オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:甲本雅裕

5
「貞子vs伽椰子」4DXはリングシリーズの山村貞子と呪怨シリーズの佐伯伽椰子がそれぞれの呪いを通じて対決する事になるストーリーである。果たして2人が対決した場合どちらが最強のホラーの称号を得る事になるのか見逃せない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
3月12日公開の映画「エヴェレスト 神々の山嶺」はエヴェレストの登頂を目指した1人の男を追うカメラマンのエヴェレストでの闘いの記録を綴ったストーリーである。人は何故山に登るのか?人はどうして危険を冒してまで1番高い山を目指すのか?そう問いたくなるストーリーだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」Season2最終話は大手建設会社が倒産し融資をしていた東京第一銀行も大きな損失を出す事になった。その中で臨店班が堂島専務に呼び出され建設会社から数十億円の裏金の内1億が東京第一銀行に流れていたという告発メールが届く。そしてその調査の結果その賄賂を貰っていたのが真藤常務である事が判明し相馬と花咲舞は驚く。しかし真藤常務はその件は認めるも、その真実を語ろうとはしなかった。しかし真藤常務の妻から花咲舞の夫の真実を明らかにしてほしいと頼まれ、花咲舞は相馬と共に調査するとある驚愕な事実を知る。そして堂島専務に促されて始まった取締役会で臨店班はあるマスコットを提示してここでこの裏金を指示した張本人は頭取である事を告発し、この勇気ある告発に真藤常務が真実を語り出し、堂島専務の頭取解任決議で満場一致で頭取は解任され、真藤常務は責任を取り子会社へ出向となり、堂島専務が頭取に就任したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」Season2第8話は川崎支店の支店長が何者かに襲われる事件が発生し臨店班の相馬と花咲舞が調査する事になった。川崎支店の支店長はかなり怒鳴り散らすような人物で周りが恐れる存在だった。故に数多くの恨みを持っている可能性があり、恨みによる犯行ではないかと推測できたが、そこ直後に武蔵小杉支店の支店長も襲われ、2人の接点は7,8年前に同じ虎ノ門支店の融資課で働いていたという事だった。そしてそこからかつて虎ノ門支店の融資課で働いていた銀行員に事情聴取して当時川崎支店の支店長が融資課長だった時に左遷されられていた事を知る。しかしその銀行員は既に退職していた。そして相馬はここで当時の虎ノ門支店の実態を調査するとその時の支店長は真藤常務である事を知り、川崎支店の支店長は部下だった事を知る。そして真実を知った相馬と花咲舞は元銀行員の暴走を阻止するために間一髪真藤常務を守ったものの当時の経緯を人事部に報告して川崎支店、武蔵小杉支店の各支店長に降格、訓告処分を真藤常務が下し、元銀行員への被害届を取り下げたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」Season2第7話は財務情報の漏洩で五反田支店へ臨店する事になった相馬と花咲舞はその担当が松木だった事を知り松木から事情を聞くと稟議を上げる為に自宅へ持ち帰ろうとしていた事を聞かされる。無くした事を思い出そうとするが、松木は融資課長に捕まって設定に付き合わされた事で付き合わされた先を調査すると融資課長と立ち寄ったキャバクラで紛失した可能性が高い事がわかった。そしてそこで挙動不審だった女が五反田支店の顧客とわかり調査するとその顧客の残高はカツカツで何故か20万が振り込まれている事がわかる。融資課長の顧客の愛人とはわかるが証拠がない。そこであえて取引現場で女を拘束して融資課長の顧客も確保する作戦に出て見事成功し、そこで融資課長のデス発言で犯行に及んだ事がわかり花咲舞がお言葉を返して撃退したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」Season2第6話は相馬と花咲舞は検査部の与信検査の応援をする事になった。しかしこの応援には相馬が事前に検査部主任が賄賂をもらっているという情報を得ており、その調査の為だった。噂の主任は舞台となった深川支店では融資法違反の案件が発覚してそれが支店長決算である事が判明し、支店長と検査部主任の不正を相馬と花咲舞は暴こうとした。そして調査の結果支店長の出資法違反の証拠を入手し、検査部主任の賄賂の受け渡しの決定的な現場の証拠を突き止めて支店長と検査部主任の不正を暴いたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」Season2第5話は相馬の長年の友人と同窓会で再会しそこから融資のお願いをされた事で相馬は松木に融資を担当させる事にした。しかしいざ調べると友人の会社は経営が厳しく倒産寸前だという事が発覚する。しかも決算書を偽造された形跡もあり、相馬は真実を確かめるべく直接友人に問うとそのお金がないと妻が闇金の連帯保証人になっているという事実を聞かされ相馬は最終手段として自己破産をさせて相馬自ら闇金に乗り込み自らの失態にケリをつけたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」Season2第2話は花咲舞と相馬は五反田支店に事務処理ミスを始動していたところにかつて相馬の部下だった融資課の松木に出会う。松木はある悩みを抱えており、担当している融資先の融資額1億を回収するように支店長命令を受けていたのだった。その融資先はスーパーで半年前に新規参入してきたスーパーに押されたものの持ち直しており、黒字を確保していた。しかし支店長判断で将来性がないという事で引き上げるという事に納得できない松木は相馬に頼んで調査を依頼すると進出してきたライバル店のスーパーは融資先不適合で本店は融資を見送る判断を下されていた。それを知った相馬は裏で支店長が賄賂をもらっているのではないか?と調べると架空の口座がある事を突き止めて支店長室に忍び込み支店長の通帳を見つけて決定的証拠を手にし、五反田支店長を花咲舞は融資回収撤回並びに支店長懲戒解雇にしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」Season2第1話は前回から1年後となる東京第一銀行本部・臨店班を舞台に相馬と花咲舞のコンビが様々な問題に対して解決して行くストーリーである。前回から1年という短いスパンで再び戻ってきた花咲舞の活躍からまたまた目が離せない展開になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」最終話は伊丹グループの1万人分の給与データが紛失し東京第一銀行は大騒ぎになっていた。相馬と花咲舞はこの事件の調査委員に選ばれるが各部署の縄張りを主張し思うように事件は進展しない。そんな中マスコミに東京第一銀行のシステム障害というニュースが流れてさらに大事となった。このままだと銀座再開発プロジェクトの幹事どころかプロジェクトにすら参加できなくなる。さらに調査を進めた相馬と花咲舞はある防犯カメラの中で不自然に動く人の動きを発見する。その人物は以前新宿支店で不祥事を起こして人事部に異動となっていた伊丹グループの御曹司だった。証拠を掴んだ相馬と花咲舞は御曹司を追求し、ついに御曹司は白状したが反省の色はない。そんなところに伊丹会長が登場し息子を殴りなんて馬鹿な事をしたのか!と一喝しこの事件は御曹司の起こした事件だという事が確定した。しかし世間的には行員の不手際として扱われ対象者が飛ばされ、さらに東京第一銀行が銀座再開発プロジェクトの幹事を勝ち取ったと発表された。その発表に間違っていると感じた花咲舞は相馬の後押しもあり、本部長にあなたは間違っていますと最後まで黙らず自ら間違っている事を変えていきますと宣言したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」第9話は花咲舞が新宿支店に応援に向かった。テラーの仕事ができるという事で強盗訓練を本物の強盗と間違うほどの生き生きした仕事ぶりだったが、そんな中で融資課に所属する大グループの御曹司が強引な要求を突き付けて花咲舞は激怒する。翌日無事に応援は終了したものの、その御曹司が黒字を続けている会社の融資をしなかった事によりその会社が赤字倒産の危機に陥る。融資を見送る理由がない会社だっただけに、これが問題になれば支店長の首が飛ぶほどの大事だった。相馬はかつて新宿支店に勤務経験があり、その取引先も良く知っていた。相馬と花咲舞はその会社を救うために新宿支店の行員らと共同作業で本店までに掛け合って稟議を通し会社の赤字倒産を回避した。この行動を招いた御曹司に反省の色が無いのを見た花咲舞は怒りのお言葉を返したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」第8話はテラー時代のお客が預金していた銀行が破たんし、預けていた預金の内1000万は戻ってこない状況となった。何とか取り戻せないかと相談を受けた花咲舞だったが他行の事ゆえできる事は限られていた。しかし銀行員に預けた預金が事前に銀行が破たんしそうだと知っていたらしいという情報を入手した花咲舞はその行員から事情を聞くと突然怒り出し、何かおかしいと調べ始めると担当した行員が株に手を出していた事を突き止める。行員が株をやる事は禁じられており、行員はお客から騙し取ったお金で株に投資していた事を確信した花咲舞と相馬はその行員をおびき寄せて見事に御用にし、お客の預金を取り戻したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」第7話は同僚に紹介されたお店で花咲舞は男前の人と出会うも、そのお店のシェフから当行行員に賄賂を渡した事を調べてほしいという依頼を受ける。そのお店は最近業績が伸びて一時期の経営危機を乗り越えていたが、突然の業績の伸びに疑問を感じていた。身辺調査をすると品川支店の副支店長が個人的にお店に融資していた事を知るが、その理由を掴めない。そんな中相馬と花咲舞は仕入れ先や元店員から事情を聞くと、実はこのお店で提供していた食品が偽装されていた事が発覚し、副支店長は白状し、花咲舞は偽装したオーナーに経営者として間違っていますとお言葉を返したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」第6話は週刊誌に支店長からセクハラを受けているという告発記事に東京第一銀行は揺れていた。これが事実なら銀行の信頼が失墜するからだ。それを告発した女性行員を探すように命じられた相馬と花咲舞は嫌な仕事ながら相手を探し回るもみんな自分が犯人のように言われて不信感を露わにされる。そんな中で頭取宛てに匿名にメールが届き、そこには花咲舞の同僚である川島奈津子が告発した張本人だというものだった。事実確認するべく奈津子の元に向かった。そしてメールの送り主が奈津子だと本人から告げられた花咲舞は奈津子に味方したいと申し出るも今まで言えなかったという。そして本部長から事実確認の呼び出しを受けて奈津子は本店に向かう。しかしここで臨店班は何もできない状況だったが、花咲舞と相馬の情報収集によってセクハラの張本人である元支店長で現人事次長の決定的証拠を突きつけた花咲舞は決め台詞を相馬に持って行かれたものの見事に人事部長のセクハラの事実を明かしたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」第5話は中野支店の金融庁検査に立ち会う事になった。そこに現れたのは傲慢で知られる金融庁検査官だった。その検査官によって徹底的に細かいところを調べられる。しかしあまりの傲慢なやり方に花咲舞は段々黙っていられなくなってきた。そんな中行員の1人が借金の弱みに付け込まれ、検査官に目を付けられ弱みを良い事に支店長に決定的なミスを探すように動かしていた。そんな中その事実を知った相馬と花咲舞は正直に借金の事実と銀行を守るためにできない事を告げて、その行員は検査官の圧力に屈しなかった。そして花咲舞は検査官に罠を仕掛けて、隠している資料が無いのにあるような話をした女性行員の話を鵜呑みにした検査官はあまりの強引なやり方についに相馬が決定的な録音レコーダーを出し、そして花咲舞はお言葉を返して検査官は懲戒免職となったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」第4話は若手行員が失踪したという事で調査に向かった花咲舞と相馬はそこで若手行員の過保護ぶりを聞かされ、その母親が怒鳴り込んでくるという。しかしその母親から5億の預金をしてもらっている立場上反論できない。そんな中花咲舞がその母親に反論するも逆に火に油を注いでしまった。仕切り直して相馬と花咲舞はこの件を詳しく調べると支店長らが話した事とは違う証言を受ける。これにより若手行員の実像の違いから相馬と花咲舞はテーラーから若手行員の働きぶりを聞き、支店長が若手行員が担当だった融資先に直前で融資を中止していた事を知る。その融資先は危うく倒産しそうになるが、その最中に訴訟を抱えている事を知る。その訴訟先こそ支店長の息子が社長を務める会社だった。これで支店長がどうして融資しなかったのかの理由が解り、花咲舞はあなたこそモンスターだ!とお言葉を返したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」第3話は花咲舞は相馬と共に蒲田支店へ事務応援に行くように命じられ、蒲田支店へと向かう。そこの支店長はとにかく行員を無能と言いはるばかりで行員たちに罵声を浴びせ続ける。そんな中花咲舞はテラーとして難癖ある客を見事な対応で裁きそして他のテラーより多くの客を裁いてみせた。そしてその夜テラーたちとの飲み会で支店長の事を聞いた花咲舞は相馬と共に支店長に叩きのめされる事を前提にした派遣だと知る。そんな中2日目は初日以上に事務量を預けられそれでも裁き続ける花咲舞だったが、支店長の罠によりミスをしてしまい謝罪する事になった。しかしテラーたちが支店長の罠だったと教えられた花咲舞はその直後詐欺にあった父の名前に見覚えがあり、その名前は支店長が大量の口座開設を受けたお客だった。それを知った相馬と花咲舞は支店長に詐欺師だと告げて詐欺師を逮捕して見せた。その直後支店長が行員たちに無能呼ばわりした姿を観た花咲舞はあなたこそ無能です!と言い返し行員たちから拍手喝采を受けたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」第2話は花咲舞は相馬と結婚相談所「グランマリッジ」の女性会員たちから半年間1人も紹介されない抗議文により東京第一銀行・青山支店に向かう。そこで融資した状況を聞き出し、グランマリッジへ向かうが、グランマリッジは既に誰もいない状況で警察が詐欺事件として扱う。このままでは融資した5000万が焦げ付く事になり、支店長は担当者を厳しく叱責する。当初はどうしてこの融資が承認されたのか?色々調べるうちに支店長がかつて相馬にも同じ手口で左遷していた事を知った花咲舞は徹底的にこの融資先を調べると女性会員が当行の3支店に集中している事に着目し、徹底的に調べると支店長がその情報をただ1人見ていた事が発覚し、これにより支店長による顧客情報流出事件として支店長は懲戒解雇され、相馬の無念を晴らし担当者を救ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「花咲舞が黙ってない」は池井戸潤原作の「不祥事」「銀行総務特命」をドラマ化した作品で、銀行の窓口業務の人気テラーだった花咲舞が突然臨店業務に異動となり、支店の不祥事を追及して行くストーリーである。銀行業務は窓口経験が必要な部分も大きく、通常の業務の中で銀行内の不祥事の理由を探していく花咲舞の活躍の行方に注目して行きたい。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
「監禁探偵」は殺人現場に居合わせた男が駆けつけた女に見られた事で監禁し監禁した女と共に犯人を捜していく奇妙なストーリーである。どうしてこの事件が起きてしまったのかも踏まえて考えていくと予想外の結末を迎えた時その2人の正体も知ることとなるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「県庁おもてなし課」は有川浩原作の「県庁おもてなし課」を映画化した作品で、実在に高知県庁観光振興部おもてなし課を舞台に高知県そのものをレジャーランド化しようと動き出すも実現に向けて数多くの難題を抱えている事を知るストーリーである。行政主導で行う事業は箱ものばかりと失敗例が多いけれど、おもてなし課もまたお役所気質の課であったものの、民間感覚を取り入れる事によって次第に企画が動き出していく事となる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「脳男」は感情を持たないが知能指数の高い男が自らの正義と判別し、悪と判断した相手を殺すストーリーである。個人で善悪を判断するのは確かにあるけれど、それを自らの正義の基準で人を殺して良くないが、このまま悪と明らかに判別できる相手に対してこのまま活かして良いのか?という事も考えらせられる内容となっている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「渾身 KON-SHIN」は隠岐の島に伝わる伝統の古典相撲を題材にした映画で20年に1度行われる古典相撲大会に出場する男が妻と駆け落ちして戻ってきた事で島の住民から心象が悪くその妻も病死した後残された愛娘と妻の幼馴染の再婚相手との家族の絆そして関係を修復されていくストーリーである。島に伝わる伝統行事を通じて描かれる家族の絆を深め修復して行く姿に最後は引き分けというお互いを思いやる気持ちを感じて終わる事だろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ