1日ロンドン五輪男子体操個人総合決勝が行われ、内村航平選手が全ての競技で15点以上の得点をマークして他を寄せ付けず男子体操個人総合28年ぶりの金メダルを獲得した。競技は内村選手が苦手のあん馬を15点台でスタートし、跳馬で16・266点の高得点をマークして首位に立つと最後まで首位を譲る事なく競技をやり切り日本に28年ぶりの個人総合金メダルを獲得した。田中和仁は4種目まで15点台をキープしたが、ゆか、あん馬でミスを連発してメダルを逃す6位に終わった。これで男子体操は2大会ぶりに金メダルを獲得し残された個人種目に更なるメダルを目指す。 ... もっと読む