オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:片岡鶴太郎

3
6日大河ドラマ「麒麟がくる」第35話を視聴した。 今回は光秀は比叡山の功績から信長から滋賀の領土を手にして坂本城の築城を目指していた。しかし坂本城には単身で行く事となり妻子は京に残す事になっていた。 そんな中で摂津らによる光秀暗殺計画が密かに進んでいたが、そ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
29日大河ドラマ「麒麟がくる」第34話を視聴した。 今回は比叡山延暦寺を焼き討ちした信長はこの勝利で幕府との対立が決定的になる。女子供まで皆殺しという信長のやり方に疑問を感じながらも光秀はこれをやらなければ世は変わらないと割り切っていたが、それが民衆からの反 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
22日大河ドラマ「麒麟がくる」第33話を視聴した。 今回は比叡山に陣を敷いた朝倉義景は信長の包囲網を敷いていた。囲まれた信長はこの状況をどう破るかを考えたが、まずは光秀が義景に謁見して様子を伺う事にし、そこで延暦寺の天台座主・覚恕と面会した。 その素顔を知っ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
15日大河ドラマ「麒麟がくる」第32話を視聴した。 今回は金ヶ崎で朝倉に敗れた信長は浅井、朝倉を倒すべく次の戦の準備をする為に光秀と秀吉に堺の今井宗久に鉄砲の調達を依頼しに行った。 しかし既に一足早くその鉄砲は筒井順慶により買われておりそれをどうやったら譲っ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
8日大河ドラマ「麒麟がくる」第31話を視聴した。 今回は信長は朝倉攻めの為に金ヶ崎まで攻め上がりあと一歩で一条谷目前だったが、そこに浅井長政がまさかの裏切りをした事により形成が逆転する。 この状況では全滅すら危ぶまれた中で光秀は信長に逃げるように説得する。こ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
1日大河ドラマ「麒麟がくる」第30話を視聴した。 今回は光秀は美濃の信長に呼ばれて岐阜城を訪れたが、行く直前に秀吉から朝倉についての情報を教えてほしいという旨を聞いていた。 そしてそこでは信長がどうしたら大義名分が立つのか?と問われ天皇の許しを得れば大義名分 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
25日大河ドラマ「麒麟がくる」第29話を視聴した。 今回は京の幕府の奉行となった光秀だったがそこは幕府内の不正が蔓延っている伏魔殿だった。 その中心人物が摂津晴門であり、この人物が幕府衰退を招いた元凶でもあった。何とか排除したいと考えていた光秀だったが、逆に ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
18日大河ドラマ「麒麟がくる」第28話を視聴した。 今回は京に入った信長一行はそこから摂津を攻めて三好勢を畿内から追いやった。そこで松永久秀の処遇も議論されたが義昭らに味方したという事で茶器を献上した事により事を収められた。 一方で信長を良しとしない一党もお ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「イニシエーション・ラブ」は合コンで知り合った女性と付き合う事になった鈴木という男が社会人となって直後転勤になり遠距離恋愛をする事になるが、遠距離恋愛故のまさかの展開が待っているストーリーである。 この時代だからこそ成立したストーリーでもあるけれど、当時を知らない人にとっては当時の時代背景を理解した上で観るとこの時代の男女関係が見えてくるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第13話は姫路に入った秀吉に官兵衛は姫路城そのものを秀吉に献上して忠誠を示した。そして官兵衛は早速別所、小寺に秀吉に謁見するように申し出るが、それぞれ長年の敵対関係だった事もありなかなか腰を上げない。そんな中で各地侍たちが秀吉に謁見するも小寺、別所は当主が自ら謁見しないままだった。その頃石山本願寺を攻めていた村重は信長から攻め落とせない事を責められていた。官兵衛は何とか政職に謁見させようとするもどうしても動こうとしない。これに半兵衛が官兵衛に葉っぱを掛けて官兵衛は秀吉にある秘策を進言し、官兵衛は政職に秀吉を紹介し、まさか自ら出向いてくるとは思わなかった政職は驚き、秀吉の官兵衛を貸してほしいという申し出に政職了承し、これにより官兵衛は秀吉の配下として中国攻めに向かうシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第12話はようやく信長が秀吉に中国攻めを命じた事によりようやく播磨に秀吉が来る事になる。しかしその直前に大和の松永久秀が謀反を起こし、これにより松永の人質が処刑されてしまう。これを契機に信長は別所、赤松、小寺に人質を出すように要求する。しかし小寺政職は病弱な一人息子に難色を示すが、このままでは信長に謀反ありと疑う事になる。苦渋の決断を迫られた官兵衛は考え抜いた末に嫡男松寿丸を人質に出す事を決断する。しかし光がこれに反発し話が纏まらない状況だったが松寿丸が自ら人質となると告げて、その覚悟を知った官兵衛は松寿丸を人質として信長に謁見し、信長は松寿丸を秀吉に託し、秀吉は姫路に入場するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第11話は官兵衛は織田の援軍を待っていたが、信長は謙信が動いたという事で北陸に兵を向ける事にする。それにより官兵衛は援軍を期待できなくなったが、半兵衛が訪れ、半兵衛に宇喜多直家を調略せよという命を受けて直家に面会するも直家は数々の裏切りを繰り返してきた男故に簡単には調略できなかった。一方秀吉は勝家と謙信との戦いで方針が合わず、自らの判断で兵を長浜へ引き上げる。一方官兵衛もまた秀吉が謹慎になったという事で慌てて秀吉の下へ向かうが、秀吉はどんちゃん騒ぎをしており、これは信長に謀反の疑いなしというアピールという事を半兵衛に告げられ、官兵衛はまた秀吉の本音を聞いて改めて秀吉の言葉に嘘はないと見抜く。そして秀吉は信長から播磨へ兵を進めるように告げられたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第10話は毛利が大軍の水軍を率いて播磨に上陸する。これを迎え撃つ官兵衛だったが別所、赤松の援軍は期待できず、織田軍の援軍も送れない状況だった。そんな中官兵衛は相手が大軍という事で油断していると知り、それを利用して朝の霧を利用して奇襲攻撃を掛けて援軍が来たように見せかけて毛利軍を退けた。その頃織田軍は石山本願寺と戦っていたが門徒衆の抵抗は激しく攻略が難しい状況に陥った。そんな中で官兵衛勝利の知らせに信長は官兵衛の働きを褒め称える。一方秀吉は幾度なる浮気でおねからお灸を据えられた。一方官兵衛は1度は毛利に降った女子衆を再び受け入れるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第9話は官兵衛は半兵衛に播磨を纏めてみよという言葉に躍起になり、これまで対立していた別所、赤松と小寺3氏が揃って信長に謁見する事になるなら上洛するように小寺政職に約束をこぎつける。官兵衛はその足で別所を説き伏せると、長年の敵対関係だった赤松も説き伏せた事で政職も上洛せざる得ない状況になったが、直前になり政職が行かないと言い出し困った官兵衛だったが、そこに村重の大軍がやってきて織田の軍勢の強さと多さを見せつけた。これにより政職も腰を抜かして上洛を決断し、上洛を果たす。しかし官兵衛はこれが全て半兵衛の計り事である事を知り半兵衛に転がされていた事を痛感する。そんな中石山本願寺との本格的な衝突、並びに毛利が水軍を率いて攻め入ってきたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第8話は官兵衛は信長に謁見し信長に播磨を抑えれば中国攻めが有利になると論じ、信長も官兵衛の考えと自身の考えが一致した事で官兵衛に名刀を与え、秀吉に播磨平定の命を下す。一方初めて秀吉と出会った官兵衛は秀吉の人柄に多少戸惑いながらも秀吉の魅力に引き込まれていく。低調なおもてなしを受けた官兵衛は秀吉と意気投合して行く。一方秀吉の配下である竹中半兵衛は官兵衛を試そうとしていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第7話は武田信玄が死去して勢いに乗る織田信長は浅井、朝倉を破り、武田氏も長篠の合戦で打ち破った事で勢力を西の伸ばそうとしていた。そんな中で播磨では西の毛利か?東の織田か?でどちらに付くかで揺れていた。そんな中義理を重んじる毛利につく城主が多く、姫路も安国寺恵瓊が訪れ毛利に付くように説得を受ける。しかし官兵衛は直に織田軍の力を見ているだけに簡単には毛利について良いものか?と思案する。そんな中父職隆の一言で迷いは振り切り官兵衛は小寺政職に織田に付くように進言し説得し、自ら使者として信長に謁見するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第6話は信長包囲網を敷かれた信長は義昭が兵を上げるのを待つ作戦に出た。その間に信玄が上洛を目指して遠江の徳川領を攻める。それでも動かない信長は近江の陣を秀吉に任せる。一方官兵衛は黒田家の結束の為に善助、太兵衛に義兄弟の契りを交わすように命じる。その頃義昭が兵を上げた事で出陣した信長はその途中で村重に摂津攻略を任せる。そして摂津一国の国主となった村重に官兵衛が駆けつけて信長の戦いぶりを聞くも左京亮が亡くなったためその戦いぶりは善助、太兵衛に見てくるよう命じ、黒田家は信長が義昭を追放した事で西の毛利、東の信長どちらにつくか迫っていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第5話は信長が京へ上洛を果たした頃、播磨は赤松が姫路を攻めて攻防を繰り返していた。そんな中官兵衛に待望の嫡男が誕生しこれがのちの黒田長政となる。小寺氏は守備を黒田家に任せたが、今度は自ら出陣し、赤松を待ち受ける。しかし赤松軍の奇襲にあってしまい、小寺氏はアッサリ退却し、黒田勢だけで赤松軍と戦う事になった。数で劣る黒田勢は必死に抵抗するも次第に押され次々と死傷者を出してしまう。しかし官兵衛は1日目が終わると休む事をせず動ける者だけで赤松軍に攻め込み多数の犠牲の下、赤松軍を退けたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第4話はおたつが亡くなってから3年の月日が流れようやく傷が癒えようとしていた。そんな中小寺家に待望の嫡男が誕生し、嫡男が誕生した事により黒田家に謀反の疑いが掛かる。それを晴らすため職隆は官兵衛に家督を譲り、自らは隠居する事でこの窮地を凌ぐ事を決意する。一方信長はついに難攻不落の稲葉山城陥落に成功し岐阜城と改め天下布武を唱えて天下統一を宣言し足利義昭と共に上洛を目指す。その頃官兵衛は職隆から家督を受継ぎ、櫛橋家の力と当初縁談する予定だったが、力がこれを拒否した事により光が嫁ぐ事となり、家督と正室を迎えたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第3話は浦上家に嫁入りしたおたつが赤松家の襲撃により命を落とす。怒りに満ちた官兵衛は赤松を討つべしと進言するも職隆に制しされ、当面様子を見るという事になった。そんな官兵衛に祖父重隆は命の近い道を考えろ!と論される。そんな官兵衛に職隆から堺に鉄砲を調達して来い!と命じられ、堺へ向かおうとするも道中で賊に襲われるが、そこで牢人荒木村重に救われ、道中で戦場を見届けながら境に到着すると村重の案内で今井宗久との対面を果たす。そこで尾張の木下藤吉郎が買いつけてきた事を聞かされる。そんな官兵衛は堺でキリスト教と出会うシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」第2話は元服した官兵衛は小寺氏の近習となってから初めての初陣を迎えた。相手は赤松家!迎え撃った小寺軍だったが、赤松軍の罠と見抜いた官兵衛はこれを即座に報告し父職隆は官兵衛の案内から裏道でこれを打ち破り官兵衛の初陣は勝利して終わった。その直後小寺氏と赤松氏は和議を結ぶも、その間に小寺氏は浦上氏との同盟を結ぼうと協議していた。官兵衛には初恋のおたつがいたが、おたつは浦上氏に嫁ぐ事となる。そして嫁いだ先で赤松氏が浦上氏を攻めたと知った官兵衛は馬を走らせたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「軍師官兵衛」は戦国時代秀吉の軍師として仕えた黒田官兵衛の生涯を描いたストーリーで官兵衛の若き日の播磨姫路城時代から秀吉に仕え天下統一、そして家康に従い東軍の勝利に貢献した関ヶ原の戦いと激動の時代に1回も負けなかった名将である。西に毛利、東に信長と大国に挟まれた黒田家にとって生きる術のために戦い、生き残るために戦い抜いた戦国時代に生きる術を学んでいく事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
5日ドラマ「坂の上の雲」第2部第2話を視聴した。 今回は真之が海軍大学校の戦術講座の初代教官に就任した。 そこで真之は戦術について1つ間違えば 多くの命を失うという事を教え込むのだった。 その頃子規は病に侵されながらも次々と俳句を発表していた。 好古は清国 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ