オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:瀬戸康史

5
9月13日公開の映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」(R15+指定)を観賞した。 この映画は天才ベストセラー作家である太宰治と女性の関係を描いた作品である。傑作を生み出すには様々な経験をしないと書けないものではあるがこれも戦前戦後の時代だからこそできた事だとも感 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
9月1日公開の映画「寝ても覚めても」を観賞した。 この映画は同じ顔を持つ2人の男に翻弄される女性の姿を描いたストーリーである。世の中同じ顔を持つ人がいると言われるけれど、顔が同じだからというだけで愛してしまうと後で難しい問題に直面してしまう事があるという事だ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
10月21日公開の映画「ミックス。」を観賞した。 この映画は元天才卓球少女と元プロボクサーがお互い相手に浮気された事をキッカケに出会い、卓球でミックスを組んで相手を見返そうとするストーリーである。 ミックスはお互いの息と呼吸が合わないとならないが、組んだ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第26話は長州藩の復権を掛けて京へ向かった玄瑞たちだったが、情勢はさらに悪化していた。その頃文は新居を探していたが玄瑞の行動で長州藩がピンチである事を理由に貸してくれない。しかし文は反論して対抗する。一方長州藩は伊之助が長崎で外国艦隊が下関に向かっている事を知り、長州藩の存亡が掛かった状況だった。そんな状況の中玄瑞は決断を迫られたが既に進撃する意見を止める事ができず玄瑞は死を覚悟して出陣したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第25話は晋作が脱藩の罪で投獄された。その責任として伊之助が長崎に左遷されたが、そこで伊之助はグラバーと武器の交渉をしていた。そんな中京では薩摩藩が会津藩と仲違いした事を知った長州藩はこの機会はチャンスと名誉挽回に動こうとするがそんな動きを察知した新撰組が池田屋を襲撃して多くの藩士を失う結果となった。事件を知った玄瑞は同志の暴走を抑えながらも仇を討たんと京へ出陣したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第24話は京を追われた長州藩ここから進発派と割拠派に割れた。ここで京で戦すれば長州藩は朝敵となるだけに身長になるのも無理はなかった。そんな中で玄瑞から伊之助の次男久米次郎を養子に迎えたいと申し出る。これに文も当初は困惑したが、玄瑞の強い決意に次第に不退転の気持ちの表れだという事を知る。そんな中玄瑞は再び京へ向かう事を決めるが、今京に行けば討たれる事を意味していた。そして玄瑞は文に何も言わず京へ旅立ったが、その直後晋作も旅立った事で晋作は脱藩扱いになりその責任を伊之助が取る事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第14話は玄瑞は京で攘夷派急先鋒の梅田雲浜と会談していた最中に幕府の役人が押しかけてきて梅田雲浜らが逮捕されてしまう。ついに井伊直弼の安政の大獄が始まったのだった。それを知った松陰はこのままでは日本は滅びると藩に書状を出すもこれは全て敬親には届いていなかった。もう藩には頼れないと悟った松陰は塾生に今こそ井伊直弼を討つべし!と唱え京にいる老中間部詮勝をまず討つ事を決める。そして塾生たちに血判状を募り数多くの塾生がこれに賛同した。しかしそれを知った伊之助は藩の存続に危機感を募らせ、さらに文も松陰らの事を案じ家族にその事を告げると松陰に家族はそんな馬鹿な事を止めるように説得を受けるも伊之助の判断で松陰を再び野山獄へ入れる事を決めて塾を閉鎖したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第13話は新婚早々江戸へ旅立った玄瑞は江戸で幕府の動向を伺っていた。そんな中萩では異国から入っていたコレラが流行し、当時の医学ではどうする事もできない状況であった。そんな文は母を亡くした少女に読み書きを教えていた。そんな中江戸では幕府の大老井伊直弼がアメリカとの日米通商条約を帝の許し無く締結した事で攘夷運動が激しくなるきっかけとなった。これに松陰も黙っていられず意見書を提示するも、あまりにも過激な内容に伊之助は危機感を覚えるも松陰の考えは理解していた。そんな中松陰たちはこのまま戦うのではなく戦える術を考え始める。そんな中で松陰たちは爆弾の実験を行ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第12話は文と玄瑞は婚礼を行ったが、そこで晋作がかつて玄瑞が文について語った事を暴露した事で気まずいまま夫婦生活がスタートした。そんな中でお互いに素直になれない中で玄瑞が江戸へ留学が認められる事となるも、文は玄瑞から突然離縁を申し出て困惑する文は自ら議論を申し出て玄瑞に私はあなたについていく志を決めましたと告げて文は玄瑞についていく事を宣言したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第11話は松下村塾は身分関係なく塾生を募っているという事が評判となり広く知られるようになっていた。そんな中長州藩ではアメリカからの日米通商条約の締結を迫っている事に対する意見書をまとめるのに伊之助は苦心していた。そんな中で文は寿から縁談も持ってくるも文は乗り気じゃなかった。そんな中伊之助は久坂玄瑞と話す機会があり、話しているうちに久坂玄瑞こそ文の妻に相応しいと感じるようになっていた。そんな中で伊之助は意見書を敬親に献上する直前に苦言こそ幕府が求めているもの!と意見し、これに多くの者たちが賛同し再び意見書の見直しが決定し椋梨は失脚する事になった。そして久坂玄瑞と文は伊之助の計らいで松陰から夫婦になれ!と言われ文はそれを受け入れたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第10話は松陰の下に農家出身の後の伊藤博文もやってきてこれまでの三畳半では狭くなりつつあった。そんな中稔麿は江戸へ行きたいという想いを知った文はそれを叶えられるように伊之助に頼み込む。しかし椋梨藤太はそれを許さず稔麿の江戸行きは実現しない。それを知った晋作らは明倫館へ押しかけて直接敬親に直訴して稔麿の江戸行きが敬親の一言で決まり、稔麿は江戸へ行く事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第9話は寅次郎の元には久坂ら多くの若者たちが集まり始めていた。そんな中で突然高杉晋作が現れ、詰まらないと言いながらこの塾の議論を聴いていると、寅次郎が久坂の方が晋作よりもいい句を読んだと話した事で晋作にとって今までにない刺激を感じる。そんな中で晋作は名家出身という事もあり出世を約束されていた。そんな中文の弟敏三郎が晋作に連れられて何処かへ行っている事を知り、追いかけると敏三郎はこれまで文に打ち明けなかった想いを晋作に打ち明けていた事に文は驚きとショックを受けた。しかし敏三郎が自らの志を示した事で文は理解を示し、晋作もまた寅次郎の語った志を探すために寅次郎の塾に入門するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
22日大河ドラマ「花燃ゆ」第8話は出獄した寅次郎は自宅で謹慎の身となった。文はそんな寅次郎の為に塾を開く事を提案し、塾生を集めようとするが囚人だった寅次郎を敬遠する動きばかりだった。そんな中文はかつて黒船を見に行った久坂玄瑞から手紙が届く。それをキッカケに文は久坂玄瑞に手紙を届けるようになるが、その中で寅次郎は久坂玄瑞を挑発する。その意図が解らない文は謝罪文を書くように促すが応じる気配はない。そして文は久坂玄瑞を直接寅次郎と対面させるために連れてこようとするがそこで文は久坂玄瑞の禁句を話し、それに怒った久坂玄瑞は寅次郎のところへ殴り込むが、そこで寅次郎は久坂玄瑞の志を賞賛し、自らこの場を語り合う場にしようと説得して久坂玄瑞は翻意し寅次郎は塾を開設したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」最終話は4年生を祝う式典“二分の一成人式”が行われる事になっていたが小杉先生に書き直しを指示されてその理由を述べられない事に納得できない大和、潤一らは当日にボイコットを行う事を決める。そして当日ボイコットが実行され、小杉先生は出てくるように話すも話しを聞かない小杉先生に生徒たちは全く出てくる気配が無い。そんな状況を知った斉藤さんらは大和、潤一たちを説得しようとするがそれでも説得に応じず生徒の中では興奮して物を投げ始める生徒が現れた。それを見た斉藤さんはハシゴを使って強硬手段に出ようとするが、これを摩耶が止めて改めて生徒たちが出てくるのを待ちましょうと説得されそれに折れた斉藤さんだったが、その直後教師たちが強行突破して生徒たちを教室から出そうとするもそこで斉藤さんと摩耶は生徒たちの意見も聞きましょうと話し、生徒たちの意見を聞いた上で生徒たちに今回の事を謝罪させ、そして自分たち大人も謝罪した。そして生徒たちの提案を小杉先生を受け入れ生徒たちは自分の思った通りの言葉で両親に告げて二分の一成人式で自分の子ともが大人になっているのを実感したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」第8話はこれまで玉井さんの取り巻きが突然斉藤さんに付いた事で斉藤さんは戸惑う。そんな頃斉藤さんを中傷するビラが各地で貼られていた。それを知った斉藤さんだったが必要以上に手を付ける事はしなかった。一方潤一ら子供たちは親に解ってもらえない1組の雄司の相談に乗って親に解ってもらおうと公園で籠城する事を計画する。子供たちの行動に気づかない親たちとは裏腹に斉藤さんは潤一の行動を察知して子供たちの行動を把握して決行当日に斉藤さんは子供たちの所へ行って正面から親と話して向き合った方が良いとアドバイスする。一方で摩耶と知佐子は斉藤さんのビラを配っていた犯人を突き止めてその要因が玉井が磨沙夜の父親に相談していた事で磨沙夜の父親がやっていた事が発覚し取り巻きが玉井さんを責めるも斉藤さんはコロコロ体制を変えるあなたたちの方がよほど悪いと一喝し子供たちの方が確りしていると子供たちの反乱について語ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」第6話は潤一がいじめられている事を知り斉藤さんは誰にも相談できず悩んでいた。潤一も次第に大和のいじめがエスカレートしていくのに耐えられなくなっていく。そんな状況は女子生徒は確り観ていた。そんな中斉藤さんは摩耶らとの付き合いに距離を置く。そんな中で摩耶は拓海から潤一を大和といじめていた事を白状して摩耶は驚き斉藤さんが悩んでいた悩みを知る。そして潤一が学校へ行きたくないと言い出した事で斉藤さんは初めて潤一と向き合う。そして後日潤一は大和に話しかけるも大和は石を投げてくるも斉藤さんと摩耶は遠くから見守った。そして先に手を出した大和に対して潤一が向かったが大和に殴られ、さらにいじめがエスカレートする。しかし潤一が避けたところに大和がコケて腰を強打し大和はその場を去り拓海はこの機会に潤一に謝った。しかしその直後斉藤さんは玉井に呼び出しを受けて学校へ向かう。そこで斉藤さんは大和に本当の事を問うが話さない。それに助長した玉井が斉藤さんを責めるもそこに摩耶、潤一、拓海、立花さんらが来て大和のいじめを証言し言い逃れができなくなった大和はこれまでやった事を白状しその原因が玉井が斉藤さんを嫌っているから褒められたかったからだった。それにショックを受けた玉井はその場で謝罪したもののその後で斉藤さんが訪れ親の背中が確りしていないと子供は親の真似をするという一言で玉井は斉藤さんの提案でバーベキューパーティーを開催する事を了承した。しかしそこで玉井に娘の事を周りに知られ困惑するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」第5話は斉藤さんの周りに摩耶や立花が集まり出した。それを快く思わない玉井らは斉藤さんの周りから次第に摩耶たちを引き離そうと画策する。そんな中で斉藤さんの息子潤一が玉井の息子大和が立花の娘知花を怪我させた事を先生に言った事で大和たちにいじめの対象とされてしまう。それを磨沙夜から聞いて知った斉藤さんは一度小杉に状況を聞いたがそれ以上はお任せすると話した。その後斉藤さんは潤一に尋ねようとするが潤一が逆切れしてしまいさらに状況は悪化する。誰にも相談できない斉藤さんは自らどうしていいのか悩むシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」第4話は斉藤さんは授業参観に参加した。そこで音楽の授業で立花の娘知花がピアノを披露し注目を集める。しかし知花はピアノの練習を毎日させられておりそれがプレッシャーとなっていた。一方毎年恒例の公園のプール掃除のイベントが今年は中止と決まってしまう。掃除をしながらプールの水にいるヤゴを捕るのを楽しみにしていた子供たちはガッカリする。その中で1番ガッカリしていたのが知花だった。それを見た斉藤さんはプール掃除をできるように奔走し開催できる事になるが、これによって知花が無断でプール掃除に参加しピアノコンクールを直前で参加して散々な結果となってしまう。これに激怒した立花さんは斉藤さんのせいだと責任を取れと言うが、謝罪した上で責任は取れませんと言うのだった。これを玉井が問題視して緊急保護者会に掛ける事にする。しかしその直後知花が行方不明となり立花さんは斉藤さんを頼って探しに向かうが知花は児童クラブで見つかるもそこで知花がもうピアノを辞めたいと告げて知花の本音を知りピアノを辞めさせる事にした。しかしこれをさらに玉井は問題視し自分の考えは正しいと斉藤さんに注目するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」第3話は潤一、大和ら子供たちが河川敷で花火で何者かに狙われた。当初は高校生たちが襲ったと思われたが斉藤さんは1度話しを聞こうと高校に向かうが、高校では既に生徒たちがやった事になって話しすら聞こうとしない。そんな中通報したのが玉井という事を知り摩耶は本当の犯人は誰なのかを調べ始める。一方斉藤さんも高校生に事情を聞こうとするが取り合ってくれない。そんな中摩耶が不良たちが花火の犯人と確認した直後捕まってしまい、そこに高校生が助けようとするが逆に逃げられない。そんな中斉藤さんが駆けつけて2人を助けようとするが力の差が大きくそこに警官が来てこの事態は解消された。そして斉藤さんは大人たちの決めつけを謝り花火事件は解決したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」第2話は斉藤さんの息子潤一は拓海と仲良くなった。そんな中で6年生の集団に絡まれた2人はそんな中磨沙夜に助けられてから仲よく遊ぶようになった。しかし磨沙夜には不良高校生と交流しているというだけで近所の評判が良くなく悪い子というレッテルが貼られていた。そんな中摩耶は不安になり拓海を磨沙夜から遠ざけようとする。しかし斉藤さんは磨沙夜を受け入れて確り礼儀を教えてから遊ぶこそを許していた。そんなある日学校で磨沙夜がクラスに来る事に対して苦情を出す保護者が現れ玉井がクラスに近づけるな!と担任の小杉に意見し磨沙夜はクラスに近づけなくなった。それでも潤一と拓海は磨沙夜と遊んでいたがクラスの田植え会で斉藤さんが磨沙夜を連れてきた事で騒動に発展し磨沙夜を連れてきた事に対して玉井が余計な事をするなと忠告しその直後不良高校生が現れ田植え会は滅茶苦茶になってしまった。その数日後磨沙夜はムシャクシャした中で潤一と拓海に万引きを強要しこれを知った斉藤さんは潤一に厳しく叱った後で磨沙夜にも厳しく叱りどうしてこんな事をしたのかと磨沙夜の親が居ても厳しく叱った事で磨沙夜は斉藤さんは自分の事を確り接してくれた唯一の人だと告げてそれを見た摩耶の気持ちは変わる。その直後保護者会で玉井らが斉藤さんをクラス行事から追放する嘆願書を提示するが摩耶がそれを否定する発言をして斉藤さんはクラス行事から外れる事は避けられた。そして斉藤さんは摩耶と友人になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「斉藤さん2」は2008年1月クールに放送された斉藤さんの続編で、悪いものは悪いという信念を通す斉藤全子が新しい街に引っ越した。そこで繰り広げられる騒動に立ち向かっていくストーリーである。5年前から成長した息子は小学4年生となりそこで繰り広げられる新たな騒動に斉藤さんは向かっていく事になる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「貞子3D」は1998年に大ヒットした映画「リング」の鈴木光司原作の「エス」を映画化した貞子シリーズの続編で呪いの動画を見た人が次々と謎の死を遂げる事件が続いている中である高校の教師が呪いの動画を見た生徒の影響で巻き込まれるが、その先にはSの復活という謎のキーワード秘められておりその先にはあの恐ろしい恐怖の復活を観る事になるストーリーである。今回は時代が変わった事もあり呪いのビデオテープではなく、呪いの動画として貞子がインターネット上に潜んでいる設定となっており、その恐怖が再び再現される事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
映画「もしドラ〜もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』読んだら〜」は昨年大ベストセラーになったももし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらを映画化した作品で、女子高校生が親友の頼みで高校野球のマネージャーをやる事になり、マネージャーの事を知ろうとして買った本がドラッカーのマネジメントだった事がキッカケに マネジメントから高校野球にイノベーションを起こし、組織に様々な改革をしながら甲子園を目指すストーリーである。一見マネジメントを難しく考えてしまいがちだが、一種の経営=運営として捉え、スポーツのチーム編成に当てはめて考えると今まで違った視線で物事を観る事ができるようになるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
3月19日公開の映画「ランウェイ☆ビート」を鑑賞した。 この映画は原田マハ原作の「ランウェイ☆ビート」を 映画化した作品で、廃校が決まった高校に転校してきた 天才デザイナーが1人の引きこもりの青年を 変えてから文化祭でファッションショーを 開催しようとク ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
6日大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第5話を視聴した。 今回は武田氏を滅ぼし残るは越後上杉氏、関東北条氏、中国毛利氏、 四国長曾我部氏を残すだけになっていた。 そんな中信長は光秀の領地を召上げ、 出雲、石見の転封を命じるが、 出雲、石見は毛利領であり、奪 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
23日大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第3話を視聴した。 今回は1579年秋に信長は家康の嫡男信康に謀反の疑いありという報を受け、 信長は家康の正室築山殿を斬り、 信康切腹を言い渡し家康は力の差でやむなく信長の命に従った。 それを知った江は信長にその真意を聞 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
16日大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第2話を視聴した。 今回は浅井家が滅ぼされてから6年後の 1579年(天正7年)市と3姉妹は 伯父・織田信包の元で平穏な日々を送っていた。 そんな中信長は安土城が完成した事を祝うために 市と3姉妹を安土へ来るようにと ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ