30日2008年度のプロ野球ドラフト会議が行われ、注目の高校球界NO1スラッガー、東海大相模・大田泰示内野手は巨人と福岡の強豪の結果巨人が交渉権を獲得した。一方巨人入りを熱望していたホンダの長野久義外野手はロッテが2位指名をした。メジャー挑戦を表明していた新日本石油ENEOS・田沢純一投手は指名されなかった。その他順次各球団に指名され久しぶりに運命のドラフト会議となった。 ... もっと読む