オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:窪田正孝

5
7月6日公開の映画「Diner ダイナー」を観賞した。 この作品は人生に転落した若い女性が殺し屋専門の店でウェイトレスとして働く事になり命の危険に晒されながら生きる意味と目標を見つけていくストーリーである。 生きるか?死ぬか?の極限の中で知る本当に生きる意味とは ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
7月29日公開の映画「東京喰種トーキョーグール」を観賞した。 この映画は人を食べる事でしか生きられない喰種という人間の姿をした種別が生きる為に人間と戦う姿が描かれ喰種になってしまった人間が喰種としての苦悩を味わっていくストーリーである。 種別により食べら ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「64-ロクヨン-後編」は64-ロクヨン-前編の続きとなる作品で昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件と同じ手口の事件が起きた事により当時の事件が大きく動き出し真犯人へとたどり着いていくことになる。果たして真犯人は誰だったのだろうか?そして真犯人にどうやってたどり着いたのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「64-ロクヨン-前編」は1989年1月1日〜7日のわずか7日間に起きた昭和64年の誘拐殺人事件を15年後の事項目前にした中で再びこの事件と刑事が向き合って事件解決へ動こうとするストーリーである。この事件の真実に果たして辿り着く事ができるのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「臨床犯罪学者 火村英生の推理」は臨床犯罪学者火村英生と推理小説家有栖川有栖がコンビを組んで数多くの難事件を解決していくストーリーある。人を殺してみたい臨床犯罪学者火村英生とその歯止め役の有栖川有栖の前にどんな難事件待ち受けているのか見どころだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
ドラマ「デスノート」最終話は父総一郎を殺した月はニアを葬るためにニアの行方を追う。しかしニアは捕まらず逆に月はニアに追い込まれる事態となる。そんな中でようやくニアの居所を掴み突入した先で月はニアの罠にハマり月がキラだという正体を暴かれる。追い込まれた月は正論を述べて正当化を図るが悪に身を染めた月の正論は詭弁にしか聞こえず月は銃弾に倒れ、炎の中夢となって消え海砂、魅上の記憶が焼失して事件が終わったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
ドラマ「デスノート」第10話は日村が粧裕を誘拐して月にデスノートを持ってくるように通告してきた。月はこれをデスノートを取り戻すチャンスと考え取引に向かう。しかしその取引場所にニアの人格を乗っ取ったメロが現れデスノートと共に姿を消す。そんな状況の中で月は海砂と魅上に指示してメロの周辺の仲間たちを殺してメロを逮捕したが、その直後逃げられてしまった。そして総一郎はLの遺言から月がキラだと確信して月を止めようと説得するが説得空しく総一郎は自らの名前を書いて死んだのだった。そして月は再びデスノートを取り戻したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
ドラマ「デスノート」第9話は月はLの追及で自白して追い込まれるが魅上の死神の目によりLの本名を暴き、Lを葬り去った事でLを抹殺する事に成功した月だったが、その直後に月が知らされていなかったニアが登場して再びデスノートを取り戻すチャンスを失う。そんな状況で月は魅上、そして弥紗と共に新世界を作っていくと語り3人でそれぞれの役割を徹底する事にする。そんな状況で月の妹粧裕が誘拐されてデスノートとの交換を要求されるが、月は誰がこの犯行をやったのか月本人の仕業で無い事がハッキリしていた。そして月は犯人が日村章子である事を知り、これはデスノートを奪い返すチャンスと捉えるが既にニアは月がキラだと見抜いており月の手口を知るためにこの種を薪いて芽にしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
ドラマ「デスノート」第8話をは第3のキラが死亡した事で再び事件は振出しに戻ったが、月はキラの記憶を取戻し、もう1つのノートを取り戻すべく海砂にノートを取りに行かせるが海砂がノートを掘り起こしている最中に暴漢に襲われてノートを奪われてしまった。しかしその後第4のキラ事件が発生し再び事件をLと追う事になったが、Lは既にキラは月であるという確信をしていた。しかし第4のキラを探していた月は第4のキラが検事である事を知り、検事とある取引をする。そして月はLが仕掛けてきた対決でLの名前を知ろうとある秘策をしていた。そしてLは月がキラだと賭けに出たが、その直後に月が検事からLの本名を知らされLをデスノートに書いて葬り去ろうとしたがLは死なず月は追い込まれるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
ドラマ「デスノート」第7話は月はデスノートの所有権を放棄してキラだった時の記憶が全て無くなった。Lは月をキラだと疑い続けるがどうしても月がキラだという感覚が見えないだけに捜査は頭打ちになってしまう。そんな中で第3のキラ事件を追う事になり、そこで月も捜査に参加する事になった。ミサミサは月と共に第3のキラがいると思われる会社のCMオーディションに参加するが、そこでLは自ら送り込んでいたニアの情報によってこの会社にキラがいる事を確証するがその犯行手口が見えない。しかしLは第3のキラをおびき寄せる作戦に出て、第3のキラは姿を現しそして第3のキラを確保したが、Lはデスノートに触った事で死神が見えるようになり、月はキラの記憶を取り戻して第3のキラを葬り去ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
ドラマ「デスノート」第6話は第2のキラとして海砂が捕まった。それを知った月だったが、海砂を助ける手段が見つからない。そんな中で海砂がデスノートの所有権を放棄してレムから所有権を放棄する事で記憶を忘れられる事を知る。忘れられる事でデスノートに関する記憶が無くなるだけにこのルールをどう使うべきか?月は考えた結果ある作戦を思いつく。そしてその作戦をリュークとレムに伝えると月は自らキラかもしれないと自ら被験者となってLを出向く。元々逮捕するつもりだったLは手間が省けたと月を監禁するが月はデスノートの件を一切話さない。そんな中で世間では再びキラが出現したと騒ぎ出しLも月を白状させようとするが、直前で月はデスノートの所有権を放棄して記憶は無くなった。しかしLは疑いを確信に変える為に総一郎に月を疑う演技をさせるも月は何もできずLは欲望のキラ逮捕へと舵を切るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
ドラマ「デスノート」第3話はLが月がキラだと疑い始めた事を直接Lの電話で告げられた事で焦り始める月だったが、まだハッタリである事を知り捜査のかく乱させようとするが、その中でミサミサが負傷しながらも助かった事を聞かされ月もリュークも混乱する。一方Lは月がキラだと断定する寸前まで来ていたが殺しの手口がわからず何とか殺しの手口を探ろうとする。そんな中月は尾行しているレイを追い詰めようとレイのフィアンセの名前を覚えていた事で脅しに使おうとする。そして予め下見をした事で月はあるオープンカフェにレイを呼び出しレイはフィアンセが狙われている事に焦りフィアンセを助ける為に月の要求を聞き受けるが、月はレイが死んでいる事を確認するためにある場所へと向かうがレイは自らの名前を書いておらず月は追い詰められるがレイがいきなり苦しみだし間一髪助かったがこの時点でミサミサが第2のキラだと知らないシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
ドラマ「デスノート」第2話は月はLがキラの正体に気づいているという事を強く感じて警戒心を強める。そんな中で月はリュークから弥海砂が48時間後に死ぬと聞かされ海砂を救うために手段を考えるが誰に殺されるかわからずどうする事もできない。そんな中で月はLが追ってとして仕向けているFBI捜査官を何とかしようと犯罪者を利用して自らの筋書きを描く。そしてその筋書き通りに実行するとFBI捜査官も筋書き通りバスに乗り込んできてバスジャックに巻き込まれる。そしてそこを利用してFBI捜査官の名前を探ろうとするがもちろん名前は語らない。犯人が暴走してFBI手帳の名前を観る事に成功してようやくその筋書きは犯人自殺で完結した。その直後にデスノートにFBI捜査官の名前を書いて殺そうとしたがその直後海砂がいる会場へ向かうとそこには海砂はいなかった。月は警備員に騙され海砂はその警備員に殺されようとしていたのだった。その直後Lから連絡が入りLは月がキラだとズバリ指摘してFBI捜査官の名前は偽名だと知ってまたも騙された。しかし海砂がレムによって命を救われた事を月はまだ知らなかったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
ドラマ「デスノート」は2006年に前後編で映画化され、その後アニメ化された大人気漫画のドラマ編として描かれる。顔を観た相手の名前を書けばその人を殺せるデスノートを手にした夜神月が起こす事件に天才探偵Lがその事件を暴く攻防戦が繰り広げられていくストーリーである。ドラマ編では設定が変更されている部分はあるものの基本デスノートのルールは変わっておらず9年の時を経て観るデスノートは人々にどのような形で写るのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「予告犯」はネット上でユーザーネームしんぶんしと名乗る人物が犯行を予告し実際に犯行をLIVE映像で流す事で世間の目を惹き付け、それを追う女刑事がこの事件の真相を追跡して行くストーリーである。この事件の真相を辿ると犯行理由を知ればその原因が個人だけの問題ではない全ての国民の問題である事を痛感するかもしれない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「映画 ST赤と白の捜査ファイル」は2014年7月に放送されたST赤と白の捜査ファイルの最終回以降に起きた事件の続編でSTのキャップ百合根友久がSTを離れるまでの3日間に起きた事件を追ったストーリーである。STとして最後の事件を追う事になった百合根は果たしてSTたちとどんな事件解決へと導くのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ST 赤と白の捜査ファイル」最終話は赤城が三枝に呼び出され桃太郎の鬼退治と称した事件に三枝が関わっている事を知らされる。この事件は警察が裁けなかった事件を代わりに裁く歪んだ正義がもたらしたものだった。その中で次に狙われるのは赤城か百合根と言われ、赤城は苦悩する。一方赤城は青山にプロファイリングしてほしいと依頼し犯人のプロファイルを続けされる。そんな中百合根が三枝に呼び出され、この事件について話をするが百合根はピンと来ない。そんな中百合根は犯人グループに誘拐され、赤城は百合根を追うが、三枝に百合根を助けたければ赤城1人で来いと告げられ、赤城は1人犯人グループの前に現れる。そして赤城はこの事件は自殺願望を持つ1人に犯人が歪んだ正義の下で他の誘ったメンバーに殺しの経験をさせる事で状況を共有し、次々と犯行に及んだ事件だと謎が解け、そこで駆けつけた青山、黒崎らが犯人らを確保し、百合根は再び撃たれたものの命に別状なく事件は解決したが翌日赤城は警察に逮捕されるショッキングな事態に陥ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ST 赤と白の捜査ファイル」第9話は百合根がいきなり警察庁刑事局特殊犯罪対策室の室長に抜擢され異動となる。一週間後に異動となるがSTたちは厄介払いという感じでいる。そんな中事件が発生し、背中にあるメッセージが刻まれていた。どこかで見た被害者だが、誰も思い出せない。そんな中で今度は乱射立て籠もり事件が発生し、そこで赤城が指名されるも、赤城は連続殺人事件を追っており、代わりに青山を中心にした4人が向かった。そこで赤城の代わりに人質となったのが池田だった。池田は青山の指示の下で巧みな交渉術で乱射犯を説得して行くが、人質を狙撃して事態は急変し、さらに池田が赤城でない事がわかると犯人はさらに混乱し、SATが突入したが犯人は池田が身を持って守った。そして犯人は行方不明になった息子を赤城に探してほしいという事で事件を起こしたのだった。そして連続殺人事件は意外な形で急展開を見せて三枝が絡んでいる事が判明したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ST 赤と白の捜査ファイル」第7話はバイオリニストの演奏会場で殺人事件が発生し、その殺人事件は密室殺人であり、何者かに殺された形跡が残されていた。閉所恐怖症の結城は密室というだけで敬遠する始末で捜査は重要参考人の4人のアリバイから調べ始めた。そうすると4人とも犯行の動機があり、その動機が焦点になる。そして更に捜査を進めるとこの事件にはストラディバリウスのヴァイオリンを巡る事件だと結城が気づき、ストラディバリウスのヴァイオリンの音が本物ではない事に気付いた。それによりこの事件の犯人を赤城がわかってしまい、赤城はこの事件はストラディバリウスのヴァイオリンを盗もうとして見つかった衝動的な犯行であり、密室殺人として作り上げた事件を見事に解明したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ST 赤と白の捜査ファイル」第5話は心霊番組のプロデューサーが首を折って亡くなっていたが、現場には心霊スポットと呼ばれる場所でありこの事件そのものが不可解とSTが出動した。検証した結果そばにあった脚立では仰向けになる事は不可能と検証した赤城らはこの場所で殺された訳じゃないと断定する。そしてプロファイルの青山は事情聴取したみんなが何かを嘘ついていると断定し、さらに調査をすると下の住人が事件当日は何も音がしなかったが、事件翌日の検証では音がしたと証言した事により他の場所で殺された事が確実になりさらに捜査を進めると、この心霊番組で数多くの検証をした結果それぞれの音が異なる事がわかり、その音から犯人は番組リポーターとADによる犯行だとわかった。そしてその経緯がプロデューサーのしつこい嫌がらせによる不慮の事故からの事件だったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ST 赤と白の捜査ファイル」第3話は黒崎の親友がインターネットの詐欺に引っ掛かり相談を受ける。その頃に原因不明の火災による死亡事故が多発し、その事件の謎を解明するためにSTが動員された。火の気のない場所で火災が発生した事で当初は放火が疑われたがその証拠がなかなか見つからない。そんな中黒崎の親友が騙されたのは暴力団である事が判明し。黒崎は協力しようとするが、親友は警察を嫌っており悩む。そんな中放火事件がその詐欺を働いた暴力団である事を突き止めた黒崎は親友を助けようと赤城、百合根に助けを求める。そして赤城と百合根は放火殺人事件解決へ向けて動き出し、放火の手段が違法な電磁波による発火である事を突き止めた赤城と百合根は黒崎が向かった暴力団を一斉逮捕し、そこでこの事件の犯行を立証して見せたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ST 赤と白の捜査ファイル」第2話はスデナグリという犯行が多発し、動画でアップされる事件が起きた。その中でついに殺人事件も起きてしまい、赤城と百合根はその事件を追う。そこにプロファイルの青山のファイリングの結果犯人は単独犯と判断したが、実際は複数犯とわかり刑事が負傷する事態になった。この失態を取り戻すべく赤城と百合根は再び事件を検証し直すと、殺された被害者はもう一人のゴーストライターとして小説を書いていたのだった。最初はその作家を怪しんだが、スデナグリ事件と共にこの殺害事件も赤城が謎を解き、殺害事件の犯人は作家の父親だったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ST 赤と白の捜査ファイル」は2013年にスペシャルドラマで放送されたSTの続編で、特殊能力を持つ特殊捜査班が赤城を中心に難事件を解決して行くストーリーである。人が持てない特殊能力を持つ反面、それ以外に大きな弱点を抱えるST捜査員たちをどう活用して行くのかが最大の課題になっていくだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「抱きしめたい-真実の物語-」は高校2年生の時に交通事故で医師からは「このまま死ぬ確率は60%、もし生き残っても一生植物状態」と告げられた小柳つかささんが記憶障害を負いながらも愛する人と出会い、結婚して妊娠し出産するもその直後亡くなるまでの生涯を描いた実話のストーリーである。実在する人物の生涯を描く上で本来生き続けた事そのものが困難な状況にも常に前向きに生きて幸せを掴んだつかささんの人生に多くの人が涙する事だろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の映画は青木琴美原作の漫画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」を映画化した作品で、サウンドクリエーターが音楽制作に行き詰っているところに突然現れた女子高生の歌声に惹かれるが、最初は音楽と関係ない関係で始めたものの次第に運命に導かれて音楽を通じて自分自身の音楽を取り戻していくストーリーである。夢がかなった後にどうしたいのか?そして何がやりたいのか?夢の後を続ける難しさと、実力の差の現実を感じながらも夢の世界で音楽を続ける現実も垣間見ることになるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「飛べ!ダコタ」は1946年1月14日の戦後間もない新潟県の佐渡に不時着したイギリス軍機のダコタを佐渡の島民とイギリス軍の軍人と共同で再びダコタが飛び立つまでの実話のストーリーである。戦後間もない日本で半年前まで敵国だった外国人との交流で戦争は国と国との争いであり人と人との争いではない事を知り、国境を越えた友情が育まれていく姿に戦争を憎んでも人を憎まずという精神を知ることになるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「SUMMER NUDE」第3話は朝日は香澄と見るはずだったDVDの返却を決意する。しかしそんな中かつてラジオで流れてきた思い出の曲を聴いて再び心が揺れる。一方朝日から写真を撮ってもらう事になった波奈江は撮影場所を探す。しかし朝日はやはり撮れないと再び断り波奈江は落ち込む。それを知った夏希は朝日に厳しく指摘した。そして朝日は夏希に呼び出され波奈江の撮影を朝日は再び決心し想い出を繋いだDVDを返却するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「SUMMER NUDE」第2話は朝日が香澄とみるはずだったDVDを返さず延滞していた。未練の残る朝日に対して夏希は厳しく指摘するも未練が残る中で波奈江の写真撮影をする事になる。しかし波奈江が選んだ場所の殆どは香澄といった場所ばかりで朝日は断り続ける。香澄に未練のある中では波奈江が入り込む余地がなかった。それを見た夏希はその未練を断ち切ろうと自らの婚約指輪を海へ投げる所を呼び出して本当に投げ込んだ。そして朝日はそんな夏希の姿をみてDVDを返そうとするがやはり最後まで未練が残ったままだったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「SUMMER NUDE」は3年前に失恋した男と結婚式に逃げられた女そして幼馴染の女が繰り広げるひと夏の恋を描いたドラマである。誰もが失恋すると引きずるものだし、男に逃げられたらショックだがそこからどうやって次の恋へ向かっていくのか?に注目したいところだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「ふがいない僕は空を見た」(R18+指定)は窪美澄原作を映画化した作品で同人誌のイベントで出逢った高校生と主婦が深い中となり情事に入り込み、それが夫や姑にバレた事で世間に知れてしまうがそれを広めた人たちもまた苦しい生活の中でそういう無意味さを知っていくストーリーである。性と不妊治療、そして出産、貧乏と生きていく中で必要な事、そして生きている中で乗り越えなければならない事を赤裸々に描いている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ