オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:玉田圭司

5
15日ACL2012(アジアチャンピオンズリーグ) 予選リーグ第6節の試合が各地行われ、 名古屋グランパスはホームでセントラルコーストと対戦し、 3対0で名古屋グランパスが玉田、藤本、闘莉王のゴールで圧勝し2年連続決勝トーナメント進出を決めた。 柏 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
3日ACL2012(アジアチャンピオンズリーグ) 予選リーグ第3節の試合が各地行われ、 ガンバ大阪はホームでブニョドコルと対戦し、 3対1でMF遠藤、FWラフィーニャのPK2ゴールで勝利し、公式戦今季初勝利を手にした。 名古屋グランパスはアウエー ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
20日Jリーグ10第31節が行われ、 首位の名古屋グランパスがアウエー平塚競技場で 最下位の湘南ベルマーレと対戦し、 1対0で勝利し同時刻に戦っていた2位鹿島アントラーズが ヴィッセル神戸に引き分けたため 名古屋グランパスが3試合を残して18年目で初のリ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
11日サッカー東アジア選手権日本対香港戦が国立競技場で行われ、3対0で日本がFW玉田の2ゴールも前半は殆ど得点できずに終わり消化不良の試合に終始した。試合は前半から日本が圧倒的に攻めるもターゲットのない日本FWでは司令塔からのパスを活かす事ができず、GKのファインセーブでゴールを割れなかったが前半41分香港のクリアミスをFW玉田が決めて前半は1対0で折り返した。後半になるとMF今野に代わって平山を投入すると次第に流れを引き寄せて後半20分DF闘莉王のヘッドで2点目を上げると、後半37分にFW玉田が押し込んでそのまま圧倒した。これで日本代表は90分間の攻撃練習で45分間しか攻撃練習ができずに終わった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
19日(日本時間20日)サッカーWアジア最終予選第4節カタール対日本戦がアウエーアルサッドスタジアムで行われ、3対0で日本がFW田中達也のゴールなどで大勝しドーハの悲劇を乗り越え今年最後の代表戦を有終の美で終えた。試合は前半からホームカタールの攻撃にさらされるがディフェンス陣が踏ん張り失点を与えない。日本も前半15分過ぎからペースを掴み始め前半19分DF内田のフィードからFW田中達也が裏を抜け出し角度のないところからゴールを決めて先制すると次第に日本がペースを握り前半を終了する。後半になると日本はカタールの立ち上がりを攻めて後半2分にFW玉田のゴールで追加点を上げるとカタールは前掛りの体制となり積極的なプレスでカタール攻撃陣を潰す。そして後半23分ショートコーナーからDF闘莉王が決めてダメ押し点を上げた。結局日本は最後まで攻撃の手を緩めず逃げ切り貴重な勝ち点3を獲得した。これで日本代表は悲劇の地ドーハで鬼門カタールに勝利して勝ち点7の単独2位となり最終予選突破へ今年最後の代表戦を有終の美で飾った。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
13日キリンチャレンジ杯2008日本対シリア戦がホームズスタジアム神戸で行われ、3対1で日本が守るシリアを攻め続け主力抜きで勝利しアウエーカタールに乗り込む。試合は前半3分にDF長友のゴールで先制すると、前半26分にはFW玉田のゴールで追加点を上げて終わる。後半になっても日本を攻め続け後半17分にFW大久保が決めてダメ押しした。後半にPKで1点を失ったが殆ど崩される事なく終了した。これで日本はカタールへ乗り込み欧州組とACLのガンバ勢が合流して今年最後の戦いに挑む。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
15日W杯アジア最終予選第3節日本対ウズベキスタン戦がホーム埼玉スタジアム2002で行われ1対1でミスからのカウンターの1発に沈み痛恨のドローに終わった。試合は前半から日本は動きが硬くウズベキスタンの前線からの守備に苦しむ時間が続き、前半28分DF闘莉王のクリアミスからピンチを招きFWシャツキフに決められ痛恨の先制点を許す。しかし日本はここから反撃に転じ、前半40分にMF中村俊輔のクロスをMF大久保が折り返し最後はFW玉田が決めて同点に追いついて1対1で折り返した。後半になると日本は徹底的に中盤を支配しCKからチャンスを作るが、最後で決める事ができない。後半は日本は積極的に仕掛け、交代で流れを変えようとしたが最後までゴールを決める事ができず痛恨のホームドローに終わった。これで日本は頭1つ抜け出す事ができず次のアウエーカタール戦へ課題を残す結果となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
24日キリンカップ日本対コートジボワール戦が豊田スタジアムで行われ、1対0でFW玉田の復帰ゴールで勝利しW杯予選へ収穫のあるゲームを展開した。試合は序盤からコートジボワールの速い攻撃に苦しみ、前半9分にFKのピンチを献上するも、GK楢崎が防ぎ事なきを得る。攻撃ではDF闘莉王、MF長谷部、松井を軸に攻撃を展開し、前半20分MF長谷部のクロスをFW玉田のボレーが決まり先制する。前半はバックパスでミスを連発しピンチの連続もDF陣が防ぎ前半を終了する。後半になると運動量の落ちた日本がコートジボワールの個人技に翻弄されるシーンも目立ったが、最後まで防ぎ切り勝利した。これで日本は1週間後のW杯予選へ弾みをつける勝利を上げた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
ドイツ時間22日、ドルトムントで日本対ブラジルの試合が行われ、1対4で日本はブラジルのFWロナウドの2ゴールなど圧倒的な攻撃力の前に敗れ1次リーグ敗退が決まった。もう1つの試合クロアチア対オーストラリアは2対2で勝ち点4でオーストラリアが決勝リーグに進んだ。試合は前半からブラジルペースで進み再三再四シュートの嵐に襲われるがGK川口のファインセーブやディフェンス陣の守りで何とか切り抜ける。動いたのは前半34分MF三都主のパスをFW玉田が渾身の左足のシュートでブラジルからゴールを奪う。しかし前半ロスタイムにFWロナウドにゴールを決められ同点で前半を終了した。後半になると一方的なブラジルペースで進み、MFジュニーニョに逆転ゴールを決められると、後半14分にDFジウベルトが後半36分にFWロナウドがW杯通算タイ記録となるゴールで4失点した。試合は圧倒的なブラジルの攻撃力の前に日本は敗れたがブラジルから1ゴールを奪った事で確実に日本が進歩した事を示しジーコジャパンの4年間が終わった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ