オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:清原和博

1
2日警視庁はプロ野球埼玉西武、巨人、オリックスで活躍した清原和博容疑者を覚せい剤取締法違反(所持)で現行犯逮捕した事を発表した。清原容疑者は1986年にドラフト1位で西武に入団し11年間活躍後FAで巨人に移籍してその後オリックスで現役生活に幕を下ろした。現役時代はサヨナラホームランプロ野球記録を樹立するなどタイトルこそ無縁だったがファンの熱くする選手だった。しかし現役引退後は色々とトラブル続きでセンテンス スプリングこと週刊文春の記事で薬物疑惑を報じられていた。これで清原容疑者の人生は終了し再びセンテンス スプリングの波乱が巻き起こった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
29日千葉ロッテやMLBヤンキース、阪神などで活躍した 伊良部秀輝氏が米ロサンゼルス市内の自宅で発見され死亡しているのが確認された。 42歳だった。 伊良部氏は1987年ドラフト1位で現在の千葉ロッテに入団し、 当時西武に所属していた清原和博氏と ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
1日京セラドームでオリックス対福岡戦が行われ、今季限りで引退する清原選手の引退試合が行われ、3打席目に右中間を破るタイムリー2ベースを放ち有終の美を飾った。試合は4対1でオリックスが勝利した。清原選手は第1打席はライトフライ、第2打席は三振に倒れたが第3打席で一死1塁から右中間を破るタイムリー2ベースを放った。最後の打席は三振に倒れ現役生活を締め括った。これで清原選手の23年間の現役生活が終わり一時代の幕が下りた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
29日オリックスの清原和博選手が延長11回にサヨナラ2ランホームランを放ち、野村克也監督の記録であったサヨナラヒット19本&ホームラン11本をそれぞれ更新し、新人からは史上初となる21年連続2桁ホームランで王、野村監督に並ぶ快挙を達成した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
23日宮崎サンマリンスタジアムでオールスタ第2戦が行われ、4対7でセントラルリーグが勝利した。試合は先発内海、斉藤和投手で始まり、2回にセントラルが8番阿部捕手のタイムリーで先制する。パシフィックも3回に2番手黒田投手から9番森本選手の2ランで逆転する。セントラルは4回に7番アレックスの2ランで再逆転するが、再び5回に逆転を許す。6回に6番シーツのホームランで同点に追いつくと、8回に逆転に成功し、9回にも追加点を挙げてセントラルが勝利した。勝敗以外にも藤川対清原、新庄選手のパフォーマンスと見所の多いオールスターだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
14日東京ドームで巨人対オリックスの試合が行われ2対4でオリックスが連勝し巨人は底なし沼の8連敗となった。試合は初回に先発西村投手が4番北川選手に2ランホームランを浴びて先制される。巨人はその直後3番ニ岡選手のソロホームラン1点差にする。4回に巨人は4番李のホームランで同点に追いつくが、5回に8番日高捕手のタイムリー2ベースで勝ち越しを許す。7回には7番グラボースキーのホームランで追加点、その回には代打清原選手の登場で東京ドームが1番の歓声につつまれた。結果はショートゴロだったが、球界を代表する打者に真っ先に挨拶したのがライトスタンドの巨人応援団だった。結局巨人はその後2番手加藤投手の前に凡打の山を築かれ8連敗となり底なし沼にはまり込んでしまった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ