オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:福岡ソフトバンクホークス

3
23日福岡ソフトバンクホークスの王貞治監督が今季限りでの辞任を発表した。王監督は選手としては868本の本塁打世界記録保持者で、監督としては巨人で1984年〜1988年の5年間を指揮し、その後1995年から当時の福岡ダイエーホークスの監督に就任し20年間Bクラスだったチームを若手育成で常勝軍団に育て上げ、1999年と2003年に日本一に輝いた。第1回WBCでは日本代表として指揮し初代王者に導いたが、その後体調を崩して2006年シーズン途中で休養するなど体調面に不安を抱えていた。今シーズンは主力選手の故障が続き思うような戦いができずCS進出はなくなっていた。福岡の監督として14シーズン指揮したチームを離れ福岡に新たな時代の変化をもたらす王監督退任となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
5日横浜ベイスターズの多村仁外野手と福岡ソフトバンクホークスの寺原隼人投手のトレードが発表された。多村選手はWBC代表選手で世界一に貢献したが、今季は故障でシーズンの半分以上を棒に振ったものの、前シーズンまでは2年連続30本塁打以上をマークした主砲である。寺原投手はドラフト1位で入団したものの思うように力を発揮できずにいるが、層の薄い横浜では先発ローテーションとして期待される。それぞれの思惑が一致したトレードとなった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
9日インボイス西武ドームでプレーオフ第1ステージ西武対福岡Sの第3戦が行われ、1対6で福岡が勝利し第2ステージ進出を決めた。試合は4回まで両チーム無得点で進み、5回に西武が7番中村選手のホームランで先制するが、福岡は7回にズレータのヒットから2死2,3塁から9番代打稲嶺選手の同点タイムリーで追いつき、8回には無死1,2塁から5番ズレータの勝ち越し3ランで流れを掴むと、9回にも1点を追加し、最後は抑えの馬原投手が抑え第2ステージ進出を決めた。これで第2ステージは北海道対福岡の対戦となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
8日インボイス西武ドームでプレーオフ第1ステージ西武対福岡Sの第2戦が行われ、3対11で福岡が勝利し第2ステージ進出に逆王手を掛けた。試合は初回に西武が3番中島選手のホームランで先制するが、福岡は4回に9、1、2番のタイムリーで逆転に成功する。西武も5回に2点を返すが、福岡は6回と8回に1点ずつ追加点を上げて、9回には4番松中選手、5番ズレータの連続ホームランで一挙5点を上げて試合を決めた。最後は抑えの馬原投手が抑え西武に逆王手を掛けた。これで明日3戦で両チームの決着を観る事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ