オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:石原さとみ

3
21日ドラマ「恋はDeepに」第2話を視聴した。 今回は溺れているところを海音に助けられた倫太郎は助らえた経緯をなかなか思い出せない。そんな中で海音は助けた事を覚えている事を知り気持ちが動転する。 海音はこのプロジェクトを止めるためにまずは相手の事や開発に関する ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4月14日スタートのドラマ「恋はDeepに」を視聴した。 このドラマは海を愛する魚オタクの女とリゾート開発の御曹司が正反対の立場から恋を繰り広げていくストーリーである。 リゾート開発という環境問題は避けられない事案に恋は成立していくのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
11月22日公開の映画「決算!忠臣蔵」を観賞した。 この映画は忠臣蔵が起きるまでの予算を巡る攻防を描いたストーリーである。いざ討ち入りするにも多額の予算が必要という事を理解していかないと討ち入りはできないという事だ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
7月1日公開の映画「忍びの国」を観賞した。この映画は伊賀を収めていた忍者集団が織田軍に攻められて織田軍との攻防を繰り広げるストーリーである。当時忍者は大名にとって情報戦や刺客として使っていたが実際に忍者集団の手強さを信長も理解していたという事を知るだろう ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第9話は悦子はLassyの校閲の人員不足により校閲を手伝う事となり張り切る。しかしファッション誌と雑誌というこれまでの校閲と違い丁寧に読み解く時間が少なく、これまでのやってきた事が通用せず壁にぶち当たる。決定的ミスをしてしまい落ち込む悦子だったが、幸人がこれまで悦子に励まされてきた事を伝えようと幸人が裏方の事についていろいろ調べていた事を悦子に伝えて悦子は自信を取り戻してLassyの校閲を完成させたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第8話は茸原部長は悦子に恋愛小説家の校閲を任せる。悦子は恋愛小説家は厳しい人なのでいつも以上に仕事をしてほしいと注文する。その言葉通り恋愛小説家は悦子にダメ出ししてくる。校閲を大幅に見直す事になった悦子は恋愛小説家と接触して次第に理解しようとするが、その先に恋愛小説家が病気で入院してしまう。それでも悦子は小説の内容を知りたいという事で話を聞こうと病室に向かい、そこで小説に命を懸けている姿を観た事で悦子は小説に命を込められている事を知ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第7話は本郷先生の最新作を校閲する事になった悦子だったが、その帰り際に幸人とバッタリ会ってしまうも何か空気が違う。楽しく校閲している悦子だったが、実は本郷先生と幸人は3歳の時に離れ離れになった親子だった事を知る。貝塚に本郷先生と幸人とは確執があると聞かされた悦子はストレートに聞き出そうとできない。しかし最新作で書かれている内容はどうしても幸人じゃないとわからない事があり幸人本人に直接聞き出そうとすると幸人は少し間を置いて経緯を話だし特に確執がないと語り本郷先生と幸人は打ち解けたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第6話は幸人と登代子が同居していると知った悦子は状況を確りしようと冷静になろうとするが理解し切れずに動揺し続けていた。そんな中で子供向けの新雑誌が創刊される事となり、その中に有名作家の小説を掲載しようとするが、子供には難しい表現が多く、この表現をどうしようか悪戦苦闘していた。そんな中有名作家は掲載を取り下げた事で記事に空きができてしまうが、そんな中でかつて作家志望の男と再会した貝塚はその男に子供向けの雑誌に掲載しないかと持ち掛けて掲載する事になり3日かかるところを1日で仕上げようと校閲部が徹夜で作業に取り掛かり見事に完成させた。その朝に悦子は幸人から告白を受けるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第5話は人気スタイリストの校閲をする事になった悦子はそのエッセイの校閲に張り切っていた。しかし実際にそのスタイリストに会ってみると無駄を嫌うほど傲慢な人だった。登代子が人気スタイリストに外れてと言われて落ち込んでいた。悦子は人気スタイリストの実際に感じた事を調べるが無駄な作業という捉え方をされてしまう。しかしその無駄な作業を作業場を訪れた人気スタイリストが悦子たちの無駄な作業があるから間違いが起こらないという事を知り、無駄な作業はないと悦子は認めさせた。しかし悦子はその直後幸人と登代子が同棲している事を知ってしまうシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第4話は週刊誌の記者と接点を持つ事になった悦子は週刊誌の記者のドブネズミ以下の仕事に怒りを覚えていた。そんな中校閲した人気女優の自伝を手掛けていた悦子だったが、その女優が隠し子のスキャンダルで記者会見を開く事となり自伝も出版中止の可能性もあった。そんな中で悦子は観ていられず記者会見場に駆け付けるがそこで週刊誌の記者と対立する。そんな中始まった記者会見は週刊誌記者のえげつない質問で女優は倒れてしまいそこに現れた悦子の行動で視聴者が女優を擁護する書き込みで溢れて悦子は女優を救った。そして無事自伝は出版されたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第3話はファッションショーで幸人と再会した悦子は彼が作家の是永是之だと知り驚く。そんな中悦子は米岡が担当していた人気作家・四条真理恵の小説の校閲をする事になった。この交代には好きな作家は校閲してはならないというルールがありそれに従ったのだった。そんな悦子に四条から会いたいと言われて会う事になる。そしてその時に悦子が校閲していないメモが残されている事を知り、その犯人が藤岩だった事が判明する。実は藤岩も四条の小説のファンである事を隠していた。それを知った悦子は四条にその事を伝えると藤岩に校閲をお願いする事になり、当初は断ったが周りに押されて校閲する事になった。そしてその校閲で四条は賞を受賞する事になり喜ばれるのだった。その後悦子は幸人から小説の感想を聞かれて詰まらないと答えたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第2話は人気ブロガーの出版を校閲する事になった悦子は節約術ブログの著者と意気投合するほど熱の入れようだった。しかし悦子は張り切る中で校閲ではしてはならない表紙で脱字を起こしてしまい悦子は5千冊に及ぶシール貼をする事になった。責任を痛感した悦子だったが校閲部の全員がミスをした経験があり、そのミスで多くの人を大変にしてしまう事で悦子は身をもって痛感した。そして発表の日に悦子は先頭に立って謝罪するも作者もまたブログで誤字脱字だらけを校閲する姿に誤字も自分らしいと話悦子は救われたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」はファッション誌の編集をしたくて同じ出版社に7回入社試験を受けた河野悦子が7回目で合格したものの、配属された先が校閲部という誤字脱字を校正する部署に配属され校閲の面白さに目覚めていくストーリーである。 校閲する人がいるから色々な文章も読みやすくなっている事を知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「シン・ゴジラ」はゴジラシリーズ12年ぶりの新作映画で突如東京湾アクアラインに現れたゴジラに対して未知の巨大生命体と日本政府の攻防が描かれるストーリーである。正体不明の巨大生命体を前に人はどう戦っていくのか?そしてこういう時日本をどう守る事ができるのか?考えさせられる事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」は漫画進撃の巨人を実写化した作品で「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の後編となる。再び巨人に襲われた人類は巨人の侵入を防ぐために志願兵を派遣したがそこで巨人になったエレンはみんなを救うが、その直後どうしてエレンが巨人になれるのか詰問を受けたが突然現れた巨人に捕獲される。しかしその直後に知ったのは驚愕の事実であり全てをエレンは知ることになるストーリーである。これで終わりではないもののどうして人類は巨人に怯える事になったのか?そして巨人はどうして現れたのか全てが明らかになる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」は諫山創原作の漫画進撃の巨人を実写化した作品で突如現れた巨人によって人類の多くを失った中で壁を築き100年以上経た時代に再び巨人が現れて人類は絶望の危機に瀕する中で巨人と戦っていくストーリーである。どうして巨人が現れ、そしてどうして人類は追い込まれる事になったのか?謎のままストーリーが進んでいく。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
「幕末高校生」は現代の日本史教師と生徒たちがひょんな事から幕末にタイムスリップしてしまいそこで江戸無血開城直前の勝海舟と出会い、実際の人物と異なる事に戸惑いながらも歴史を戻そうとするストーリーである。歴史を変えるという事はその後の歴史も変わるというストーリーにどこまで歴史に関われば変わり関わらなければ変わらないのかを感じて行く事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
「MONSTERZ」は見たものを誰でも操れる男がある日操れない男で出会った事で操れない男へ挑んでいく攻防を描いたストーリーである。操れる事そのものの能力と引き換えに体が壊死していく状況と引き換えに操れる男が、交通事故すら全治1日で治ってしまう丈夫な男はこの世が与えた副産物なのだろうか?それとも悪魔なのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ラッキーセブンスペシャル」は2012年1月期に放送されたラッキーセブンの続編で、今回はラッキー探偵社の7人がある男性の事救ってほしいと依頼され、そこから数多くの詐欺行為をする天才経済学者の悪事を暴いていくストーリーである。何時もの駿太郎と新田の喧嘩から始まり、最終的には息の合ったコンビで事件を解決していく姿はやはりラッキー探偵社は7人揃っての探偵事務所だという事を示してくれた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「カラスの親指」は詐欺師のコンビがある日突然少女を助けた事で姉妹とその恋人との共同生活をする事となり、過去の因縁から5人は狙われてしまうが、5人は最後の大勝負を掛けて因縁の相手を騙すストーリーである。悪い奴を騙すストーリーは痛快だが、それ以上にもう1つ騙されたストーリーにも感動し、この結末を知るまで目が離せないだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「リッチマン、プアウーマン」は年商時価3000億のIT企業の発想はポンポン出るが人の顔と名前が覚えられない若き社長と東大理学部在籍ながら今だ1社も内定がもらえないが記憶力だけは誰にも負けない女子学生によるラブストーリーである。今の時代にこんな企業が早々ある訳ではないが大金持ちと貧乏人とのやりとりに注目したいところだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「貞子3D」は1998年に大ヒットした映画「リング」の鈴木光司原作の「エス」を映画化した貞子シリーズの続編で呪いの動画を見た人が次々と謎の死を遂げる事件が続いている中である高校の教師が呪いの動画を見た生徒の影響で巻き込まれるが、その先にはSの復活という謎のキーワード秘められておりその先にはあの恐ろしい恐怖の復活を観る事になるストーリーである。今回は時代が変わった事もあり呪いのビデオテープではなく、呪いの動画として貞子がインターネット上に潜んでいる設定となっており、その恐怖が再び再現される事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「坂の上の雲」第3部最終話バルチック艦隊との戦闘が始まった。三笠の東郷は直前でターンを指示し斜め回頭したのち三笠は反撃に転じ旗艦スワロフ目掛けて砲撃し、その多くが命中しスワロフは炎上する。次第に後続艦も被弾し、撃沈する艦も出始める。三笠も被弾するもその多くは致命的な被弾ではなくその後ひたすら打ち続ける。白昼戦でロシア艦隊の半数は戦闘不能となり多くが沈没した。そして翌日ロシア艦隊は降伏して日本は戦艦を1隻も失わず魚雷艇3隻のみの損失という圧勝だった。その後日本は日露講和条約を締結したものの、賠償を得る事はできなかった事で国内の反乱を招く結果となったが、日本はロシアの植民地化を阻止する事に成功した。そして真之はその後も海軍に残るも1918年に死去し、好古も軍を退役したのち故郷の学校の校長を経て1931年に死去したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「坂の上の雲」第3部第3話は旅順を攻略した日本軍は海軍を1度呉と佐世保に退却させ、満州軍はロシア軍と対峙した。数で劣る日本軍は作戦でロシア軍を翻弄し、ロシア軍は日本軍の作戦にハマり撤退した。そして日本軍はバルチック艦隊が対馬を通るのか、津軽を通るのかで意見が割れていたが、最終的に対馬を選びバルチック艦隊が対馬に現れついに日本海海戦が始まったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「坂の上の雲」第3部第2話は日本軍は旅順攻略に2度も失敗し、3度目の攻略を練るもまたも失敗する。3度目の失敗でようやく二〇三高地を目標に変えた日本軍は1度は占領するもわずか40の兵では何にもできず再び奪還されてしまった。それを知った児玉源太郎は自ら旅順へ行き乃木と指揮権を交代し、 二〇三高地を再び攻めて二〇三高地を占領に成功し、そこから旅順を砲撃してロシア軍が立てこもる旅順攻略目前まで迫ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「坂の上の雲」第3部第1話は日露戦争も本格化し、日本軍は旅順攻略へ向けて作戦を練るが、要塞を守るロシア軍を攻略する事ができない。そんな中陸軍から旅順攻略を狙うも尽く討ち死にするほど激しい砲撃の前に2度の作戦も失敗に終わる。そんな中で真之が再三進言していた二〇三高地を占領して旅順を攻撃する作戦へ舵を取るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ブルドクター」最終話は武田教授が記者会見しようとしたところに代議士・縄文寺が記者会見をしたために完全に訴える手段を失った武田教授は逮捕され、秘書の奥山は自殺で発見されてしまった。このままでは遺体焼かれてしまい決定的な証拠すらなくなってしまう。そこで珠美と知佳は禁じ手である遺体を盗む事を考え実行に移し、知佳が運転手、珠美がすり替えを手配し、そしてすり替えは見事に成功する。そして遺体解剖の結果死因は他殺と断定し、代議士・縄文寺が指示した証拠もないまま向かうが、そこに潤之助がおり、そこで珠美と知佳は迫るが、逆に追い出されそうになる。そして潤之助は決定的な証拠であるICレコーダーを出して代議士・縄文寺の話を持ち出し、そしてその直後警察が逮捕状を持ってきて代議士・縄文寺は逮捕され、その後知佳は再び所轄に戻り、珠美は1度大学を解雇されるが、1年後再び潤之助に呼び戻されて再び復帰するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ブルドクター」第10話は武田教授が殺人未遂にあった事で、事件は次第に大きな局面を迎えていた。珠実は知佳と共に意識を取り戻した武田教授から全ての真実を話される。それはかつて美亜の移植手術で美亜の母親が医療ミスで手術中に死亡し、死亡したまま美亜に臓器を移植されたという事実と、その後関東医療センターで隠ぺい偽造を大物に指示された事を告げられた。そして矢代からも脅されていた事を謝罪され、この事実を公表する事にした。しかし公表する前に大物議員が動きだし、会見寸前で先手を打たれ、潤之助が新教授に就任するという発表をされるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ブルドクター」第9話は武田教授が意識不明の重体で病院に運ばれた。病院では高広が執刀し手術は成功するも、意識不明の重体のままだった。美亜は武田教授の携帯から脅迫されていた事を知り、その送り主が矢代だとわかり追及するも脅迫されてやったと言うだけで口を割らない。そんな中高広と珠実はこれまで珠実のわがままに我慢できなくなった事でついに口論となり、高広は家を出てしまう。そして知佳もまた潤之助と破局し、珠美と知佳で話し合っていた中で武田教授から預かった封筒を珠実は開けてその中にUSBとカギが入っていた。そのUSBには本当の死因と、診断書が違う事がわかり、カギはその血液が残されていた。その結果診断書との違いがわかるが、その時武田教授は殺されたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ブルドクター」第8話はボクシングジムでボクサーが亡くなった。その死因に不審に思い捜査しようとした知佳だったが、上層部からストップが掛けられた。その経緯に不審を抱いた珠実と知佳だったが、家族の依頼で解剖しようとしても許可が下りなかった。そんな中で珠実は亡くなったボクサーの家族からこのままでは死に切れないという話をされると、珠美と知佳は動きだし、無断で解剖を行った結果死因は心筋梗塞ではなく背中を強打したショック死だとわかり、遺族との記者会見で死因を明らかにしてボクシング会長とボクサー3名が逮捕された。しかしそれにより上層部の黒幕が武田教授を呼び出し珠実を辞めさせるよう詰め寄ったが、武田教授はそれを拒否し殺されたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ