オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:片岡愛之助

3
27日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第8話を視聴した。 今回は大軍勢となった頼朝軍はいざ鎌倉を目指した。京の清盛はまだそれだけの大群になっている事を知らないまま追討軍を送り出す事になったが、頼朝はさらに味方に加えようと甲斐の武田を引き入れようとする。 一方で進軍 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
20日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第7話を視聴した。 今回は頼朝は体勢を立て直す為に上総広常らを説得するように義時に命じて義時は上総広常を口説きにかかるが、上総広常から徳は何か?と問われて答えられない。 そんな中で上総広常は頼朝が神に守られているという話を聞い ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
13日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第6話を視聴した。 今回は頼朝は敗戦を屈して敗走を続けていた。義時は何とかして援軍を得ようとするが武田もなかなか動かない。そんな中で頼朝一行は海を渡って房総へ逃げ落ちた。 そこで義時は初めて宗時の死を知る事になり、改めて北条は ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
6日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第5話を視聴した。 今回は頼朝が挙兵し初戦となった戦いに勝利し、その足で鎌倉を目指す。しかし300の兵数に対して大庭景親が3000の兵数で出陣した事により数では圧倒的不利となる。 三浦の軍勢が川の背後から攻めようと伺うが、その前に挑発 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
30日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第4話を視聴した。 今回は頼朝は8月17日に戦を仕掛ける事を決めた。しかしなかなか兵が集まらず当日までに戦を仕掛けられるかわからない状況だった。 そんな中で義時は八重に戦になる事を話した事で相手が知るところになりますます不利な状 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
23日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第3話を視聴した。 今回は以仁王が挙兵した事により頼朝にも挙兵を促す者が続々現れた。しかし頼朝はこの戦に勝算はないと挙兵する事はせず静観した。結果以仁王は敗れた事で頼朝の判断は間違っていなかった事になるが、その後以仁王からの書 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
16日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第2話を視聴した。 今回は頼朝を匿った為に伊東と対峙する事になった北条だったが、大庭景親の仲介により混乱は収まった。しかし北条が頼朝を受け入れる事になり義時は様々なやり取りを行う事となり、八重の説得、政子の説得、そして宗時との ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
1月9日スタートの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を視聴した。 この大河ドラマは平安時代から鎌倉時代に活躍した鎌倉幕府2代目執権北条義時の障害を描いた作品で、当初は地方の一武士でしかなかった北条義時がいかにして源頼朝に加勢し、そして鎌倉幕府の基礎を築いたのかが描か ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
9月23日公開の映画「総理の夫」を観賞した。 この映画は日本で初めて女性の総理大臣が誕生した事によりその夫となってしまった男が政治に振り回される様を描いたストーリーである。 日本に女性の総理大臣が誕生した時には色々な困難が待ち構えている事を描いた作品となって ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
7日大河ドラマ「麒麟がくる」第21話を視聴した。 今回は信長は尾張を攻めてきた今川義元に対してどうやって義元の首を獲るのかだけを考えていた。そんな中で信長は松平元康を動かさない為の策を既に練っていたが、それ以上に義元本陣の軍勢をどうやって分散させるかも1つの ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
31日大河ドラマ「麒麟がくる」第20話を視聴した。 今回は光秀は越前に暮していたものの仕官するでもなく今だに浪人のままだった。そんな中で尾張が今川に大軍で攻められる事を知り光秀は落ち着いていられず帰蝶にある策を授ける文を送った。 その頃駿河では松平元康を先鋒 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
2月1日公開の映画「七つの会議」を観賞した。 この映画は池井戸潤原作の「七つの会議」を映画化した作品で、ある中堅の電機メーカーが不祥事隠しにより不祥事を隠している事を感じた社員が自らの行動により不祥事を暴いていくストーリーである。 不祥事の先に見るのは日本 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「レインツリーの国」は愛読していた本の感想を探していた男性が感想を書いたブログの管理人に感想を送った事で交流する事になるが、実際に会った事である事実を知るもその事実を受け入れていくストーリーである。ブログ、SNSが発展して実際に会わないでコンタクトを取れる時代ではあるが、実際に会ってしまうと色々なギャップを感じたり、知らない事実を知ったりして受け止められない人もいるのも事実ではある。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「マザー」は楳図かずおが自ら監督、脚本したホラー作品で、楳図本人を主人公として次々と襲う心霊現象に巻き込まれていくストーリーである。自らを主人公にする作品も珍しいが、自ら主人公にするからこそ描けるホラー作品もあるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」最終話は半沢は大和田常務を追い込む決定的な証拠を掴んだが、大和田常務が近藤に銀行復帰を持ちかけられ近藤は銀行復帰を選び大和田常務を追い詰める手段を失う。このまま取締役会に議題を出しても紙切れにしかならない半沢は大和田常務を追い込むための情報入手に走る。そして半沢は黒崎が岸川取締役と繋がっている情報を花が掴んだ事で大和田常務を追い込む決定的な弱みを手にする。そして取締役会で半沢は大和田常務を追及するが大和田常務は尽く潔白を主張し白を切る。しかし岸川取締役は大和田常務の権力よりも半沢に握られた弱みに子供のためにこれまで実行してきた事は全て大和田常務の指示によるものと主張しこれにより大和田常務は陥落し半沢は大和田常務に約束通り土下座をさせて大和田常務は屈辱の土下座をしたのだった。そして数日後大和田常務は取締役降格という意外な人事が告げられ、半沢には企画部長として出向を命じられ出向する事になるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」第9話は半沢は近藤からタミヤ電機の迂回融資の件を知り、大和田常務を追い込む切り札となるカギを手にする。しかし半沢は金融庁検査を乗り切るための唯一という秘策を伊勢島ホテルの社長の決断に賭ける。その間半沢は決定的な切り札となる調書を隠していた。それを金融庁に見つからない様に隠していた。そして金融庁検査当日半沢は黒崎に攻められるも、半沢は直前で伊勢島ホテルは外資資本と対等な合併を成功させて黒崎は肩を落とすも、黒崎は隠している調書が地下室にあるという情報を入手して調べるもその地下室からは見つかる事は無く黒崎は完全敗北で後にした。そして近藤はタミヤ電機社長から大和田常務から受け取ったお金を回収するために調書を作るも、その直前に大和田常務に捕まり近藤は大和田常務の条件を受け入れてしまうシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」第8話は金融庁検査を乗り切るために伊勢島ホテルの社長に会長の絵画などを売却させて凌いだ半沢だったが今度はITシステム会社の経営破たんするという情報を黒崎から伝えられて再び窮地に追い込まれた半沢は大和田常務に土下座して伊勢島ホテルの担当を何とか続けるも半沢の出向は時間の問題だった。そんな中で半沢は近藤のの相談に乗りながらも自らの打開策を模索していたがそんな中次の担当に内定している福山との金融庁模擬検査の一騎打ちをしなければならなくなる。模擬検査当日まで半沢は様々な情報網を駆使して調べるとITシステム会社の破たんは間違いないという事になり抜本的な見直しに奔走する。そんな中で迎えた模擬検査の攻防では半沢は窮地に追い込まれるも福山が伊勢島ホテルの社長と専務に1度も面識のない事の盲点を突いて人と言う福山を責め立てて半沢はさらに伊勢島ホテルに関わった人たちの繋がりについても追及してその場を凌いだ。一方近藤はその頃不正の行先が大和田常務との繋がりに辿り着くという半沢に微かな光が差したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」第7話は金融庁検査に対応するために伊勢島ホテルの経営再建に奔走する半沢だったが、その前に大阪西支店時代に苦しめられた黒崎が現れ半沢は思わぬ苦戦を強いられる。しかしそれでも半沢は再建のために様々な手を打ち、伊勢島ホテル社長から美術館の売却をすれば120億の融資の回収が可能と進言し伊勢島ホテル社長を説得して会長を解任して美術品を多数売却する事で120億の回収に成功するも、そんな中で半沢に再建の最有力だったIT企業が特許で訴えられてこれが破たんすると再建は不可能となる事態に陥り、そこに大和田常務が登場して半沢を陥れ半沢は大和田常務に土下座させられたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」第6話は本店に栄転してから1年を経た時に半沢は頭取の指名により老舗ホテルである伊勢島ホテルの経営再建を担当する事となった。しかしその損失は東京中央銀行が融資した200億円に対して運用失敗により120億の損失を計上する事が明らかになる。半沢は1度融資を回収して再度金額に見合った融資を行うべきだと主張するも会議でその案は却下された。半沢はライバル銀行が融資を引き揚げた事を知り、どうして引き上げたのかを確認するとそこから内部告発の情報を入手した。そして半沢は元担当者からその引継ぎが上手くいっていない事を察知して元融資担当者を徹底的にマークしてついに元融資担当者の口を割らせた。そして半沢はその情報の証拠となる資料を金庫から抜き取りに成功し内部告発の証拠を手に入れた。しかしその直後半沢は大和田常務に呼び出しを受けて今回の経緯を聞かれるも半沢はこれに対抗し必ず再建させてみせると言い放ちそして半沢は大阪国税庁に出向していた黒崎と再び対決する事になるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」第5話は国税に寝返った未樹は黒崎と取引し東田に自ら貢いだ店の開店資金の摘発を見逃してもらう代わりに捜査協力を約束した。それを知った半沢はその頃浅野支店長から出向の辞令が明日出る事を告げられる。そんな中国税が東田の隠れ家に入り込むがそこから未樹は東田の預金通帳を預けられた。それを黒崎に渡すが、その頃半沢の手元に未樹から送られた通帳が届く。その通帳は東田と浅野支店長を結ぶ決定的な通帳だった。この通帳により半沢は5億の回収に成功し、東田に10倍返しして、さらに浅野支店長にも回収しただけでなく半沢はそれぞれの栄転を条件に出して浅野支店長はマニラに飛ばされ、半沢は復讐の為に本社に栄転になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」第4話は融資事故をマスコミにリークする事と引き換えに東田の居場所を突き止めた。しかし突き止めたもののこれでは決定的な証拠にならず浅野支店長を追い込めない。そこで半沢は揺さぶりを掛けて浅野支店長から動かそうとすると浅野支店長は別の銀行に口座がある事を突き止めてその通帳はカバンに持っている事を知る。そして半沢はカバンから通帳の持ち出しに成功してさらに東田の愛人未樹を揺さぶりに掛ける。しかしなかなか未樹は揺さぶりに応じない。そこで決定的な証拠を得るために半沢は別の融資を未樹に持ち掛けるが未樹は国税庁からも揺さぶりを掛けられており、国税庁に寝返ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」第3話は5億の金額を回収すべく奔走する半沢だったが寸前のところで回収できなかった。そんな半沢に次ぎに待ち受けていたのは裁量臨店と呼ばれる本部からの内部検査だった。本店から徹底追及を受ける半沢は今回提示されたリストから全て赤字会社による融資物件ばかりが並ぶ不可思議なものだった。そしてさらにあるはずの資料が紛失しており明らかに意図的なものを感じた半沢は支店長の罠だと感じ取り対策を練る。そしてその間に半沢は西大阪スチールの社長の行方を追ってマンションの所有者を訪れるが口を割らない。そして裁量臨店最終日直前に半沢が部下の中西が何かを知っていると睨みその直前にマスコミと接触した事でマスコミの力を利用する事を模索した。そして裁量臨店最終日に半沢は本来あるはずの資料が無い事に証拠を出し続けて、最後は小木曽が中西と話した内容が決定的な証拠となりこの場を凌いだ。そして半沢は西大阪スチールの社長の居所をキャッチしてその場所でまさかの人物が対面していたシーンを捉えたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」第2話は必ず5億を取り返すと宣言した半沢は社長の行方を追い続けていた。その頃国税庁も脱税の行方を追っていた。そして半沢は西大阪スチールの倒産直前に海外の時価5千万の別荘の存在を突き止める。これを差し押さえようと動くもなかなか周りのガードが固い。そんな中で国税庁もこの存在に気づいて動き出すが一歩の差で半沢はこの件で一歩リードした。そんな中で半沢は海外の別荘を差し押さえることに成功したが社長の所在はまたも行方を暗ませた。そしてさらに半沢は国税に差し押さえた物件をこちらの弱みに付け込み揺すり取られたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「半沢直樹」はバブル期に入社した銀行員が大阪の融資課長として赴任するもそこで支店長の失態を押し付けられて責任を取らされようとするがそれに屈せず取り返しに奮闘して行くストーリーである。中間管理職や頼りない上司と毎日向かっている人にとってはこういう反骨心は学びたいところだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ