オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:清武弘嗣

5
15日サッカーW杯アジア最終予選 日本対サウジアラビア戦が埼玉スタジアム2002で行われ、 2対1で日本がMF清武のPK、MF原口のゴールで逃げ切り 得失点差では1及ばないものの勝ち点10で並び 崖っぷちの試合で日本はW杯予選を生き残った。 試合は前半か ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
6日サッカーW杯アジア最終予選日本対イラク戦が埼玉スタジアム2002で行われ、2対1で日本が後半ロスタイムにMF山口のゴールで辛くも振り切り勝ち点3を獲得して2位以内に向けてオーストラリアと激突する。試合は前半から激しい攻防が繰り広げられ、日本はカウンターから、イラクはハイボールで対抗する。そして迎えた前半26分日本はMF清武のクロスにMF原口がヒールで決めて日本が先制する。前半は日本リードのまま折り返す。後半日本は再三チャンスを作るも、後半15分セットプレーからイラクはFWサードに決められ同点に追いつかれる。その後日本は再三イラクのコーナーキックに苦しめられるが跳ね返し続けた。後半40分を過ぎるとDF吉田がパワープレー要因として前線に上がり、再三競り勝つもゴールは遠い。このまま試合終了と思われた後半ロスタイム日本はMF清武のFKから途中出場のMF山口が起死回生のミドルシュートがさく裂し日本が辛くも勝利して勝ち点3を手にした。これで日本代表は勝ち点を6に伸ばしいよいよオーストラリアとの直接対決に挑む。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
1日サッカーW杯アジア最終予選日本対UAE戦が埼玉スタジアム2002で行われ、1対2でMF本田のゴールで先制するも、UAEのFKと後半のPKを決められ、中東の笛でゴールラインを割っているにもかかわらずノーゴールの判定で勝ち点を獲れずまさかの黒星スタートとなった。試合は開始早々11分日本はMF清武のFKからMF本田が決めて日本が先制する。しかしUAEは前半20分にFKからFWハリルが決めて同点に追いつかれる。それでも日本は試合を支配し続けて前半を折り返す。後半日本はパスミスからピンチを招き、後半9分PKを献上してしまい、これを再びFWハリルに決められリードを許す。その後浅野、宇佐美、原口と攻撃的な選手を積極的に投入するもゴールを割ったシーンもノーゴールの判定を受けてしまい結局同点に追いつけず日本はまさかの黒星スタートとなった。これで日本は最終予選黒星スタートとなり苦しいロシアへのスタートとなった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
7日キリンカップ2016日本対ボスニア・ヘルツェゴビナ戦が行われ、1対2で日本はMF清武のゴールで先制したものの、直後に追いつかれ、後半にボスニア・ヘルツェゴビナに勝ち越しを許して逆転負けを屈したがレベルの高い相手に対していい意味での収穫を得た試合だった。試合は前半からパスで崩そうとする日本に対してボスニア・ヘルツェゴビナはロングボールとクロスから高さを活かしたサッカーを展開する。その攻防を繰り広げた前半28分FW宇佐美の崩しからMF清武が決めて先制するも、その直後ボスニア・ヘルツェゴビナはロングボールからFWジュリッチに決められて同点まま前半を折り返した。後半日本もサイドから崩そうとするも最後の詰めが甘くゴールを決め切れない中迎えた後半21分ボスニア・ヘルツェゴビナは再びFWジュリッチが決めて逆転を許すと、日本も最後までゴールを目指したが奪う事ができずに敗れた。これで日本代表はボスニア・ヘルツェゴビナに敗れたものの、本田、香川不在の中で多くの選手を試す事ができた事とこれだけの強豪と戦えた事が大きな収穫だった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
3日キリンカップ2016日本対ブルガリア戦が行われ、7対2で日本がFW岡崎、MF香川の2ゴール、DF吉田の2ゴール、途中出場のFW宇佐美、浅野のゴールで大勝し本田抜きで戦えるだけのサッカーを展開した。試合は前半4分FW岡崎のゴールで先制すると、その後ゴールラッシュとなり前半27分、35分にMF香川のゴール、前半38分にDF吉田のゴールで4点リードで折り返した。後半日本の勢いは止まらず後半8分DF吉田、後半12分FW宇佐美のゴールで試合が決まるとブルガリアも反撃に転じたが、最後は途中出場のFW浅野のPKが決まり日本は大勝で終わった。これで日本代表は7日にボスニア・ヘルツェゴビナと対戦する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
24日サッカーW杯アジア2次予選兼アジア杯予選 日本対アフガニスタン戦が埼玉スタジアム2002で行われ、 5対0で日本がFW岡崎のゴールで先制すると、 その後怒涛のゴールラッシュでアフガニスタンを圧倒し 他の組の結果により最終予選進出を決めた。 試合は前 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
12日サッカーW杯アジア2次予選兼アジア杯予選 日本対シンガポール戦がシンガポールナショナルスタジアムで行われ、 3対0で日本がFW金崎、MF本田、DF吉田のゴールでシンガポールの守りをこじ開けて 前回のホームでのスコアレスドローの借りを返した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
13日サッカーW国際親善試合日本対イラン戦がアザディスタジアムで行われ1対1で前半ロスタイムにPKを献上して失点するも後半3分日本はFW武藤のゴールで同点に追いつきその後一進一退のまま終了してドローに終わった。 試合は前半からホームのイランが積極的に攻撃を仕掛けて日本は守勢に回るシーンが続いた。そして前半ロスタイムに日本はDF吉田がPKを献上してしまい、これをGK西川が1度止めるも決められ先制を許して前半を折り返した。しかし後半早々日本はFW本田のクロスにFW武藤が決めて同点に追いつくとその後両チーム共に積極的にゴールを狙ったがゴールを割る事ができずそのままドローとなり日本はイランのホームでアウェイの厳しさを経験できた。これで日本はアウェイの厳しい環境を経験し最終予選への予行練習となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
11日サッカーブラジルW杯アジア最終予選第9節 日本対イラク戦がアルアラビ・スタジアムで行われ、 1対0で日本がMF岡崎のゴールでイラクに引導を渡し 最終予選を5勝2分1敗勝ち点17の1位で最終予選を終えた。 試合は前半から後がないイラクの素早い ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
26日サッカーブラジルW杯アジア最終予選第7節日本対ヨルダン戦がキング・アブドラ国際スタジアムで行われ、1対2でMF香川のゴールで1点差に迫ったが追いつけず出場は6月のホームオーストラリア戦に持ち越された。試合は前半から日本がゴール前に迫るもゴール前でシュートを打てるシーンで打てずに迎えた前半ロスタイムヨルダンはCKからMFバニアテヤにゴールを許して最終予選初のビハインドで前半を折り返した。後半日本は積極的に攻撃を仕掛けるも後半15分ヨルダンはカウンターからFWハイルにゴールを許し2点差に広げられる。しかし日本はここから反撃に転じ後半24分MF清武のパスにMF香川が反応してゴールを決めると、その2分後日本はDF内田が倒されてPKを獲得するもMF遠藤がこれを決める事ができず、その後日本はFWハーフナーの高さを活かした攻撃も最後まで2点目が遠く日本は最終予選初黒星を屈してブラジルW杯出場は次節に持ち越された。これでザックジャパンはW杯予選の洗礼を浴びたものの優位は変わらず次のホームオーストラリア戦でドロー以上出場が決まる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
14日サッカーブラジルW杯アジア最終予選第6節日本対オマーン戦がマスカット・スルタン・カブース・スタジアムで行われ、2対1で日本がMF清武の代表初ゴール、DF酒井高徳、FW岡崎のシュツッドガルトホットラインで勝利しW杯出場に王手を掛けた。試合は前半からホームのオマーンがホームの利を活かして日本ゴールを襲うが詰めが甘くゴールを割られずに済んだ。そんな中前半20分DF長友のクロスをMF清武が決めて先制すると日本は落ち着きを取り戻して前半を折り返した。後半日本は再三オマーンの攻撃に晒されるが、日本もサイド攻撃から突破を計ろうとする。しかし後半32分セットプレーからMFマハイジリにゴールを許して同点に追いつかれた。しかし日本は後半44分途中出場のDF酒井高徳のクロスをMF岡崎が決めて勝ち越し日本がW杯出場へ王手を掛けた。これでザックジャパンはオマーンに勝利して次のヨルダン戦でW杯出場を決める。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
16日サッカー国際親善試合日本対ブラジル戦がスタディオン・ウロツワフで行われ、0対4でブラジルの個人技と多彩な攻撃の前に尽く破られ世界最高峰の実力差を魅せつけられたが、着実に日本の力が上がっている事も計れた。試合は前半から日本がフランス戦と違い積極的にボールを回す。しかし前半12分一瞬の隙からMFパウリーニョのゴールで先制すると、前半26分にはDF今野がPKを献上しこれをFWネイマールが決めて追加点を許した。日本もFW本田のシュートなどで応戦するが前半は2点リードされて折り返した。後半ブラジルは開始早々3分にFWネイマールに再び決められリードを広げられるが、日本もMF香川のシュートも枠を捉えられず、逆に後半31分ブラジルはカウンターからMFカカに決められ完全に試合を決められると、日本も最後まで攻め続けたがゴールを割れず完敗に終わった。これでザックジャパンは現時点での世界最高峰との実力差を痛感させられたが、全く手が出なかった訳じゃない希望を繋ぐ大敗となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
12日(日本時間13日)サッカー国際親善試合フランス対日本戦がスタッド・ド・フランスで行われ、0対1で日本がフランスの猛攻に耐えた後半43分カウンターからMF香川のゴールで勝利し日本はフランス代表に初めて勝利し日本の成長を大きく世界にアピールした。試合は前半からホームのフランスが圧倒的にサイドからチャンスを作りゴールを狙うが、日本は組織的な守備でフランスにゴールを許さない。日本は攻撃に出ようとしてもフランスの速いチェックの前にゴール前になかなか迫れず前半43分ゴール正面でFKを与えるが、GK川島がFWベンゼマのFKをセーブして前半を折り返した。後半落ち着きとフランスのサッカーに慣れた日本は次第にボールを持てるようになるがそれでもフランス守備陣の堅い守備を破れない。そして後半17分にMF中村憲剛に代わってMF乾を投入してから流れが変わりだし、日本はセレッソトリオでゴール前に迫りフランスゴールを崩し始めた。しかしフランスもエースFWリベリを投入してゴールに迫ってくるが組織的守備でゴールを許さない。そして後半43分フランスのCKを防いだ日本はDF今野からのカウンターから右サイドを駆け上がったDF長友からのクロスにMF香川が決めて日本がフランスから先制点を上げる。そしてそのまま逃げ切り日本がフランスのホームで初めてフランスに勝利した。これでザックジャパンは欧州遠征で強豪フランスの歴史的な勝利を上げて次はブラジルとのアウエー戦に挑む。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
11日サッカーブラジルW杯アジア最終予選第4節日本対イラク戦が埼玉スタジアム2002で行われ、1対0で日本がFW前田のゴールを守り切り予選突破へ大きな勝ち点3を獲得した。試合は前半からイラクの激しいプレスと攻撃に苦しみ再三ピンチを迎えるがGK川島のファインセーブでピンチを防ぐと前半25分スローインからFW岡崎のクロスをFW前田が決めて日本が待望の先取点を手にする。しかしイラクもカウンターからチャンスを作るもGK川島がファインセーブでピンチを防いて前半を折り返した。 後半日本は次第にボールをキープできるようになったもののイラクのディフェンスは堅くなかなかゴールを割れない。対するイラクも攻勢してくるものの、日本のディフェンスが確り対応した。後半35分にMF本田の決定的なシーンがあったものの決められなかったがこのまま逃げ切り日本が強敵イラク相手に貴重な勝ち点3を獲得した。 これでザックジャパンは4試合で勝ち点10に乗せて他のチームに対して大きくリードを奪い最終予選突破へ大きく前進した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
6日サッカー国際親善試合キリン・チャレンジカップ 日本対UAE戦が東北電力ビックスワンで行われ、 1対0で日本がFWハーフナーのヘッドで勝利しイラク戦に向けて色々なテストを試した。 地元新潟サポーターにとって この試合は新潟ユース出身の酒井高徳がA代 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
12日ロンドン五輪が閉幕した。その中でも予想を大きく裏切る活躍を見せた関塚ジャパンの健闘を忘れてはならないところだが、44年ぶりのベスト4入りはプロ化してから1996年のアトランタ以降過去最高の成績でもあり、その快挙はメダルこそ獲れなかったものの十分日本のサッカーが世界で通用する事、そして成長した事を示す事ができたと思う。ただやはりこれから上を目指す上で必要な事も多く感じた大会でもあっただけに関塚ジャパン発足からの2年間を振り返りたい。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
10日サッカーロンドン五輪男子3位決定戦日本対韓国戦が行われ0対2で韓国の大きな壁に阻まれて関塚ジャパンの旅は終わった。試合は前半から韓国の激しい当りに苦しむも次第にボールを回せるようになるが、前半38分に韓国はFW朴主永に決められ先制を許して前半を折り返す。後半日本はゴールまで迫るも韓国のゴール前固められゴールに迫れず、逆に日本は韓国のカウンターからMF具滋哲に決められて2点リードを許す。その後日本もFW杉本、MF宇佐美を入れるが反撃及ばず日本は44年ぶりのメダルに届かなかった。これで関塚ジャパンは五輪4位となり誰もベスト4入りをできないと思われたチームで期待以上の結果と韓国の高い壁の屈辱に塗れて選手たちを世界に羽ばたき、そして次の未来へ繋げる戦いへと続いていく。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
7日サッカーロンドン五輪男子準決勝日本対メキシコ戦が行われ1対3でメキシコの個人技と総合力の前に敗れ決勝進出を阻まれ3位決定戦に回った。試合は前半12分にMF大津のミドルシュートで先制する。しかし次第に個人技に勝るメキシコに押し込まれ、前半31分CKからMFファビアンに決められ同点に追いつかれる。前半はこのまま折り返した。後半日本は積極的にゴールを目指すもメキシコディフェンスに阻まれる。攻防が続いた後半20分MF扇原がボールを奪われ、FWペラルタに勝ち越しゴールを決められ苦しい展開になる。ここから日本はFW杉本、MF宇佐美を投入するがゴールをこじ開ける事ができず、後半ロスタイムにMFコルテスに止めのゴールを決められ敗れた。これで関塚ジャパンは3位決定戦に回り銅メダルを目指す。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
4日サッカーロンドン五輪男子準々決勝日本対エジプト戦が行われ、3対0で日本がFW永井、DF吉田、MF大津のゴールで快勝しメキシコ五輪以来44年ぶり2度目のベスト4入りを果たした。試合は前半14分MF清武のクロスをFW永井がGKをかわしてゴールを決めるが、この場面で負傷し途中交代するアクシデントがあった。その後日本は途中出場したFW斎藤が前半41分にゴール前で倒されエジプトDFが一発退場となり数的有利で前半を折り返した。後半10人になったエジプトに押し込まれるシーンもあったが、DF吉田を中心に守り、後半33分FKからDF吉田のヘッドが決まって待望の追加点を上げると、エジプトが負傷者で9人になり、後半38分MF扇原のクロスをMF大津がヘッドで決めて試合を決めて日本はリーグ戦から4試合連続完封で準決勝進出を果たした。これで関塚ジャパンは下馬評を大きく覆すベスト4入りを果たしなでしこジャパンと共にアベックメダルを目指す。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
1日サッカーロンドン五輪男子予選リーグ日本対ホンジュラス戦が行われ、0対0で日本がホンジュラスの個人技とスピードに苦しんだものの最後まで失点を許さずスコアレスドローで1位通過を決めた。試合は前半からホンジュラスの個人技とスピードある攻撃に苦しむがDF吉田を中心に組織的な守備でゴールを許さない。攻撃面ではメンバーを4人入れ替えた事もあり前半は連携面で上手くいかないシーンが目立った。後半はようやく試合勘を取り戻した控え組が個人技と連携で突破するシーンが目立つようになりゴールを目指すがホンジュラスのディフェンスの前にゴールを破れない。日本もホンジュラスの攻撃に苦しむがGK権田のファインセーブでゴールを許さずそのまま両チーム無得点に終わり日本が勝ち点7で首位通過を決めた。これで関塚ジャパンは予想を覆す1位通過を決めて、準々決勝でエジプトと対戦する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
29日サッカーロンドン五輪男子予選リーグ日本対モロッコ戦が行われ、1対0で日本がFW永井のゴールをGK権田、DF吉田、酒井高徳が体を張って守り切りシドニー五輪以来となる決勝トーナメント進出を決めた。試合は前半から個人技で突破するモロッコの攻勢に苦しみ守勢に回る苦しい展開となる。しかしそれをGK権田、DF酒井高徳が体を張ってピンチを防ぎ前半は少ないチャンスしかなく0対0で折り返した。後半日本は運動量の落ちてきたモロッコに対して攻勢を仕掛ける。MF清武、山口、FW永井らがシュートを放つがゴールを破れない。こう着状態のまま迎えた後半39分MF清武のパスに反応したFW永井がGKをかわしたループシュートがそのままゴールに吸い込まれ日本が待望の先制点を手にした。終了間際日本は最大のピンチを迎えたがGK権田、DF吉田が体を張って阻止して日本が3大会ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。 これで関塚ジャパンは下馬評を大きく覆して決勝トーナメントを決めてホンジュラスに引き分け以上で1位通過が決まる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
26日サッカーロンドン五輪男子予選リーグ日本対スペイン戦が行われ、1対0で日本がMF大津のゴールを最後まで守り切りFIFAランキング1位のスペインを破る歴史的快挙で世界を驚かせた。試合は前半からスペインのパスに翻弄されながらも運動量で積極的にボールを奪いにいく。少ないカウンターからチャンスを狙い前半34分CKからMF大津のゴールで先制すると焦り出したスペインは攻勢に転じてくるが、前半41分スペインがDFマルティネスの退場で数的有利で前半を折り返す。後半日本は数的有利を活かして前線からボールを奪い何度もスペインのゴールを襲うも決め切れず追加点を取れない。しかし守備陣がスペインに決定的なシーンを作らせず、DF吉田を中心とした守備でスペインにゴール前での自由を与えず最後まで攻め続けた日本がFIFA公式戦で初めてスペインに勝利する歴史的快挙を達成した。 これで関塚ジャパンはスペインを破る勝利で世界を驚かせて予選突破へ大きな勝ち点3を手にした。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
11日サッカー国際親善試合キリンチャレンジカップ2012 ロンドン五輪日本代表対ロンドン五輪ニュージーランド代表戦が国立競技場で行われ、 1対1で後半26分にFW杉本のゴールで逃げ切りを図るも後半ロスタイムパスミスから 痛恨の同点ゴールを決められ本 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
2日サッカーロンドン五輪男子代表が発表され、 GK権田、DF酒井宏樹、酒井高徳、鈴木大輔、MF清武、東、扇原、山口蛍らは順当に選ばれたが、 FWでは有力だった大迫がまさかの落選、宮市はアーセナルが難色を示して選ばれず、 高さで有力だった指宿洋史も選 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3日サッカーブラジルW杯アジア最終予選第1節日本対オマーン戦が埼玉スタジアム2002で行われ、3対0で日本がMF本田のゴールで先制すると、後半FW前田、岡崎のゴールで圧勝し幸先の良いスタートを切った。試合は前半から日本のペースで進み、前半12分DF長友のクロスをMF本田の豪快ボレーで決めて先制すると、その後は日本が完全に主導権を握り再三オマーンゴールを襲うがGKハブシのゴールをなかなか破れず前半を終了した。後半日本はさらに攻撃の手を強め後半6分にMF香川のクロスをFW前田が決めてリードを広げると、後半9分MF岡崎の泥臭いゴールで3点リードを奪うと警告を受けていた内田に代えてDF酒井宏樹を投入し再三精度の高いクロスを入れる。そして何度もゴールを狙ったがGKハブシの再三のセーブで惜しくもゴールはならなかったもののオマーンに対してシュート1本しか許さず日本が幸先の良いスタートを切った。これでザックジャパンはW杯出場へ幸先の良いスタートを切る事ができた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
14日サッカーロンドン五輪アジア最終予選 日本対バーレーン戦が国立競技場で行われ、 2対0で日本がMF扇原、MF清武のゴールで勝利し5大会連続9回目の五輪出場を決めた。 試合は前半から日本が終始優勢に試合を展開するも ゴールまでを固めるバーレー ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

15日サッカーブラジルW杯アジア3次予選第5節北朝鮮対日本戦が金日成競技場が行われ、0対1で北朝鮮がホームの圧倒的な声援を受けてMFパク・ナムチョルのゴールを守り切り、ザックジャパンは主力を温存しながら1番安全な勝敗でザックジャパン発足後初の黒星となった。試合は異様なムードの中始まり、ホーム北朝鮮が圧倒的な声援を受けて攻め続ける。日本は香川、遠藤、内田、吉田ら主力を温存して控え組が入った事もありシステムが機能せず北朝鮮に押し込まれながらも前半は0対0で折り返した。後半日本は北朝鮮に押され続けて後半4分にFKからMFパク・ナムチョルのヘッドが決まって北朝鮮が先制すると、ザックはシステムを3−4−3に切り替えて攻めに転じるも北朝鮮の捨て身の守備で最後まで守り切られ、ザックジャパンは発足後初の黒星を屈した。これでザックジャパンは初黒星を屈したものの選手たちにとっては1番安全な結果に無事の帰国をするまで戦いは続く。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
27日ACL2011(アジアチャンピオンズリーグ) 決勝トーナメント準々決勝全北現代対セレッソ大阪戦が全州W杯競技場で行われ、 6対1で全北現代がセレッソ大阪を完膚なきまでに叩きのめして2戦合計9対5で セレッソ大阪は準々決勝敗退となり、日本勢は開 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
21日サッカーロンドン五輪アジア最終予選 日本対マレーシア戦がベストアメニティスタジアムで行われ、 2対0で日本がMF東のゴール、FW山崎のゴールで勝利し 勝ち点3を獲得しロンドンへの戦いのスタートを切った。 試合は前半から日本が圧倒的に攻め続け ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
14日ACL2011(アジアチャンピオンズリーグ) 決勝トーナメント準々決勝セレッソ大阪対全北現代戦が大阪長居スタジアムで行われ、 4対3でセレッソ大阪がMF清武の2ゴールなどで打ち合いを制し 1stレグに勝利し0.5点リードしてアウエーに乗り込む。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ