8月24日公開の映画「検察側の罪人」を観賞した。 この映画は検察が起訴しようとした犯人の過去に時効となった事件の犯人と知りながら真実より犯人を裁くために奔走する検事の姿が描かれていくストーリーである。 法制度の下では裁ける事件、裁けない事件が存在するが、その ... もっと読む