30日ロンドン五輪男子体操団体戦決勝が行われ、日本が一度は4位に転落するも長い抗議の末に2位となり銀メダルを死守した。団体予選ではエース内村航平選手が鉄棒とあん馬で落下する波乱で5位での予選通過だったが決勝では山室光史選手が跳馬で左足を痛めるアクシデントもあったが2位を死守していたが、しかし最後の演技となったあん馬で内村航平選手が演技に難易度を満たしていないと見なされ4位に1度は転落したが、日本の抗議の結果抗議が認められ2位を死守した。これで日本男子体操団体は3大会連続メダルを確保し団体戦での悔しさを個人戦にぶつける。 ... もっと読む