3日プロ野球日本シリーズ2013東北楽天対巨人第7戦がクリネックスタジアム宮城で行われ、3対0で東北楽天が美馬投手の好投を2番手則本投手、最後は前日160球で完投した田中投手が志願の登板で抑え初優勝を果たし、東北楽天は創設9年目で日本一を達成した。試合は東北楽天先発美馬投手、巨人先発杉内投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が2死満塁までチャンスを広げるも6番坂本選手が凡退してチャンスを逃すと、その裏東北楽天が5番マギーの打球をショート坂本選手がウエラーして先制を許すと、2回に東北楽天は2アウトから1番岡島選手のタイムリー2ベースでリードを広げられると巨人は杉内投手を諦め2番手澤村投手を投入した。しかし東北楽天は4回に9番牧田選手のホームランでさらにリードを広げられると、巨人は2回以降チャンスらしいチャンスを作れず迎えた土壇場9回に東北楽天が前日160球投げている田中投手をマウンドに送り、巨人打線が最後の粘りを見せて2死1,3塁まで持ち込むも最後は代打矢野選手が三振に倒れて巨人は40年ぶりの連覇を果たす事ができなかった。これで東北楽天は田中投手がシーズン初の黒星を屈した翌日に選手生命を縮める覚悟で最後はマウンドに立って抑え最高のシーズンを終えた。 ... もっと読む