12日ロンドン五輪レスリング男子フリー66キロが行われ、米満達弘選手がスシル・クマールを下して男子レスリングとして24年ぶりに金メダルを獲得した。試合は米満選手は2回戦、準々決勝、準決勝で苦手の相手と対戦したが巧みなレスリングを展開して決勝に進出し、決勝ではインドのスシル・クマールに終始危なげない試合展開で寄せ付けず男子レスリングとしてソウル五輪以来となる金メダルを獲得した。これで男子レスリングは24年ぶりの金メダル獲得でお家芸復活のキッカケを示し、日本勢として大会最多メダルと通算400個目のメダルの節目となった。 ... もっと読む