オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:武田鉄矢

5
「ストロベリーナイト」は2010年にスペシャルで放送され、2012年1月期に連続ドラマとして放送されたストロベリーナイトの劇場版で、事件はある組の構成員が殺されるが、事件を追ううちにある人物に辿り着き、その人物を巡って本部との駆け引きが繰り広げられるストーリーである。人気シリーズの完結篇という事で最後の事件で果たしてどんな結末を観る事となるのか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
27日3年B組金八先生ファイナル〜「最後の贈る言葉」 を視聴した。 このドラマは1979年にスタートした 3年B組金八先生の主人公坂本金八が問題児と向き合って 生徒たちと問題を解決して卒業していくストーリーである。 今回は定年退職を迎える坂本金八が卒業生 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
21日大河ドラマ「龍馬伝」第47話を視聴した。 今回は龍馬が容堂に大政奉還の建白書を書かせる事に成功し、 象二郎が慶喜に建白書を献上する。 その建白書を読んで驚いた慶喜は各藩の主要人物 全てを集めて大政奉還について意見を求めた。 その場で象二郎が慶喜公に ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
27日大河ドラマ「龍馬伝」第26話を視聴した。 今回は龍馬たちは海軍操練所が閉鎖されることとなり 仲間と最後の別れをする事になっていた。 そんな中、勝の紹介で龍馬は薩摩の西郷と会う事になり、 初めて西郷と対面する。 龍馬は西郷に長州へ攻める事を止めるよう ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
20日大河ドラマ「龍馬伝」第25話を視聴した。 今回は龍馬は寺田屋で亡き母そっくりの 女将お登勢に出会い思わず泊まる事にする。 そこでお登勢に強引に亡き母に似ていると 打ち明け龍馬と呼んでくれと頼み込むのだった。 その頃長州が帝を奪還するために京を攻めた ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
23日大河ドラマ「龍馬伝」第21話を視聴した。 今回は収二郎が切腹させられた事を知った龍馬は じっとしていられず土佐へ向かって半平太らを 助けたいと勝に申し出る。 しかし勝はおまえを殺されるために活かせる訳にはいかないと 説得され龍馬は泣く泣く長次郎と共 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
16日大河ドラマ「龍馬伝」第20話を視聴した。 今回は神戸村で海軍の訓練に励んでいる元に兄の権平が訪れた。 その時龍馬は勝に会うために京都へ向かっていた。 その頃土佐では収二郎の拷問が続いていた。 半平太は収二郎を許してほしいと願い出るが、 容堂は出て来 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
9日大河ドラマ「龍馬伝」第19話を視聴した。 今回は家茂が約束した攘夷決行の日が5月10日に決まり、 各藩攘夷へ向けて動くものと半平太が思っていた。 しかし実際には幕府の圧力により殆どの藩が攘夷に参加しなかった。 そんな中龍馬は収二郎が襲われたところを助 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
2日大河ドラマ「龍馬伝」第18話を視聴した。 今回は江戸から神戸村へ向かった龍馬は神戸村で 海軍学校の人集めに奔走していた。 龍馬は大阪で沢村と再会し沢村を誘うが、 最初こそ理解されなかったものの 次第に理解されるようになり沢村を海軍学校へ入れた。 一方 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
25日大河ドラマ「龍馬伝」第17話を視聴した。 今回は勝に連れられて軍艦に乗った龍馬はその船でジョンと出会う。 ジョンはその昔船が遭難して小島で漂流していたところを アメリカ船に助けられアメリカに渡り、帰国していた。 その対面で龍馬は日本にも海軍の必要性 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
18日大河ドラマ「龍馬伝」第16話を視聴した。 今回は加尾の話しを聞いて江戸に向かった龍馬は 4年ぶりに佐那と再開する。 しかし佐那の気持ちとは裏腹に龍馬の頭には 勝麟太郎に会う事しか頭になかった。 龍馬は千葉道場の人脈を利用して 越前藩の幕府政事総裁職 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ