17日北海道日本ハムの1軍投手コーチで沢村賞を2度獲得した小林繁投手コーチが17日午前11時頃に心不全で亡くなった。享年57歳。小林繁氏は1972年に巨人に入団し、第1次長嶋政権の76、77年に18勝を上げてリーグ優勝に貢献したが、1978年の江川事件で阪神に電撃トレードされ、翌年の1979年の対巨人戦8連勝を含む22勝を上げて2度目の沢村賞を受賞した。その後も阪神の先発として活躍し、1983年に13勝を上げながら現役引退した。引退後は野球解説者を経て近鉄、日本ハムの投手コーチを歴任していた。突然の訃報に日本ハムの投手コーチの緊急編成が迫られ、多くの野球関係者に悲しい訃報に驚いている。 ... もっと読む