オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:福留孝介

5
25日プロ野球日本シリーズ2014 阪神タイガース対福岡ソフトバンク第1戦が阪神甲子園球場で行われ、 6対2で阪神が4番ゴメスの2本のタイムリーで勝利し、先勝した。 試合は阪神先発メッセンジャー、福岡先発スタンリッジの投げ合いで始まり、 3回まで ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
18日セントラルリーグクライマックスシリーズ14ファイナルステージ第4戦 巨人対阪神戦が東京ドームで行われ、 4対8で阪神が巨人を4連勝し4勝制になってから初の2位チームの4連勝で 日本シリーズ進出を決め、巨人はクライマックスシリーズ制になってから ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
11日セントラルリーグクライマックスシリーズ14ファーストステージ第1戦 阪神対広島戦が阪神甲子園球場で行われ、 1対0で阪神が福留選手のホームランを守り切りファイナルステージ進出に王手を掛けた。 試合は阪神先発メッセンジャー、広島先発前田投手の投 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
24日 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)強化試合日本対オーストラリア戦が京セラドームで行なわれ、8対2で日本が小刻みに得点を重ね勝利した。試合は日本先発ダルビッシュ、オーストラリア先発コックスの投げ合いで始まり、2回にオーストラリアが9番カールセンの内野安打で1点を先制するが、その裏日本が8番城島捕手の押出し、9番岩村選手の犠牲フライで逆転に成功すると、5回まで毎回得点でリードを広げた。その後日本は2番手岩隈投手、3番手岩田投手、4番手小松投手、5番手田中投手、6番手馬原投手のリレーで繋ぎオーストラリアを2点に抑えた。これで日本は調整試合の初戦を勝利し課題もみえた試合となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
12日中日からFAとなり米大リーグ挑戦を表明していた福留孝介外野手がMLBシカゴカブスと4年契約4800万ドル(約52億8000万円)で合意した。福留選手は今季右肩の故障81試合の出場に止まったが、2006年には中日のリーグ優勝に貢献しMVPを獲得し、その年のWBCでは韓国戦で日本を決勝へ導く代打2ランを放つなど大舞台での勝負強さを発揮した。外野守備にも定評があり、ライト、センターを守れるという事でMLBでの評価も高かった。あとはメディカルチェックをパスすれば晴れてカブス福留が誕生する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
12日中日ドラゴンズの福留孝介選手がFA権を行使する事を発表し、守護神の岩瀬仁紀投手はFA権を行使せず残留する事を発表した。福留選手は今季右肩痛の怪我で81試合の出場に止まったが、9年間で2度の首位打者と1度のMVPを獲得しベストナイン3度、ゴールデングラブ賞4度に輝いている。一方岩瀬投手は中日不動の守護神で3年連続40セーブの日本記録を更新し9年連続50試合以上登板を達成している。中日はFA権を行使した西武の和田選手獲得を目指しており、来季連覇を狙う上では守護神の残留は大きなニュースとなった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
22日ナゴヤドームで日本シリーズ第2戦中日対北海道日本ハムの試合が行われ、2対5で北海道日本ハムが初戦の雪辱を果たし1勝1敗の五分に戻した。試合は中日先発山本昌投手、北海道ルーキー八木投手の投げ合いで始まり、初回に北海道が1番森本選手の出塁、2番田中賢選手犠打でチャンスを広げ、4番セギノールのタイムリーで先制する。対して中日はその裏2番井端選手のホームランですぐさま同点に追いつき、4回に3番福留選手のホームランで勝ち越しに成功する。5回にも無死1,2塁のチャンスを作るが、9番山本昌投手のバントをルーキー八木投手が効フィールディングで未然にピンチを防ぎ流れを中日に渡さない。勝負の分れ目になったのは7回谷繁捕手のエラーからチャンスを掴み、新庄選手がチャンスメークして2死2,3塁から中日は8番金子選手勝負を選びこれが裏目となりタイムリーを浴びて逆転を許す。8回には定番通り1番出塁、2番バントから4番セギノールほ2ランで試合を決めた。最後は抑えのMICHEALが3人で抑え勝敗を5分に戻して北海道に戻る事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
10日東京ドームで巨人対中日戦が行われ延長12回3対9で中日が4番ウッズの満塁ホームラン含む7打点の活躍で2年ぶり7回目のセントラルリーグ優勝を果した。試合は4回に4番ウッズの3ランホームランで先制するが、その裏巨人は3番二岡選手のホームランで1点を返す。先発川上投手は7回に5番由伸選手らのホームランで同点を許してしまい試合は3対3のまま延長戦に突入し、延長12回に巨人4番手尚成投手を捕え、8番谷繁捕手のヒットから1死満塁とし3番福留選手のタイムリーで勝ち越すと、4番ウッズの満塁ホームランで巨人の息の根を止めた。投げては抑えの岩瀬投手が代打木村選手をショートゴロに打ち取り、初の胴上げ投手となり、落合監督は涙の胴上げを果した。これにより中日は日本シリーズで北海道か福岡の勝者と対戦する事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ