「おしん」は1983年4月から1年間放送されたNHK朝の連続ドラマおしんを映画化した作品で幼くして年季奉公に出されたおしんが奉公先で厳しい扱いを受け、盗みの疑いを掛けられて逃げ出した先で出逢った青年により読み書きを覚えて成長して行く姿を描いたストーリーである。30年の時を経て映画化される事には映画として残しておきたい気持ちがあったと思うし、世界各国で放送され涙するあのいかだ船のシーンは時代を経ても涙する事となるだろう。 ... もっと読む