オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:江〜姫たちの戦国〜

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」三姉妹の絆最終話は家康の死去で秀忠はこれまで以上に徳川幕府の基礎を固めるために数々の国替えやお取り潰しなどで徳川の力を示し、朝廷との繋がりも強める。そんな中で江は秀忠に隠し子がいる事を知り動揺するが、初らの言葉から江は隠し子である保科正之と面会する。それに驚いた秀忠だったが、江はこれから離れ離れに暮らさないために大奥を創設し、その取り仕切りを福に任せる。そして元服した家光に家督を譲り、江は秀忠とこれまでの事を振り返りながら静かに激動の人生の生涯を終えたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第45話は竹千代が化粧をしていた事を秀忠と江は竹千代に問うが竹千代は答えなかった。一方駿府の家康の容態が良くないと知り駿府へ向かった秀忠はそこでこれまで話せなかった事を腹を割って話し始める。後日江も合流しこれまでの事を詫び、これまでの生涯を振り返り、家康は秀忠と江に徳川のこれからを託して逝った。江戸に戻った秀忠と江は再び竹千代と腹を割って話しはじめ竹千代は戦のない世を江が望んでいる事でもありますと答え、福から竹千代が化粧をしたのは江が恋しかった事を知り、それを知った江は竹千代を抱きしめたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第44話は大坂夏の陣を終えてようやく徳川の世になったものの、それを聞いた江は喉が通らないほど落ち込んでいた。そんな中竹千代が福と共に勝利の宴を模様していた。それを見た江は誰を討ったのか解るか?と問い、それを咎めた福を江は打った。一方千は初についていたものの、秀忠の決断を恨み、秀忠もまたそれを受け入れる覚悟はできていた。そんな中で秀忠は江戸に戻り、江に自らの覚悟とこれで終わりにしたいという気持ちを告げる。武家諸法度を交付した秀忠はこれにより戦いのない世へ導こうとした。一方江は千と再会し心の傷を慰め合ったが、世継ぎの問題で竹千代との思いが届かぬシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第43話は大坂冬の陣で和議を結び大坂城を裸同然にした家康は豊臣家を滅亡させるために更なる条件を提示する。国替えに応じるか?それとも浪人を追い払うか?淀はどちらも飲まないとなり、再び大坂夏の陣が始まった。裸同然の城で籠城しても勝ち目がない豊臣軍は幸村軍の捨て身の攻撃の玉砕しいよいよ追い詰められた淀と秀頼はここで自害して果てる事を選び、初と千を秀忠のところへ返し、それを見届けた秀忠は自ら苦渋の決断を下し大坂城に火を放ち、鉄砲を淀と秀頼に向けて豊臣家は滅亡したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第42話は家康は豊臣を滅ぼすためについに大坂冬の陣を始めた。徳川20万に対して豊臣12万で最初こそ押したものの、真田幸村が構えた真田丸の前に尽く跳ね返され大坂城の攻略に手間取る。そして家康は恐怖心を与えるために大砲を放ち大坂城へ打ち込み、これには淀もさすがに和睦を受け入れるしかなく受け入れた。しかし家康はそれを良い事に全ての堀を埋めてしまい、秀忠は危険を顧みず秀頼を説得するが、秀頼はこの戦いで死に場所はここだと悟ったと秀忠に伝え、秀頼は秀忠の忠告を断り大坂城で最後の戦いを挑む事を決意したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第41話は家康は豊臣を滅ぼすために色々な難癖を探そうとしていた。そんな中江は竹千代が威張り散らしている事に対して福と対立する。秀忠は秀頼と太平の世を作るために奔走するが、それを家康が全て潰し続ける。そして淀は幾度なく妨害してくる家康に対してついに我慢ならなくなり、秀頼の和平へという意向も淀の怒りを鎮める事ができずついに大坂冬の陣が始まったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第40話は竹千代と国松はそれぞれ育つものの、竹千代は江になつかず、国松は江の元ですくすくと育っていた。そんな中で城内から世継ぎは国松にという声が聞こえ始め、それに危機感を抱いた福が伊勢神社へ行くと嘘をつき駿河へ向かい、そこでこの事を家康に伝え世継ぎを確り定めてほしいと直訴する。そして久しぶりに江戸へ赴いた家康はそこで世継ぎは竹千代と定めた事で江はまたも家康の意のままという不満を抱える事となった。そんな中千は今だに豊臣家の中で孤独を抱えていたが、秀頼の計らいで正式に秀頼の妻となった。そんな中で大姥局が病に倒れ、秀忠に最後の頼みとして家康と腹を割って話すようにお願いし家康と秀忠はそれぞれ腹を割って話し、家康は徳川と豊臣は並び立たないという事を告げたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第39話は2代将軍となった秀忠に2人目の男の子が誕生し国松を江は溺愛する。それを見た竹千代はどこか寂しい気持ちになる。そんな中初の夫高次が病死して常高院となり、江と淀の橋渡し役となるために大坂城に入る。そんな中家康は秀頼に京へ上洛するように促し淀は止めるが、秀頼は自らの意志で家康と面会し、これまでの事を家康に詫びて、これからも両家が太平の世を築く事を宣言するが、これに家康は脅威に感じついに大坂の陣へ突き進んでいくシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第38話は江に竹千代が誕生し喜ぶも、家康が自ら選んだ乳母の福(のちの春日局)が竹千代を育てる事となり、江は竹千代を育てられない不満を抱える。その頃京では秀吉を祭る祭りが盛大に行われた。そんな中秀忠の2代将軍就任を家康に打診されるが、1度断るも、江に秀忠を2代将軍になるよう説得し、江の説得で秀忠は2代将軍となるが、これで淀が激怒し、江は福に秀吉の敵!家康の命にしか従わないと言い放たれるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第37話は征夷大将軍に任命された家康は江の娘千を秀頼に嫁がせる事を決める。それを心配した江は自ら千の輿入れについて行くと言い出し、江は千の輿入れについて行く。そして大坂で淀、初と久しぶりの対面をし、そこでそれぞれ懐かしむが、千の輿入れが終わった直後に江は5人目の子を産み、その子を初に約束通り養子に出したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第36話は関ヶ原で勝利した家康は大津の初に徳川方に味方した事を感謝される。一方遅れて到着した秀忠は3日後に家康と面会し、勝利した事でお咎めなしとなったが、家康は秀忠の成長を感じていた。そして江の元には徳川方勝利の知らせが届き、出産に備えていたが、世話役の女が秀忠の子を身ごもっておりそれを聞いた江はショックで寝込んでします。一方三成は捕えられ、秀忠に淀と豊臣を守ってほしいとお願いされるのだった。そして三成は斬首となった。それを聞いた淀は不快感を露わにするが、家康は三成が弓を引いたと開き直る。そして豊臣は200万石から65万石に減封された。一方秀忠は世話役が男を産んだ事でショックを受けている江のために世話役の女と子を別の屋敷へ移した。それを知った江は秀忠の配慮を受け入れ世話役の女と面会し詫びるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第35話は家康は上杉攻めのため会津へ向かっていたが、これは家康の策略であり、三成が動いたという知らせを聞いた家康は兵を引き換えし美濃へと2手に分けて向かう。秀忠は中山道で美濃を目指したが、途中で真田の上田城で足踏みをし、秀忠はここで大幅に遅れを取ってしまう。一方京極高次は家康か三成どちらについて良いのか迷っていた。初は高次の決断した方に従うと決めており、高次は家康を選んだ事で大津城に籠城する。それを知った淀は初に手紙を送るが、初はこの申し出を断り最後まで戦う事を決める。そして大津城は落城寸前となり高次は出家して降伏すると初に宣言し大津城が落城し、その直後に関ヶ原の合戦の火ぶたが切られたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第34話はついに家康が実権を握った事で天下取りへ大きく動き出した。そんな中江は徳川と豊臣の争いになるのではと懸念していたのだった。そして初もまた徳川につくべきかそれとも豊臣につくべきか迷っていた。そんな中淀は三成が家康を討つと宣言した事で更なる苦悩の中で了承するしかない孤独に襲われていた。そして家康は会津の上杉討伐へ向けて動き出したが、それは表向きの動きであり、実際には三成が動き出すのを待っていた。そしてついに三成は動きだし、その犠牲に細川ガラシャが命を落とすシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第33話は家康が事実上の実権を握ったものの、まだ利家が健在の中では家康も易々とは動けなかった。そんな中江は2人目を妊娠していたが大姥局が事ある事に男子を産むようにと執拗以上のいびりにあっていた。そんな中三成は官兵衛に家康との事で相談するが官兵衛は勝ち目はないと助言して隠居した。朝鮮出兵していた加藤清正、黒田長政、福島正則の反感を買い、屋敷を攻められると家康に助けを求め、身の補償と引き換えに佐和山城へ謹慎する事となった。そして北政所も大坂城を去り、家康が代わりに入る事となり事実上の実権は家康が握る事となったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第32話は秀吉が死去して秀頼を盛り立てよという遺言で大老家康を筆頭に奉行三成で豊臣政権が動き始めたが、秀吉の死去は朝鮮から兵が全て引くまで伏せられる事になった。一方水面下では家康の台頭で暗殺計画が持ち上がり、信長の二の舞は避けようと秀忠と江を江戸へ向かわせることにした。それにより江はガラシャ、初、龍子、淀、大政所との最後の別れの為挨拶をするが、淀には本当の事を話し、大政所は淀と歩む道が変わるかもしれないとこれからの事を案じる事を述べた。そして江戸に旅立つ前に秀忠は三成と対面し、噂の暗殺の是非を問うが、三成は知らぬの一点張りだった。そして江は江戸で暮らす事になりそこで秀忠の第2子を妊娠したが、男子を産むよう願われるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第31話は江は秀忠に助けられてから秀忠の妻として生きる決意を固めた。そんな中秀吉が江の元を訪れるが、病に伏してから衰えが明らかなほど弱っていた。そんな中江に秀忠の子が懐妊し、江は千姫を出産した。一方秀吉は秀頼を元服させた上で再び朝鮮出兵に打って出る。そんな中秀吉の病状はさらに悪化し、1598年(慶長3年)秀吉はそれぞれ遺言を残して死去しいよいよ時代は混迷を極める事になるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第30話は秀忠に嫁いだ江だったが、秀忠とは冷戦状態が続き、噛み合わない日々が続く。そんな中江は寝坊してしまうが、秀忠はお構いなしに次第に2人の距離は遠くなっていく。そんな中秀吉が病気となり気に掛けるが、家康がこれをチャンスと秀吉の容態を常に探りを入れていた。そんな秀吉も元気となったが、江と秀忠の関係は1年以上も冷戦が続いたある日江は秀忠に離縁を申し出たその夜、江の屋敷が火事となり、江は大事な秀勝との遺品を持ち出そうしたが、逆に火の煙に意識を失ったところに秀忠が江を助け出し、秀忠は江の大切な遺品を取りに再び屋敷に向かい、江の遺品を取って戻ってきた。そんな江は1年以上に渡る冷戦を経てめでたく夫婦になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第29話は江が秀忠に嫁入りする事になるが、江は納得せず断り続けていた。そんな中江の元に家康が訪れ、秀忠の嫁になってほしいと言われるが、そうじゃなければ徳川家に嫁いでほしいと言われる。そして初からも説得され、江は嫁入りを決意するが、そんな矢先今度は三成が江の娘完を置いていくように淀に話しかけて、淀は考えた末に江に完を置いていくように告げた。そして江は反発したものの、最後は受け入れ完を置いて秀忠のところへ嫁いだ。そして秀忠との初夜はまだ夫婦へは遠い道のりである事が描かれたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第28話は拾が生まれた事により秀次が邪魔になった秀吉は秀次を追放しようと企む。それを感じた秀次は次第に冷静さを失い江の話も届かなくなっていた。そんな中家康が上洛し、秀次と面会する。面会後秀忠に何かあれば太閤に付けと言って江戸に戻った。そして数か月後秀次は秀吉の策略により高野山へ追放となり、それを止めようと江も動いたが止める事ができず秀次は切腹を命じられた。そして江もまた今度は秀忠に嫁に行けと秀吉に通告を受けるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第27話は秀勝の死にショックを受けた江は完を出産したものの、完を抱く事もできないほど落ち込んでいた。間もなく初が励ましに来るが全く効果なく、龍子に諭されても全く効果ない。そんな中ガラシャが江の元を訪れ、ガラシャは明智の娘として不遇の時を送ったが、ゼウスの教えにより救われたと話した。そして淀が九州から戻ってきて再び子ができたと話、嫡子の死を受け止めたから次の子を授かる事ができたと諭される。そして江は秀勝の遺言を読み、2人の証しを残したいという言葉で目が覚めてわが子を抱く事ができたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第26話は江は秀勝と結婚し、秀次の監視の為に聚楽第に居を移す。そんな束の間もすぐに終わり、秀勝が朝鮮へ出陣する事になり江はさみしい気持ちになる。そんな中秀吉の母大政所が亡くなり、ショックで秀吉が九州から戻ったが、その頃江に秀勝の子を身ごもった事がわかり秀勝の帰りを待つが、秀勝は朝鮮で病死していた事を知りショックを受けた江だったが、秀勝の子を無事出産するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第25話は秀吉の利休切腹を命じた事を聞いた江はそれを阻止しようと直訴したが、受け入れられなかった。どうしても最後に利休に会おうと秀勝の力を借りて利休と対面した江だったが、利休は既に腹を決めておりその決心を変える事ができなかった。そして利休は切腹をした。しかしその直後今度は鶴松が病に掛かり、帰らぬ人なり、秀吉と淀は深く落ち込んだ。それを振り払うように秀吉は朝鮮出兵を命じ、九州に城を築かせた。そして江はそれを止めようとしたが、逆に秀吉から嫁に行けと言われ、その相手が秀勝だった。そして江は秀勝の妻となりわずかな一夜を共にするシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第24話は秀吉が北条攻めで勝利した事で天下統一を成し遂げた。その中で秀吉は家康に所領を関東への国替えを命じ、家康は拠点を関東に移す事になった。それを知った江は傲慢さを増す秀吉に対して批判を展開するが、秀吉はさらに傲慢になっていく。そしてそんな矢先に秀長が病で亡くなり、秀吉の暴走はますます拍車が掛かり、朝鮮からの使者に対しては宣戦布告をし、明を攻めると告げた。そしてさらに利休との決定的な決別宣言に秀吉はついに利休に切腹を命じるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第23話はいよいよ小田原攻めの準備に入った秀吉は利休の茶をたしなむが利休の茶が最近気に食わなくなってきた。そんな中江は元服した秀忠と初対面を果たす。秀忠は江に対して素っ気ない態度を取り、江はその素っ気なさに戸惑う。一方淀殿は秀吉の小田原攻めの最中に小田原へ来てほしいという書状を受けて秀吉の元へ向かった。小田原攻めは秀吉優位に進み、一夜上を小田原城の裏山に築き北条氏を降参させた。そして宴の席で秀吉は利休と一触即発の状況に陥るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第22話は茶々が秀吉の子を出産直前となり江と秀吉が落ち着かない日々が続く。そして出産当日、江と秀吉は無事茶々が子を産む事を祈り、茶々は秀吉の子鶴松を産んだ。そして茶々はこれを機に淀殿と名乗る事になった。そして秀吉はこれを機会に秀吉は北条攻めを始める事を決意する。そしてその先鋒は家康に命じた。その頃周りでは鶴松が生まれた事で秀吉との距離感が遠くなったと感じる者が続出して秀吉が遠い存在となっていた。そしていよいよ秀吉は北条攻めの準備に取り掛かるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第21話は茶々はついに秀吉の妻になる事を決意した。それを知った江はあまりのショックに怒り心頭でとても受け入れられない。そんな中で江は秀吉の元に殴り込みに掛かるが、茶々が入りその場を制止する。翌日初が江を説得するために大坂城に訪れ、江に茶々の気持ちをわかってほしいと仲介されるが受け入れられない。そんな中江は北政所に呼ばれ、江に豊臣家としてはめでたいが・・・と言われ、その気持ちは江と同じだと言われる。その翌日北政所は茶々を呼び、茶々に自身は豊臣家を守る役割、茶々は豊臣家の跡継ぎを育てる妻になるように告げられたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第20話は茶々は側室とくつろいでいた秀吉にビンタを加えた事で江は何故?と疑問を抱いていた。そんな中秀吉は茶々と会うのが辛いと聚楽第へ引っ越す事を宣言する。そんな中江は周りにどうして茶々が秀吉をビンタしたのか?を意見聴取していたが、女の気持ちはかなり複雑だという事は告げられた。そんな中茶々は秀吉は敵と言い続けるが秀吉の巧みな人心掌握術について茶々は落城したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第19話は茶々が秀吉の側室を拒否したものの、その心は確実に動揺していた。そんな中初が高次への想いが募り、茶々に高次の妻になりたいと告げるが、江はそんな事をしたら秀吉が何を要求してくるかわからないと告げるが、茶々は初の幸せを想うようある覚悟を決めた。そしてその夜茶々は秀吉に初を高次に嫁がせてほしいと願い出てその代り条件を受けると告げる。そして初は高次から初を妻にしたいと秀吉に申し出て初は晴れて高次の妻となった。そしてその夜茶々は秀吉の申し出に対して側室だけは拒否したが・・・その翌日秀吉が別の側室とあっているところに出くわし秀吉をぶって走りしてしまったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第18話は秀吉はいよいよ九州討伐に出る事を決めた。それに先立ち秀吉は茶々に九州討伐が終わったらある事を告げる事にしていた。それを見た江は必殺猫引っかきで秀吉にお仕置きする。一方初は見知らぬ武将が城内を歩いているところを目撃し、恋心を抱く。それは前に龍子が弟の事を聞かされており、初はダメ男とは・・・というが、恋してしまった男がその京極高次だった。そして江も秀勝を気にし出す事になるが・・・九州遠征が終わり、九州を討伐した秀吉、そして高次と再会した初は高次の好みを聞き、菓子が嫌いという事を聞き複雑な心境となる。一方秀吉は茶々に側室になってほしいと頼むが、茶々は断り、それを聞いた江はまたも抵抗するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」第17話は秀吉は関白に就任したものの、家康は就任のあいさつにすら来ない始末だった。このまま家康を放置するわけにもいかず秀吉は家康をどう呼び寄せるか悩んでいた。そんな中江は大事なものを差し出さねばという助言を受けて、秀吉は妹の旭を家康の側室として嫁に出し、それでも家康は動かなかった。旭を家康の正室に嫁に出した事に激怒していた大政所は自ら家康の人質となる事を申し出て、家康の元へ向かう。さすがの家康もそこまでされたら引き下がる訳にいかず秀吉の元に参上し、忠誠を誓う代わりに陣羽織を譲り受ける事で権力を確保した。そしてそれを茶々に大事なものを出さなければならなかったので茶々を断った事を告げて茶々はグラっとくるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ