再び南極へ向かうシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」第8話は宗谷で無念の帰国をする事になった倉持は日本で待っていたのは犬たちを置き去りにした非難だった。倉持はその責任を感じて大学を辞める。一方政府は第3次南極観測を再検討する事になり、白崎隊長らが継続を必至で訴える。そんな中倉持は北海道へ向かい、そこで犬たちを借りた家々を回るが最初は非難や門前払いを受けてしまいその事の重さを痛感する。それでも倉持の犬たちと過ごした経緯を教授に説明し、そして犬たちも同じ仲間として生きた事を綾子や遥香に伝えるのだった。そして政府の再検討で第3次南極観測隊が結成される事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
30日NHKは大みそかに放送される「第62回NHK紅白歌合戦」の出場歌手計55組を発表した。注目は今年大活躍した天才子役芦田愛菜ちゃんと鈴木福くんの出演したドラマ「マルモのおきて」で役名で歌った薫と友樹、たまにムック。の「マル・マル・モリ・モリ!」で史上最年少となる7歳で出場を決めたほか、韓国ユニットのKARAと少女時代が文句なしの実績で初出場を決め、東日本大震災の甚大的な被害をキッカケに福島出身者で結成された猪苗代湖ズ、NHK朝の連続ドラマの主題歌を歌う椎名林檎がデビュー13年目で初出場となり、松田聖子の娘の神田沙也加が親子共演で初出場する。一方復活、復帰組では2009年を最後に活動を休止していた絢香が2009年の紅白以来2年ぶりに復帰するほか、松田聖子、郷ひろみ、松任谷由実、長渕剛、西田敏行、千昌夫らが長いブランクを経て復帰した。その他懸念された暴力団排除条例による出演拒否はなかった。これで紅白歌合戦は天才子役芦田愛菜ちゃん、鈴木福くん以外は復活、復帰組が紅白を盛り上げ今年1年東日本大震災で暗く沈んだ日本に勇気の歌声を伝える事になりそうだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」第7話はタロ、ジロたちを置いたまま宗谷に戻った岳志たちだったが、予想以上の悪天候にセスナすら飛ばせずこのままでは宗谷も脱出できない状況に追い込まれていた。岳志は何とか犬たちを救おうと願い出るが、白崎隊長は苦渋の決断で宗谷を沖まで避難する事を決断する。しかし燃料がわずか1日しか持たないと知り最後の望みに掛けるも悪天候のために苦渋の決断で救助を断念して帰国するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「南極大陸」は1955年戦後から10年が経た日本で初の南極観測隊を発足させ第1次南極観測隊として南極へ向かって未来への第一歩を踏み出したストーリーである。 戦後敗戦国として歩み始めた日本は国際社会の復帰を果たし、これから立ち上がっていくために外国もあまり手を付けていない南極大陸での足跡を日本復興への第一歩にしたその足跡は今の日本に必要な事を解いているのかもしれない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第37話は征夷大将軍に任命された家康は江の娘千を秀頼に嫁がせる事を決める。それを心配した江は自ら千の輿入れについて行くと言い出し、江は千の輿入れについて行く。そして大坂で淀、初と久しぶりの対面をし、そこでそれぞれ懐かしむが、千の輿入れが終わった直後に江は5人目の子を産み、その子を初に約束通り養子に出したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「うさぎドロップ」は宇仁田ゆみ原作の「うさぎドロップ」を映画化した作品で祖父の葬式で隠し子がいる事が発覚し、その処遇を巡って親族会議が行われ、自ら引き取る事になった青年と女の子が家族として暮らしていく姿を描いたストーリーである。祖父の隠し子というのも凄い事だが、その子供を青年が育てる事になった事で1人の子供を育てる難しさを知っていく事になるが、その中で家族の愛情も生まれていく。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ