オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:濱田マリ

3
「悪夢ちゃん」第2話は彩未はまたも万之介から結衣子が悪夢を見たという事で呼び出され、その内容がクラスメイトの神田冬馬が巨大な蛇に襲われその腹を切り裂くという内容だった。その意味を考える彩未だったがそんな中冬馬の家庭は複雑な家庭である事を知る。そんな中で彩未のクラスで財布が紛失するが、その紛失こそ悪夢の前触れだった。彩未はさらに冬馬の家庭事情を知ると冬馬には血の繋がらない姉がおり、その姉がスナックで働いている事を知る。それを辞めさせようと訪れるが、その母親が少し考えるという。一方結衣子は彩未に命じられて冬馬の事を聞きだすが、そこで冬馬は酒癖の悪い父親の酒を断とうとさせるために苦い酒を持って行くが逆に襲われてしまう。そこに彩未が訪れ制止するが、逆に彩未が襲われてしまう。しかしそこに姉が駆けつけ売ったギターを3万円で買い戻して母親に2年待つ!と言われ翌日父親は改心してギターを弾いてやり直したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「悪夢ちゃん」は生徒の前では笑顔でいるものの、そうでない時は腹黒い教師が予知夢を観る少女と出会った事で予知夢を未然に防ぐ救世主とされてしまい事件に挑んでいくストーリーである。予知夢はその後に起こる出来事を予知するものであるけれどそれを事前に知ればこれから起こる未来を変えられる事にもなり、その予知夢を察知して未然に防いでいく展開には注目したいところだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「LIAR GAME -REBORN-」は甲斐谷忍原作の漫画を実写化した作品でテレビシリーズを経て2010年に映画化され、2年ぶりの新作として帰ってきた。今回は前回壊滅的な状況に追い込まれたライアーゲーム事務局が天才詐欺師だった秋山に復讐するために秋山の大学の卒業生を人質としてゲームに参加させ、そこでイス取りゲームを繰り広げて騙し騙され合いの末に勝者を決めるゲームである。 今回は原作史上でも名作と言われるイス取りゲームはそれぞれが纏まり合い、そしてそこで最後まで残る事を目指し始めるが、最後の最後で予想もしない勝者を目撃する事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
「星守る犬」は旭川で見つかった白骨死体から唯一の手がかりとして見つかったレシートを頼りに東京から東北、北海道を東京で出会った少女と巡る。その先には悲しき事実が待っているストーリーである。身元を辿って知った先にみる悲しき現実は将来の孤独死の最後を観る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
2月5日公開の映画「ジーン・ワルツ」を鑑賞した。 この映画は海堂尊の長編小説の「ジーン・ワルツ」を映画化した作品で、 産婦人科医の女医が4人の妊婦を診察する事になり、 その妊婦たちとの出産、 そして自らは不妊治療に対する 現状の医学界に対する挑戦をしてい ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ